menu
閉じる
  1. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. 京都大賞典 2017 予想
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. 有馬記念2015 予想
  10. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  6. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  7. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  8. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
  10. マイルチャンピオンシップ南部杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

札幌2歳ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜札幌メインレースは札幌2歳ステークス2017
 
 
札幌2歳ステークスは芝1800mで行われる2歳限定重賞レース
ジャングルポケット、アドマイヤムーン、ロジユニヴァースといった名馬が
このレースの勝ち馬から出ております
 
過去5年の当レース勝ち馬は
16年 トラスト
15年 アドマイヤエイカン
14年 ブライトエンブレム
13年 レッドリヴェール(函館施行)
12年 コディーノ
近年はあまり翌年のクラシックに繋がらなくなりつつあるような感じ
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【1.2.0.2】とイマイチな部類
 
主な登録馬は
カレンシリエージョ、クリノクーニング、ダブルシャープ、ロックディスタウンらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
札幌2歳ステークス2017出走予定馬は15頭
 
フルゲート14頭なんでここから1頭除外になるという事になります
 

レースの血統傾向

 

 
これは過去10年における札幌2歳ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
(13年函館施行時は除く)
 
サンデー系種牡馬の好走率はそれほどでもないですが
ブラックタイド、ハーツクライ、ステイゴールド、ネオユニヴァース
この顔触れが走ってる所からサンデー系ならやや重め=スタミナ型のタイプが狙えそう
ステイゴールドにネオユニヴァースは複数馬券になってますから
 
そしてキングマンボ系種牡馬は近5年で3頭馬券になってますがいずれも人気より好走
 
母方の血で注目なのはいずれも人気薄で馬券になってる
ボールドルーラーやノーザンテーストの血=スピード持続力に長けた血を持つ馬
16年10人気2着 ブラックオニキス
15年8人気3着 クロコスミア
12年9人気3着 エデンロック
11年5人気3着 マイネルロブスト
近年ではこれらの馬が該当
 

有力馬の考察

 
カレンシリエージョの父はハービンジャーで産駒では15年プロフェットが2着に好走
ただハービンジャーはこのレース4頭出走してますが馬券になったのはプロフェットのみ
いずれもがノーザンファーム生産でしたがカレンシリエージョもノーザンファーム生産
今夏札幌でのハービンジャーは【4.2.6.32】勝率9.1%連対率13.6%複勝率27.3%
イメージ的にはこの数字はあまり走ってないような気もしますが・・
母はベルアリュール2で半姉にアドマイヤリード(ヴィクトリアマイル勝ち馬)
 
クリノクーニングの父は新種牡馬のオルフェーヴルでサンデー系種牡馬
父の父がステイゴールドという事になります
まだまだサンプルが少ないオルフェーヴル産駒ですが
現状最も目立つのは1800mが【3.2.0.6】と優秀であるといった点
母母父メジロライアンがノーザンテースト系
 
ロックディスタウンの父もクリノクーニングと同じオルフェーヴル
半姉には2.3歳重賞を勝ったタガノエリザベートにキャットコインがおり
近親にはゼンノロブロイと母方は早い時期から活躍が期待出来そうな血筋
 

出走予定馬で気になる馬

 
クリノクーニング
コスモインザハート
シスターフラッグ
ディバインブリーズ
ファストアプローチ
ロードトレジャー
ロジャージーニアス
ロックディスタウン
ヴィオトポス
 
出走予定馬の半分以上が気になる馬になってしまいました(笑)
 
この9頭の中で最も注目してるのがコスモインザハートで次点がシスターフラッグ
 
コスモインザハートの父はハーツクライでサンデー系種牡馬
一昨年に同じ父だったアドマイヤエイカンが勝ってますしサンデーのスタミナ型の代表格
今回はハーツクライが得意とする間隔を開けての臨戦プラス距離延長
Barathea~Danehill~Mill Reefと重ねられた母方は重厚な欧州配合
 
シスターフラッグの父ルーラーシップはキングマンボ系
今夏札幌で【2.2.4.9】複勝率47.1%と好調なのがルーラーシップ
祖母がポイントフラッグという事はあのゴールドシップと近親関係に
ゴールドシップはこのレース2着してますから
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 札幌2歳ステークス 2017 予想

  2. 共同通信杯2017 予想

  3. 紫苑ステークス 2017 予想

  4. ファルコンステークス2017 出走予定馬と展望

  5. 関屋記念2017 出走予定馬と展望

  6. オークス2017 予想

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る