menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. 京都大賞典2016 予想
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  2. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  5. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  6. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  7. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  8. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  9. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編

 
今週のG1レースは中山競馬場芝2000mで行われる皐月賞2018
3歳牡馬クラシックの第一戦となるレース
ここではそんな皐月賞出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)
これを馬番順にしていこうかと思います

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 
 
【PR:現在回収率330%を継続中】

まだあなたは競馬で無駄なお金を使いますか?
今回は「裏情報」を駆使して導く
規格外の予想を配信するサイトを紹介します!

※今週も無料登録で重賞の予想を公開!

早速ですがまずは近走の的中実績からご覧下さい!

ーー【近走の的中実績】ーーーーーーー

3/25 中山06R:3歳500万
3連単 13-01-09
回収金額:226,800円

3/31 中山10R:千葉日報杯
3連単 09-14-03
回収金額:1,092,450円

4/1 阪神07R:4歳上500万
3連単 10-02-03
回収金額:527,100円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは先週の予想提供の的中結果の一部にしか過ぎませんが
毎週回収率1万パーセント付近の当たりを出しています。
「OASIS」は今最も勢いに乗っている競馬予想サイトと言ってもいいでしょう。

ではなぜこんな大きな馬券を的中させることが出来るのか?
そしてなぜこれだけ多くの方に支持されてきたのか?

理由は3つの大きな武器を持っているからです。

【1】競馬業界の中枢との太いパイプライン
【2】確かな的中実績と最強馬券師軍団の勝ちへのこだわり
【3】お客様の目線に立ったソリューションのご提供

そしてここからが本題なのですが、
もちろん有料情報もこれだけ結果を出しているのでオススメなのですが
実は無料情報もとてつもない実績を叩いているんです。

特に無料予想で提供される【重賞レースの予想】は
桁違いの的中率と回収率を誇っています。
もちろん重賞レースがない日は平場のレース提供もあります。

そんな圧倒的実績を誇るOASISが
今週も「皐月賞の予想」をなんと、
無料で公開することが決まっています!

更に!今週は無料登録で【福島民報杯の予想】も公開することが決定!

登録方法は超簡単!
※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。
※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓
今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る
 

まずは過去の皐月賞から見えてきたポイント

 

これは過去10年における皐月賞1~3着馬の父と母父が分かるもの
(東京施行だった11年は除く)

特に重視したいのは15年~17年の過去3年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので

昨年は9番人気のアルアイン、一昨年は8番人気のディーマジェスティ
共に人気薄が勝ち切っており一昨年は1~3着独占
15年も2頭しか出走していない中でリアルスティールが2着
これだけ見ると今年もやっぱりディープインパクト産駒に注目せざるを得ないのかなと

ディープインパクト産駒以外で馬券になった種牡馬は
ハービンジャー、ルーラーシップ、キングカメハメハ、ブラックタイド
スピードというよりはパワーもあってやや欧州色も兼ね備えるというタイプが良さそう

人気より着順が上だった馬は過去3年で7頭
アルアインとキタサンブラックの母方はスピード特化配合でしたが
残り5頭はいずれもが母方に欧州の血を持ってました
それに加えて軽めのスピードの血が有ればよりベストかなという気はしてます

17年4番人気2着 ペルシアンナイト(サンデー×ヌレイエフ)
17年12番人気3着 ダンビュライト(サンデー×Riverman)
16年3番人気2着 マカヒキ(フレンチデピュティ×Rainbow Corner)
15年3番人気1着 ドゥラメンテ(サンデー×トニービン)

あと付け加えておくならば皐月賞と同条件となる直近の中山2000m重賞では
父ノーザンダンサー系
母父ロベルト系
この系統が非常に良く走ってるので頭の片隅にいかがでしょうか
 

今年の出走馬の血統分析

タイムフライヤー

父はハーツクライでサンデー系種牡馬
トニービンを内包してるので欧州色はあるでしょうがパワーという意味ではややズレる感
ハーツクライ牡馬は中山芝重賞でなかなか勝ち切れなかったんですが
それに終止符を打ったのがこの馬(昨年のホープフルS1着)


これは改修後におけるハーツクライ牡馬の中山2000m枠番別成績

いわゆる内枠1.2枠の成績が良くないんですよね
そして1枠だと8~9頭立て【1.0.1.0】16~18頭立て【0.0.1.6】
どうしてもトニービンが入ってる分だけモタモタするのか?多頭数内枠の成績が良くない
京都2歳S少頭数→多頭数中枠でアップ戦で厳しいペースだったホープフルSを勝ってるので
大外枠から外を回して差せなかった前走若葉Sの敗戦を気にするというよりは
そこから再びアップ戦で頭数が増えるというのはいいのかもしれないですが・・
ブライアンズタイム×Alzaoの母方は欧州色強めでスピード色は薄目の印象
ブライアンズタイムはロベルトなんで母父ロベルト系
近親にはタイムパラドックスにサクラローレルとG1馬も出してる一族
 

