menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. チャンピオンズカップ2016 予想
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. 秋華賞2016 予想
  6. エプソムカップ2016 予想
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望
  2. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  3. 函館2歳ステークス 2017 予想
  4. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  5. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  6. ジャパンダートダービー 2017 予想
  7. 七夕賞 2017 予想
  8. プロキオンステークス 2017 予想
  9. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  10. スパーキングレディーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜福島メインレースはラジオNIKKEI賞2017
 
 
ラジオNIKKEI賞は芝1800mで行われる3歳限定のハンデキャップレース
夏の福島開催の開幕を飾るレースとして親しまれてるレースであります
 
過去5年の勝ち馬の顔触れは
ゼーヴィント、アンビシャス、ウインマーレライ、ケイアイチョウサン、ファイナルフォーム
この中だと後に大阪杯を勝つ事になるアンビシャスが出世頭になりますね
 
トップハンデは57㎏のサトノクロニクル
過去5年で57㎏を背負ったのは昨年のブラックスピネルのみで結果は6着
そういった意味ではちょっと酷な斤量という気も・・・
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【2.2.0.1】でなかなかの活躍度合い
ただ人気薄(5番人気以下)もじゃんじゃん走るレースでもあるので
中途半端な人気どころから入るよりは思い切って人気薄から入るという手も一考
 
サトノクロニクルの他にはクリアザトラック、マイネルスフェーン、ライジングリーズンらが登録
 
 
PR.【W重賞】万馬券必至の3連単勝負馬券を特別無料公開!

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 ラジオN賞(G3)
    第53回 CBC賞(G3)

   先着100名様限定!
万馬券必至の【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開!

▼ココをクリック!▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラジオNIKKEI賞は、ダービー終了後に行われる3歳限定のハンデ重賞。立ち位置の難しい条件であるため、やや小粒なメンバー構成になることは否めないが、前2年の勝ち馬(アンビシャス、ゼーヴィント)は、その後の重賞戦線でも活躍している。ハンデの重さを能力で払拭するか、はたまた小回り適性やハンデの軽さで能力差をひっくり返すか。一般ファンにはジャッジが難しいレースとなるが、各馬の能力差さえ正確にジャッジできればオイシイ馬券を掴めるレースとなる。

そして、同日行われる中京のCBC賞もハンデ戦。昨年は後にスプリンターズSを勝利するレッドファルクスが制覇したものの、当時は一介のダートのオープン馬に過ぎず、レースは10万馬券決着となった。サマースプリントシリーズの1戦に組み込まれているだけに、ボーナスが絡む“ヤリ”“ヤラず”などといった思惑もレース結果に大きく影響してくる。ラジオNIKKEI賞と同様に、このレースも、マスコミから入手できる情報だけで馬券検討をするには限界のあるレースだと言っていい。

そこで、世間や一般マスコミが得ている情報と我々が得ている情報の違いをハッキリと体感して頂くべく、今週は万馬券を狙い撃てるラジオNIKKEI賞(G3)・CBC賞(G3)の【3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く先着100名様に限り、特別に無料公開する。競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍し、あらゆる関係者から情報を聞ける態勢を整えている当社シンクタンクの情報力を、この機会に是非とも体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 ラジオN賞(G3)
    第53回 CBC賞(G3)

   先着100名様限定!
万馬券必至の【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開!

▼ココをクリック!▼

 

出走予定馬と血統表

 

 
ラジオNIKKEI賞2017出走予定馬は14頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 
人気馬ばかりとはいえディープインパクト産駒が過去5年で3勝
ラジオNIKKEI賞が行われるこの福島1800mは相性良いのがディープインパクト
 
さらに父・母父・母母父にサンデー&米国血統&欧州血統の血を持つ馬
つまりバランスの取れた血統配合馬がよく走ってるレースでもあり
(ダイワドレッサー、ウインフェニックス、ケイアイチョウサン、アドマイヤドバイ)
 
