menu
閉じる
  1. 京都大賞典 2017 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  9. 愛知杯 2018 予想
  10. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
閉じる
閉じる
  1. 中京記念2018 出走予定馬と展望
  2. 【重賞結果】函館記念2018&BAOO岩美にいってきました
  3. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム
  4. 函館記念2018 出走予定馬と展望
  5. 【重賞結果】七夕賞2018&プロキオンステークス2018
  6. プロキオンステークス 2018 予想 キングズガードの連覇に期待
  7. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期待
  8. 道悪濃厚な豊明Sに五稜郭Sなど2018年7月7日土曜の競馬予想
  9. プロキオンステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 七夕賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

皐月賞2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜中山競馬メインレースは皐月賞2018

皐月賞は芝2000mで行われる3歳馬によるレースでありまして
クラシック3冠レース(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)の第一関門
ここで5着までに入ると次の日本ダービーへの優先出走権が与えられております
そして皐月賞は昔から「最も速い馬が勝つ」と言われてます

過去5年の勝ち馬の顔触れは
ロゴタイプ、イスラボニータ、ドゥラメンテ、ディーマジェスティ、アルアイン
ここからだとドゥラメンテが日本ダービーを勝ち2冠達成してますね
それ以外の4頭も日本ダービーでは掲示板に入っております

今年は4戦4勝無敗でここに挑むはずだったダノンプレミアムが大注目だったんですが
挫跖の為に出走回避というニュースが先週流れてきました
大本命馬が出ないという事で一気にどの馬も色気を持っての戦いとなりそう

そのダノンプレミアムと一緒のレースで走りそれぞれ2着であったワグネリアンとステルヴィオ
ひとまずこの2頭が中心となるでしょうか

あとは北野武氏が名付け親のキタノコマンドールも注目

上で挙げた3頭以外の主な出走予定馬は
オウケンムーン、ジャンダルム、タイムフライヤー、エポカドール等が登録
 

出走予定馬と血統表

 

これが皐月賞2018出走予定馬17頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)

ダノンプレミアムは挫跖の為に回避
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における皐月賞1~3着馬の父と母父が分かるもの
(東京施行だった11年は除く)

特に重視したいのは15年~17年の過去3年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので

昨年は9番人気のアルアイン、一昨年は8番人気のディーマジェスティ
共に人気薄が勝ち切っており一昨年は1~3着独占
15年も2頭しか出走していない中でリアルスティールが2着
これだけ見ると今年もやっぱりディープインパクト産駒に注目せざるを得ないのかなと

ディープインパクト産駒以外で馬券になった種牡馬は
ハービンジャー、ルーラーシップ、キングカメハメハ、ブラックタイド
スピードというよりはパワーもあってやや欧州色も兼ね備えるというタイプが良さそう

人気より着順が上だった馬は過去3年で7頭
アルアインとキタサンブラックの母方はスピード特化配合でしたが
残り5頭はいずれもが母方に欧州の血を持ってました
それに加えて軽めのスピードの血が有ればよりベストかなという気はしてます

17年4番人気2着 ペルシアンナイト(サンデー×ヌレイエフ)
17年12番人気3着 ダンビュライト(サンデー×Riverman)
16年3番人気2着 マカヒキ(フレンチデピュティ×Rainbow Corner)
15年3番人気1着 ドゥラメンテ(サンデー×トニービン)

あと付け加えておくならば皐月賞と同条件となる直近の中山2000m重賞では
父ノーザンダンサー系
母父ロベルト系
この系統が非常に良く走ってるので頭の片隅にいかがでしょうか
 

桜花賞では風が吹かなかったディープインパクト産駒ですが・・

 
先日の桜花賞にはディープインパクト産駒が6頭出走しましたがトーセンブレスの4着が最高
得意とされた桜花賞で馬券圏内に1頭も入らずで
「さすがにディープ産駒の力も落ちつつあるのか?」と私自身も考える所もありますが
今回は果たしてどうなのか??(キタノコマンドールとワグネリアンの2頭が出走)
 
 
まずは2月開催以降の中山競馬場での3歳限定重賞の結果を見てみましょう

桜花賞で走らなかったとはいえ今世代の重賞成績は好調に推移しているディープ産駒ですが
何と!スプリングS以外の3レースで全てワンツーフィニッシュを決めてました
ちなみにスプリングSにディープ産駒は1頭も出走していなかったのでこれは驚愕の結果に
 
 
で、もう1つちょっと面白いデータをご紹介


これはディープ産駒の芝重賞における主要競馬場での全成績

皐月賞が行われる中山はいわゆるディープ産駒の特徴である=斬れが活かしにくいのか
他の競馬場に比べるとやや落ちる傾向になっております

しかし・・・


これはディープ産駒の芝重賞における主要競馬場での全成績(16年以降)

見て下さい!!今年含め直近の2年間だと東京&京都より勝率・連対率は良いんですよ!
これはディープ産駒にパワータイプが増えてきた証明とも言えそう
ですからディープ=斬れという概念はひとまず捨てて中山なら意外と買い!という考え方もあり!?
 

現時点で注目してる馬は?

 
現時点で最も注目してる馬は→ジェネラーレウーノ

実はもうこの馬しか考えられません!!(笑)

父は系統的にパワーもある種牡馬で実際芝よりダートのほうが産駒成績は上
父のラインを辿っていくと欧州の血にもぶち当たるので種牡馬は悪くない
しかも産駒でG1馬になった馬達とそのG1勝ちの際の臨戦過程が今回似ている事
母方はスピード型の配合ではありますが母父は欧州型で母母父がスピード色豊か
という訳で血統的には過去の傾向と比べても悪くない

前走は2走前より明らかに非常に苦を感じる場面でありながら勝利
これがこの馬を推せる一つの材料ともなりますし

今回ダノンプレミアムという圧倒的に前で圧を掛ける馬が居なくなって
人気が目されるワグネリアンとステルヴィオの2頭はおそらく差し競馬
想定とは逆に後ろに圧が掛かるならば
シンプルに前に行く馬にアドバンテージが生まれるとも考えられますしね
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都金杯2018 出走予定馬と展望

  2. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望

  3. シンザン記念2018 出走予定馬と展望

  4. マーメイドステークス2018 出走予定馬と展望

  5. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルデ…

  6. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る