ワグネリアン

父ディープインパクトに母父キングカメハメハはキタノコマンドールと同配合
ただこっちは母母父がBroad Brushで祖母がブロードアピールなんでスピードとパワー色あり
父と母方の配合からして血統傾向に合ってる馬なのかなとは思います
週初めにUPしたこの記事も後押しにはなるでしょうしね
しかしここまで4戦全て10頭以下の少頭数競馬でほぼ外を回す無難な競馬しか経験のない馬が
フルゲート割れとはいえ16頭の多頭数内枠という条件で揉まれた時にどうなのか?
そんな懸念はどうしても付き纏いますね
あとこの馬の一族は湿った馬場の成績が良好だというのは付け加えておきます
 

ジャンダルム

父Kitten’s Joyはサドラーズウェルズ~欧州ノーザンダンサー系種牡馬
父ノーザンダンサー系というのは良いんじゃないでしょうか
主な産駒にはエプソムC勝ちのダッシングブレイズ
このダッシングブレイズが延長臨戦だったエプソムCで1着でしたが
その他の産駒は延長臨戦で軒並み苦戦しこの馬が延長臨戦だったホープフルSで2着するまで
2000m以上の産駒成績は【0.0.0.21】と全くダメでした
つまりこの馬はKitten’s Joyの枠にとらわれてはいけない馬
母ビリーヴはスプリントG1勝ち馬でサンデー×ダンチヒの母方はスピード特化配合なんですが
デイリー杯2歳Sで少頭数ながら内を通り間を割っての激走後に
先程触れたとおり延長臨戦の2000mのアップ戦で厳しいペースになったのにホープフルS2着
この内容がとにかく秀逸に感じるんですよね
弥生賞4番人気3着は馬体を減らしてたので蓄積の疲労は心配ですがCっぽい挙動があるだけに・・
 

スリーヘリオス

ヘニーヒューズだから字面通りダート馬だと思うんですがね(笑)
近親にスプリンターズS勝ち馬のマイネルラヴが居るので芝がまるっきりダメとは言いませんが
 

キタノコマンドール

父ディープインパクトに母父キングカメハメハはワグネリアンと同配合
ただこっちは母母父がNureyevなんで欧州色がより濃く出た母方の配合
そして全姉にデニムアンドルビーという事でディープでもやや重ための血統印象
祖母がフェアリードールなんでいわゆるトゥザ一族になるわけですが
この一族は不良馬場での成績が特注
キャリア2戦で外を通る競馬しか経験ないだけにこの枠は未知数
従ってバラけやすい馬場悪化というのが血統的にも希望になってくるか
その時は週初めにUPしたこの記事も後押しにはなるでしょうしね
しかし死のステップすみれSからでこの人気なら来たらしょうがない気も
 

アイトーン

父キングズベストはキングマンボ系種牡馬
同じキングマンボのキングカメハメハやルーラーシップと比べるとより欧州色が強い印象
字面の割に湿った馬場の成績が良くないというのも特徴
母方はサンデー系のスペシャルウィークにミスプロ系Woodmanならバランス型
半兄にはNHKマイルC17番人気2着のタガノブルグ
一発ある血筋なら逃げてどこまで!?控えると即ち苦に
 

エポカドーロ

父オルフェーヴルはステイゴールドの血をひくサンデー系種牡馬
産駒成績はここまで芝よりダートのほうが実はよくてパワーも感じられる
加えてメジロマックイーン~パーソロンの血内包なら欧州色もあるでしょう
産駒の枠番別成績を見ると中枠(3~5枠)の成績が良い傾向
母父フォーティナイナー系の組み合わせはラッキーライラックと同配合になります
その母父フォーティナイナーはミスプロ系で母母父シエイデイハイツはネヴァーベンド系
母母父が欧州の血に母父がスピード寄りで母も1200m重賞勝ち馬
血統の評価ならこのメンバーでも上位にランク付けしたくなる構成
逃げ→逃げの競馬から前走スプリングSは2番手からの競馬でしたが・・
これは実質コスモイグナーツから離れた競馬だったので2番手からの逃げの競馬みたいなもの
ここでもう少し苦を味わってれば経験としてここに活きてきそうな気はしたんですがね
今回前を主張しそうな馬も多いので番手を下げた時に馬がどう感じるか?
 