あとはストームキャット系種牡馬が2ケタ人気で2度穴になってるので
単純に米国型種牡馬というのは狙っても面白そう
 
細かいところでは母父ミスプロ系の率が高いのと母方にロベルトの血を持つ馬も注意
そこに欧州ナスルーラの血も付け加えておきたいですね
 

有力馬の考察

 
サトノクロニクルの父はハーツクライでサンデー系種牡馬
昨年同じ父であるアーバンキッドが3着しましたが
福島1800mはこのように3着が多いのがハーツクライ産駒の特徴ではあり
母父Intikhabがロベルト系というのはいいでしょうね
前走が1800mなんで同距離臨戦というのはハーツクライにとっては悪くないか
 
クリアザトラックはディープインパクト産駒でサンデー系種牡馬
ファイナルフォームはデビューから全て3着以内からの初重賞でアンビシャスも全て3着以内
ゼーヴィントは初重賞で近3走連続好走と勝ったディープ3頭は鮮度やリズムのあった馬
それに対してこの馬は5戦3勝も重賞は2度走って2度着外でダウン戦できっちり2勝と
勝ったディープインパクト3頭と同列に並べるのはちょっと違う気も
母方がフレンチにCaerleonなんでバランスの取れた配合ではあるんでしょうが・・
 

出走予定馬で気になる馬

 
サトノクロニクル
セダブリランテス
ハムレット
ビービーガウディ
マイネルスフェーン
ロードリベラル
 
この6頭の中で最も注目してるのがビービーガウディで次点がマイネルスフェーン
 
ビービーガウディの父はカジノドライヴでエーピーインディ系種牡馬よって米国型
カジノドライヴで芝で走ってるところからしてもやや異質
その芝ではサングレーザーにサトノアレスにモズカッチャンと好勝負をしております
しかも祖母がダイナカールなんで母方も芝血統馬がズラリ
 
マイネルスフェーンの父はステイゴールドでサンデー系種牡馬
母父ジェイドロバリーはミスプロ系で母母父リファールは欧州ノーザンダンサー系
という事でバランスの取れた配合という事に
 
 
宜しければ応援クリックポチっとお願いします→
 

PR 裏情報を駆使して高配当を量産するサイトを紹介!

 
競馬ファンの皆さんこんにちは。伊藤と申します。

今回圧倒的実績を誇る競馬予想サイトを紹介したく、

原稿をお借りしてPRさせて頂きます。
今回のサイト、正直他のサイトとは桁違いです!

なんせ過去に競馬業界の中心で活躍していたN氏を筆頭に

競馬業界の中枢との太い繋がりを持っているからです。

そのN氏が筆頭となって作り出した弊社が誇る

【最強馬券師軍団】が本当に凄い!

現在回収率は250%以上を叩き出しているのです!

他にこんな回収率を出せるサイトありますか?

私はこのサイト以外見たことがありません。

先週も裏情報を駆使して高配当を連発していました!

 

ーー【最近の的中実績】ーーーーーーーーー
06/25 函館11R:3歳上1000万

3連単 09 – 01 – 13(18点勝負/各300円)

回収金額:1,280,040円

 

06/25 函館10R:3歳上500万

3連単 05 – 04 – 08(24点勝負/各300円)

回収金額:551,000円

 

06/25 函館08R:3歳上500万

3連単 03 – 02 – 06(6点勝負/各300円)

回収金額:428,960円

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中には1レースの回収率が2万パーセントを超えるレースもあります。

私は今までいろんな競馬予想サイトを試しましたが

圧倒的にこのサイトが突き抜けている気がします!
そして!

今週は大荒れ必死の大一番勝負ラジオNIKKEI賞の

予想見解をなんと無料で公開するみたいですよ!

この大チャンスを逃してはいけません!

↓ 登録はこちらから ↓

無料登録してラジオNIKKEI賞の予想見解を受け取る
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 予想

  2. 佐賀記念2017 予想

  3. 鳴尾記念2017 予想

  4. シルクロードステークス2017 予想

  5. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定

  6. スパーキングレディーカップ2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る