menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. ホープフルステークス2016 予想
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. チャンピオンズカップ2016 予想
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. 秋華賞2016 予想
  10. 京都大賞典2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アルゼンチン共和国杯2015 予想

 
日曜東京メイン・アルゼンチン共和国杯2015の予想です
 
 
天気が何とも微妙な一日になりそうな本日
予報では朝から1ミリずつ降りそうな感じで悪くなってもやや重まで?
という感じでアルゼンチン共和国杯は予想しようかと
 
というのも。。本命にする馬の産駒成績が重・不良になるとガクッと落ちちゃうんですよね
 
 
さてアルゼンチン共和国杯は2500mという事もあって
グレイソヴリン・ロベルト・欧州ノーザンダンサーといったいわゆる欧州=スタミナ血統が強い傾向
 
 
◎はレコンダイト
父ハーツクライがグレイソヴリン内包種牡馬でフェイムゲーム・アドマイヤラクティと産駒が2年続けて同レース好走中
同距離重賞でもある目黒記念で2着という実績もあるのでここはベタに狙ってみます
前走京都大賞典は休み明けでしたが凡走
ハーツクライ産駒は芝重賞だと休み明けの成績と距離延長が良いんですが反応しなかったですね
母方が欧州配合でもあるこの馬にとってあの位置取り(9番手)で上がり速い馬場
これではさすがに対応しきれなかったのでは?
ハーツクライ産駒は京都重賞(特に外回り)の成績もあまり奮いませんし・・・
再度延長となり好転しそうな条件でもあるので◎に
 
○はゴールドアクター
父スクリーンヒーローはロベルト系でこのレース勝ち馬
父の父グラスワンダーも08年~10年まで3年連続で馬券対象馬を出してるので人気でも買いたいですね
ただサンプル数としては少ないですが産駒の距離延長時の芝重賞成績が【0.0.1.9】
この3着1回はゴールドアクター自身の菊花賞でのもの(菊花賞は全馬距離延長)
本格化以前とはいえ青葉賞も延長で負けてるので(4着)評価はしてますが対抗にとどめました
 
▲はブラックタイド産駒のマイネルフロスト
母父グラスワンダーがロベルト系で先程書いたように父としてグラスワンダーはこのレース実績有り
ブラックタイドはここまで芝重賞で延べ10頭馬券対象馬を出してますが
その内5頭が1枠・2枠と内枠に入ってた馬でした(記憶に新しい所では菊花賞のキタサンブラックもそう)
マイネルフロスト自身も馬券になった重賞(毎日杯・ダービー)はいずれも内枠だったので面白いかと
 
 
【アルゼンチン共和国杯2015予想】
レコンダイト
○ゴールドアクター
▲マイネルフロスト
△スーパームーン
△ラブイズブーシェ
△ロンギングダンサー
 
買い目は
◎-○▲△△△のワイド
◎→○▲の馬単
◎-○▲-▲△△△の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 阪神ジュべナイルフィリーズ2015 予想

  2. 菊花賞2015 近年好調な3つの主要な血統

  3. 北海道2歳優駿2015 予想

  4. 天皇賞秋2015 出走予定馬と先行予想

  5. 阪神カップ2015 出走予定馬と先行予想

  6. 神戸新聞杯2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 11月 08日
  2. 2015年 11月 08日

カテゴリー

ページ上部へ戻る