ケイティクレバー

父ハービンジャーはノーザンダンサー系種牡馬
今回は2200mからの短縮臨戦ですがこの短縮はハービンジャーが苦手とする臨戦
最近この短縮でもちょこちょこ走れる馬も出て来てますが(C要素がある馬)
少頭数から多頭数でアップ戦で短縮は朝日杯FSの臨戦と同パターン
その前である京都2歳Sが楽逃げで3着で朝日杯FSは京都2歳Sよりペースを上げての逃げで11着
楽から苦を感じた後でダウン&少頭数の若駒Sで楽を感じて反応(0.5差1着)
ですからやっぱりこの後のダウン戦で注目すればいいんじゃないかと
ディープインパクト×Cozzeneの母方は配合はスピード寄り
 

オウケンムーン

父オウケンブルースリはトニービンの血が入ったグレイソヴリン系種牡馬
なかなか頭数が少なくて掴み辛い産駒ではあるんですが
トニービンの系統なんで単純に前走共同通信杯の東京替わりというのは向いた可能性も
ただ2走前の皐月賞と同じ舞台=中山2000mの内容も悪くはないものでした
母父エリシオの父Fairy Kingはサドラーズウェルズの全弟で欧州ノーザンダンサー系
配合的には欧州配合という風に捉えております
母ムーンフェイズがフローラS3着、トキオエクセレントが青葉賞1着と東京重賞で走り
タガノマイバッハにコスモシンドラーも重賞実績馬
血統的に派手さはないものの近親は重賞で結構走ってはおります
ですが・・G1となるとトキオエクセレントとタガノマイバッハが届かずじまい
新馬→未勝利の内容を凄く評価してはいるんですがG1に何となく壁がありそうな気も
 

ジェネラーレウーノ

父スクリーンヒーローはロベルト系で芝よりダートのほうが産駒成績は上
つまりパワーもある種牡馬でさらに父のラインを辿っていくと欧州の血にもぶち当たる
産駒でG1馬になったのがモーリスとゴールドアクター
モーリスの初G1勝ち安田記念は2走前条件戦1着→前走重賞1番人気1着
ゴールドアクターのG1勝ち有馬記念は2走前条件戦1着→前走重賞1番人気1着
この2頭のG1勝ちは古馬になってからでしたしポテンシャル的にも比べるなと言われそうですが
ジェネラーレウーノも2走前条件戦1着→前走重賞1番人気1着
臨戦過程が非常に似ているというのは魅力的であります
ロックオブジブラルタルにStorm Catの母方はスピード型の配合ではありますが
母父自身は欧州型で母母父がスピード色豊か
という訳で血統的には過去の傾向と比べても悪くない
3走前と2走前が逃げの競馬から前走京成杯は前に馬を見る競馬で勝利
これが少頭数→多頭数でしたし道中のペースも2走前より相当厳しくなった中でのもの
つまり楽から苦をかなり感じる所でのものでの勝利は評価をかなりしたくなります
 

マイネルファンロン

父はステイゴールドでサンデー系種牡馬
パワーというよりディクタス内包で欧州色が出たスタミナ型のサンデー系かと
これまで馬込みの経験はなく外を回る競馬か逃げる競馬の経験のみ
ただ父と母父ロージズインメイからすれば馬込みで集中して走れる可能性は秘めてはいそう
母方は非常にパワーに特化した配合
祖母はフラワーC、近親には京成杯・弥生賞と中山重賞で活躍した馬が居る血筋
 

グレイル

父はハーツクライでサンデー系種牡馬
トニービンを内包してるので欧州色はあるでしょうがパワーという意味ではややズレる感
ただハーツクライ牡馬は中山芝重賞でなかなか勝ち切れないというのは頭の片隅に
タイミング的には今回間隔開けての延長臨戦なんでハーツクライの走れるタイミング
2走前の京都2歳Sで勝ちはしたものの直線一瞬置かれそうな感じだったので
前走の短縮はやっぱり忙しさを感じた筈だから延長は絶対いいんじゃないかと
やや外目の枠というのも同じ父を持つ最内枠タイムフライヤーに比べれば○
母方のRock of Gibraltar×Rainbow Questという配合は
母父からスピードの供給はあるもののやはり欧州色が強めか
 

