menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. 京都大賞典 2017 予想
  9. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  10. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

皐月賞2017 血統評価というか短評

 
今週は今年のクラシック第一弾となる皐月賞でもありますし
今回は皐月賞出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)を馬番順にしていきます
 
ポイントとしては「ディープインパクト産駒」と「欧州血統(母方)」
 
ディープインパクト産駒に関しては昨年は1~3着を独占
一昨年も2頭しか出走してなかった中でリアルスティールが2着
まあ普通に注目していいんでしょうが・・
気になるのは今年中山開催2月以降芝全レースでわずか6勝のみという事(勝率8%)
昨年の同時期は13勝していただけに現状の馬場は果たしてどうなのか?
 
欧州血統(母方)に関しては
ディーマジェスティの母母父が欧州ノーザンダンサー系のサドラーズウェルズ
ドゥラメンテの母母父が欧州ナスルーラ系のトニービン
2年続けて勝ち切ってる馬がそれぞれ持っていたというのが気にはなるところ
まして出走馬で欧州血統を母方に持ってる馬が今年は本当に少ないのでより価値が上がりそう
 
このあたりを踏まえてみてもらえるといいかなあと思います
 

マイスタイル

 
ハーツクライ産駒ですがハーツは基本延長臨戦が得意
今回は同距離臨戦になりますし
そういった意味では延長臨戦だった前走(弥生賞)が狙い目だったかと
ましてその弥生賞は8番人気2着だったので反動も懸念されるところ
母父フォーティナイナーに母母父ダンチヒは米国配合
 

スワーヴリチャード

 
この馬もハーツクライ産駒
延長臨戦が得意なハーツクライだけに前走1800mからの延長臨戦は魅力
母父Unbridled’s Songはミスプロ系で母母父General Meetingはボールドルーラー系
つまり母方は米国配合なんでスピード&パワーが強調されてます
そういった意味で勝ち切れるかどうか!?
 

コマノインパルス

 
父バゴはレッドゴッド系で欧州ナスルーラ
主な産駒にはビッグウィーク(菊花賞1着)オウケンサクラ(桜花賞2着)が居てます
母父フジキセキはサンデー系ですが母母父リアルシャダイがロベルト系で欧州血統
その奥もミルジョージがいるので意外と侮れない気も
前走弥生賞はペースが緩すぎてこの血統の良さが出にくかったとも言えますし
 

カデナ

 
ディープインパクト産駒でありますが
この馬は今年中山開催2月以降=弥生賞で勝ってるのでこれがポテンシャル証明とも取れそう
母父French Deputyはヴァイスリージェント系で
母母父Seattle Slewはボールドルーラー系で米国配合
母父French Deputyは改修後中山2000m重賞で好調な母父である米国型ノーザンダンサー系
ディープ×フレンチ配合ですがまだ3歳なんで距離は大丈夫でしょう
(この配合は古馬(特に牡馬)になると距離適性が1800m以下に落ち着く)
 

レイデオロ

 
父はキングカメハメハで改修後中山2000m重賞でキングカメハメハ産駒は複勝率42.3%で優秀
今回はホープフルステークスからの臨戦なんで間隔開けての臨戦ですが
芝重賞だと間隔が開けば開くほど成績が良くなるのがキングカメハメハ産駒
母父シンボリクリスエスがロベルト系でこれも改修後中山2000m重賞で好調な母父
母母父Seeking the Goldがミスプロ系
祖母レディブロンド、母ラドラーダ、近親リルダヴァルとG1には縁がない血筋がどうか?
 

アウトライアーズ

 
父はヴィクトワールピサ
改修前ではありますが父の父ネオユニヴァースは自身も産駒も皐月賞勝ちの実績あり
そのヴィクトワールピサは休み明けの成績が悪く2000m戦が好相性
この馬は前走スプリングステークスが休み明けでしたが2着にまとめて
今回は叩き2走目なんで上積みが期待出来ますし産駒の1800m→2000mの延長臨戦が好数字
母父フレンチデピュティは米国型ノーザンダンサー系なんで改修後中山2000m重賞で好調な母父
母母父Icecapadeも米国血統なんで母方は米国配合
 

