menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. 京都大賞典2016 予想
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  5. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  8. 京都大賞典 2017 予想
  9. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
  2. 中京記念 2018 予想 本命はロジクライ
  3. 中京記念2018 出走予定馬と展望
  4. 【重賞結果】函館記念2018&BAOO岩美にいってきました
  5. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム
  6. 函館記念2018 出走予定馬と展望
  7. 【重賞結果】七夕賞2018&プロキオンステークス2018
  8. プロキオンステークス 2018 予想 キングズガードの連覇に期待
  9. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期待
  10. 道悪濃厚な豊明Sに五稜郭Sなど2018年7月7日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

さきたま杯2017 予想

 
5月31日(水)浦和競馬場ダート1400mで行われるさきたま杯2017の予想です
 
 
さきたま杯は古馬同士で行われる交流重賞レース
昨年は大井所属のソルテが地方馬としては2011年ナイキマドリード以来の勝利
 
モーニン、ホワイトフーガ、ベストウォーリア、ドリームバレンチノ
今年はこの4頭がJRA所属馬としてこのレースに参戦
 
そんなさきたま杯2017の発走時刻は16:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 
とりあえず近年の好走馬で目立ったのが欧州ナスルーラの血を持つ馬
ネヴァーベンドにレッドゴッドといった血を持つ馬が非常に良く馬券になってるんです
 
あと今回はJRA所属馬が走れるタイミングと思える馬が複数居るので
地方馬の出番はなかなか回ってこないのではないかと・・
 

さきたま杯の予想

 
◎はモーニンにしました
父はHenny Hughesで短縮が得意な種牡馬
前走は地方交流とはいえ久々に先行(逃げ)競馬で活性してればここはチャンス
そこから短縮というのもいいでしょうから走れるタイミングにあるのかなと今回は
母母父Cozzeneがグレイソヴリン系なんで欧州ナスルーラでもあり
 
○はベストウォーリア
フェブラリーステークス5番人気2着の後だった前走かしわ記念は1番人気4着
交流戦だからさほど気にしなかったんですが結局は疲労ストレスがあっての敗戦か??
今回はそこで吐き出してからの馬自身得意な短縮臨戦なら走れるタイミングか
 
あと2頭もJRA所属馬からチョイス
 

予想印と買い目

 
モーニン
○ベストウォーリア
△ホワイトフーガ
△ドリームバレンチノ
 
買い目は
◎の単
◎→○→△△の3連単
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都大賞典2017 出走予定馬と展望

  2. オールカマー 2017 予想

  3. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望

  4. ホープフルステークス 2017 予想

  5. チューリップ賞2017 予想

  6. 京都新聞杯2017 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る