menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  3. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. ホープフルステークス2016 予想
  6. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  7. 京都大賞典2016 予想
  8. エプソムカップ2016 予想
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. 青葉賞2017 予想
  2. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要でもない…
  3. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  4. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  5. フローラステークス2017 予想
  6. マイラーズカップ2017 予想
  7. 福島牝馬ステークス2017 予想
  8. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  10. 東京スプリント2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

皐月賞2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜中山メインレースは皐月賞2017
 
 
皐月賞は芝2000mで行われる3歳馬によるレースでありまして
クラシック3冠レース(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)の第一関門となっており
ここで4着までに入ると次の日本ダービーへの優先出走権が与えられております
そして昔からよく言われるのが「最も速い馬が勝つ」というレース
 
過去5年の勝ち馬の顔触れは
ゴールドシップ、ロゴタイプ、イスラボニータ、ドゥラメンテ、ディーマジェスティ
ここからだとドゥラメンテが日本ダービーを勝ち2冠達成してますね
それ以外の4頭も日本ダービーでは掲示板に入っております
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【1.1.1.2】
1番人気が馬券にならなかった2レースはいずれも2~4番人気馬で3着内を独占
という事は近年わりと堅めに収まってる印象があります
 
今年は出走予定馬19頭中11頭が重賞勝ち馬というなかなか豪華なメンバーとなりました
 
その中でも注目は69年ぶりの牝馬Vなるか!?の3戦3勝ファンディーナでしょう
他にはスワーヴリチャード、カデナ、レイデオロ、サトノアレス等が登録しております
 

出走予定馬と血統表

 

 
皐月賞2017出走予定馬は19頭(スズカメジャーが除外対象になっております)
 

レースの血統傾向

 
重視するのは15年と16年の過去2年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので
 
昨年はディープインパクト産駒で1~3着を独占
一昨年も2頭しか出走してなかった中でリアルスティールが2着に
まあ普通に注目していいんでしょうが・・
気になるのは今年中山開催2月以降で芝全レースでわずか6勝のみという事(勝率8%)
昨年の同時期は13勝していただけに現状の馬場は果たしてどうなのか?
 
あとは一昨年1着のドゥラメンテの父であるキングカメハメハ
改修後中山2000m重賞でキングカメハメハ産駒は複勝率42.3%と高いアベレージ
 
母方は欧州血統を持つ馬が勝ち切ってるイメージ
ディーマジェスティは母母父が欧州ノーザンダンサー系のサドラーズウェルズ
ドゥラメンテは母母父が欧州ナスルーラ系のトニービン
 
そして改修後中山2000m重賞の好調な母父は米国型ノーザンダンサー系とロベルト系
 

有力馬の考察

 
ファンディーナの父はディープインパクト
今年中山開催2月以降で苦戦してるディープインパクト産駒であるんですが
この馬はその開催=フラワーカップで快勝してるんでこれが逆にポテンシャルを証明する材料
母父Pivotalはヌレイエフ系なんで欧州ノーザンダンサー
 
スワーヴリチャードはハーツクライ産駒
延長臨戦が得意なハーツクライだけに前走1800mからの延長臨戦は魅力
さらにその前走共同通信杯組は近年皐月賞と相性抜群で過去5年だと【4.0.0.0】
Unbridled’s Song×General Meetingの母方は米国配合なんでスピード&パワーを強調
 
カデナの父もファンディーナと同じディープインパクト
そしてこの馬も今年中山開催2月以降=弥生賞で勝ってるのでこれがポテンシャル証明
French Deputy×Seattle Slewの母方は米国配合でFrench Deputyは米国型ノーザンダンサー系
ディープ×フレンチですが若いので距離は大丈夫でしょう
 
レイデオロの父はキングカメハメハ
今回はホープフルステークスからの臨戦なんで間隔開けての臨戦ですが
芝重賞だと間隔が開けば開くほど成績が良くなるのがキングカメハメハ産駒
そして母父シンボリクリスエスがロベルト系
 
有力馬と目されるこの4頭はなかなか消し辛く感じますが・・・
 

出走予定馬で気になる馬

 
アウトライアーズ
カデナ
クリンチャー
スワーヴリチャード
トラスト
ファンディーナ
ペルシアンナイト
レイデオロ
 
この8頭の中で最も注目してるのがペルシアンナイトで次点がアウトライアーズ
 
まあ先に挙げた4頭は注目してるのでそれ以外の2頭をピックアップ
 
ペルシアンナイトはハービンジャー産駒
前走は圧巻の強さでしたが評価してるのは2走前のシンザン記念
揉まれ弱い印象があるハービンジャーでありますが2走前は初の多頭数競馬に加え内枠に重馬場
そんな条件で内枠はやや堪えたように見えた競馬でしたがそれでも3着に来たのは驚きました
母母父が欧州ノーザンダンサー系のヌレイエフと言うのも良いでしょう
 
アウトライアーズの父はヴィクトワールピサ
改修前ではありますが父の父ネオユニヴァースは自身も産駒も皐月賞勝ちの実績あり
そのヴィクトワールピサは休み明けの成績が悪く2000m戦が好相性
この馬は前走スプリングステークスが休み明けでしたが2着にまとめて
今回は叩き2走目なんで上積みが期待出来ますし産駒の1800m→2000mの延長臨戦が好数字
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アンタレスステークス2017 予想

  2. 阪神牝馬ステークス2017 予想

  3. 川崎記念2017 予想

  4. 阪急杯2017 予想

  5. 京都牝馬ステークス2017 予想

  6. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る