ペルシアンナイト

 
ハービンジャー産駒で前走は圧巻の強さでしたが評価してるのは2走前のシンザン記念
基本揉まれ弱い印象があるハービンジャー産駒ですが2走前は初の多頭数競馬に加え内枠に重馬場
そんな条件で内枠はやや堪えたように見えた競馬でしたがそれでも3着に来たのは驚きました
今回出来れば外目の枠に入って欲しかったですが内目の枠に入ってどうか?
母父サンデーで母母父が欧州ノーザンダンサー系のヌレイエフ
出走馬で数少ない欧州血統を母方に持つという馬になります
 

ファンディーナ

 父はディープインパクト
今年中山開催2月以降で苦戦してるディープインパクト産駒であるんですが
この馬はその開催=フラワーカップで快勝してるんでこれが逆にポテンシャルを証明する材料
母父Pivotalはヌレイエフ系なんで欧州ノーザンダンサーで
出走馬中唯一の母父欧州ノーザンダンサーに
母母父A.P. Indyは米国血統
血統バランスはかなりいいと思いますね
 

プラチナヴォイス

 
父はミスプロ系のエンパイアメーカー
母父マンハッタンカフェはサンデーですが
母母父Woodmanがミスプロ系なんでやや米国色の強い配合
3代母ウインドインハーヘアというのはレイデオロと同じですね
 

ダンビュライト

 
父ルーラーシップは新種牡馬でキングマンボ系
産駒の芝重賞成績はこの馬含めて【0.1.4.6】複勝率45.5%と優秀
この好走した5頭中3頭が8~9頭立てなんで多頭数よりは少頭数つまり揉まれ弱い面あり?
となるとこの中枠はなかなか厳しいような・・・
母父はサンデーで母母父Rivermanはネヴァーベンド系で欧州ナスルーラ
(父キンカメならなあ・・)
 

アルアイン

 
父はディープインパクト
母父Essence of Dubaiはエーピーインディ系で母母父Great Above異系の米国血統
つまりこの馬も母方は米国配合ですが4代母がリボー系のHis Majesty
初G1のディープインパクト産駒で大一番に強いリボーを持ってるのがどうか?
 

アメリカズカップ

 
マンハッタンカフェ産駒で前走は多頭数から少頭数&外枠替わりで勝利と分り易いマンカフェか?
そうなると混戦必至のここでは買い辛いか・・
母方Coronado’s Quest×Lord At Warは米国配合
 

サトノアレス

 
父はディープインパクトですが他のディープとは違ってこの馬はG1二戦目なんでG1鮮度が・・・
母父Danehillはダンチヒ系なんでパワー&スピードに長けてますが欧州の香りもある血
母母父Artichokeはボールドルーラー系なんで米国型
よって母方の構成はやや米国寄りになるかなあといった感じ
 

キングズラッシュ

 
父ルーラーシップは新種牡馬でキングマンボ系
母父シンボリクリスエスがロベルト系で改修後中山2000m重賞で好調な母父
母母父はサンデー
 

アダムバローズ

 
ハーツクライ産駒で同距離臨戦なら可もなく不可もなくといった感じ
母父Unbridled’s Songはミスプロ系でスワーヴリチャードと同配合
そして母母父Mt. Livermoreは自身は米国で走った馬ですが辿ると
レッドゴッドに当り欧州ナスルーラ
 

クリンチャー

 
父はディープスカイ
改修前ではありますが父の父アグネスタキオンは自身も産駒も皐月賞勝ちの実績あり
母父ブライアンズタイムは自身は米国で走りましたがロベルト系なんで欧州血統とも取れますね
ロベルト系は改修後中山2000m重賞で好調な母父でもあり
ただ母母父がダンチヒなんで配合的にはパワー&スピードが強調されてしまってる面も
 

ウインブライト

 
父ステイゴールドはサンデー系種牡馬でもスタミナに寄ったタイプ
母父アドマイヤコジーンは辿ればカロ~グレイソヴリン系になるので欧州か?
ただコジーン自身は米国で走った馬
母母父ジェイドロバリーはミスプロ系ですがジェイドロバリー自身は欧州で走った馬
つまり母方は欧州も米国も兼ね備える配合と言っておきましょうか
 

トラスト

 
父スクリーンヒーローはロベルト系種牡馬
母父エイシンサンディはサンデー系でもパワーに寄ったサンデー
母母父メジロテイターンは自身は日本で走ってますがパーソロンの系統なんで異系の欧州血統
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重…

  2. 新潟2歳ステークス 2017 予想

  3. 京王杯スプリングカップ2017 予想

  4. スプリングステークス2017 予想

  5. 鳴尾記念2017 出走予定馬と展望

  6. 紫苑ステークス 2017 予想

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る