ダブルシャープ

父ベーカバドはダンチヒ~ノーザンダンサー系種牡馬
Cape Crossの血をひいてるので欧州寄りのダンチヒ系と言ってもいいでしょう
この馬自身間隔が詰まっていた札幌2歳Sで3着と走っていますが
基本的に母父アグネスタキオンは間隔を開けての臨戦がベストの印象
今回若葉Sから4週というやや詰まった間隔がどう出るか!?
母母父がレールデュタンという事で近親にはメジロブライト
そして朝日杯FSであっと言わせたメジロベイリーも近親なんでバックボーンは侮れない
 

サンリヴァル

父ルーラーシップはキングマンボ系種牡馬で昨年産駒のダンビュライトが3着に
ここまでルーラーシップの重賞好走例はアップ戦が多いだけにG2→G1の臨戦は魅力
そのアップ戦だったホープフルSがなかなか評価出来る一戦でして
芙蓉Sの少頭数超スローから多頭数で一気に道中のペースが厳しくなった中で番手から4角先頭で4着
楽→苦と思える中でのこの内容でしたから
但しそのホープフルSと前走弥生賞共に異なるペースでジャンダルムに2回とも差されてる
これがあるのでどうしてもジャンダルムより評価は下げざるを得ない印象
母父アグネスタキオンは間隔を開けての臨戦がベストのイメージで母母父がサクラユタカオー
母方はスピード色強めの印象で今回は間隔を多少詰めての臨戦
 

ステルヴィオ

父ロードカナロアは新種牡馬でキングカメハメハ~キングマンボ系種牡馬
先週桜花賞を制したアーモンドアイも同じロードカナロアが父であります
そしてここまで重賞で馬券になったのはステルヴィオとアーモンドアイのみ


これはロードカナロア産駒における芝レースの枠番別成績

外枠のほうが期待値含め数字が高い傾向になってるんじゃないかと
母方はサンデー×トウショウボーイならスピード特化に偏り気味
ただ母父ファルブラヴの父フェアリーキングがサドラーズウェルズの全弟で欧州型
母方のバランスは過去の傾向にマッチしてると思います
でも最後に付き纏うのは1F延長になる距離でしょう
短縮と同距離と比較してもロードカナロア産駒の延長成績は落ちますし
産駒の2000m成績も【1.2.2.17】で母父も割とマイルに特化した成績に
兄弟や近親の成績を見ても1800mと2000mに大きな壁があるんですよね・・
 

ジュンヴァルロ

父New Approachはサドラーズウェルズ系で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
主な産駒には青葉賞2着馬ベストアプローチが居ます
母父Rock of Gibraltarはデインヒル~ダンチヒ系
この配合だけなら重たすぎる感もあるんですが母母父Phone Trickが米国の短距離血統なんで
これが血統構成にいいバランスを与えてるような気はします
ただ・・強くない(笑)弱い(笑)
 

最後に注目馬と一言

 
ジャンダルム
ワグネリアン
エポカドーロ
ジェネラーレウーノ
グレイル

血統的にはこの5頭がいいんじゃないかなというのが現時点でのジャッジ
 
 
そして現時点で最も注目してる馬は→ジェネラーレウーノ
 
 
 
 
PR【皐月賞はもらったも同然!?】赤文字の指数を見るだけ

最近周りがザワザワ。

見やすくて、データも豊富で肝心の指数の的中率が凄いらしい。
しかも、無料で登録出来て、毎週1重賞の指数が無料で見れるらしい。
そんな指数サイトがあると。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

なので、この前登録して指数をチェックしてみました。
で、過去4年の実績が乗っていたので週末の4重賞をまとめてみましたよ。
PS.
手作り感満載でごめんなさい!!笑

ここの指数は低ければ低いほど強い馬となります。
注目は「指数値30以下の赤文字」の馬!
となると・・・
皐月賞、2017年の3着を除いて全て「指数値30以下の赤文字
これは指数見るだけで的中しちゃいますね笑

「皐月賞」の指数予想はサイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼、無料公開されます。
是非チェックしてみてください。というか、必ず登録した方が良いレベルの指数が出てます。北条氏のブログを見たい方はこちら

馬柱とコラボ指数を合わせた表はこんな感じ!見やすいでしょ!

スマートに的中を積み重ねてみたいと思いませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。

皐月賞はもらったも同然!?この指数でバッチリ取ります!
皐月賞の指数を見たい方は⇒ こちら

 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ファルコンステークス2018 出走予定馬と展望

  2. 中山記念2018 出走予定馬と展望

  3. 阪急杯 2018 予想

  4. フィリーズレビュー2018 出走予定馬と展望

  5. 中山牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望

  6. シルクロードステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

9人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る