menu
閉じる
  1. 京都大賞典 2017 予想
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. 秋華賞2016 予想
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  6. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 愛知杯 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命

 
4月15日(日)中山競馬場で行われる皐月賞2018の予想です

皐月賞は芝2000mで行われる3歳馬によるレースでありまして
クラシック3冠レース(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)の第一関門
ここで5着までに入ると次の日本ダービーへの優先出走権が与えられております
そして皐月賞は昔から「最も速い馬が勝つ」と言われてます

過去5年の勝ち馬の顔触れは
ロゴタイプ、イスラボニータ、ドゥラメンテ、ディーマジェスティ、アルアイン
ここからだとドゥラメンテが日本ダービーを勝ち2冠達成してますね
それ以外の4頭も日本ダービーでは掲示板に入っております

今年は4戦4勝無敗でここに挑むはずだったダノンプレミアムが大注目も挫跖の為に出走回避
大本命馬が出ないという事で一気にどの馬も色気を持っての戦いとなりそう

そのダノンプレミアムと一緒のレースで走りそれぞれ2着であったワグネリアンとステルヴィオ
ひとまずこの2頭が中心の人気で1番人気を競う形に
それに続くのがあの北野武氏が名付け親であるキタノコマンドール

以下、ジャンダルム、オウケンムーン、エポカドーロ、タイムフライヤーという人気順に

そんな皐月賞2018の発走時刻は15:40になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における皐月賞1~3着馬の父と母父が分かるもの
(東京施行だった11年は除く)

特に重視したいのは15年~17年の過去3年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので

昨年は9番人気のアルアイン、一昨年は8番人気のディーマジェスティ
共に人気薄が勝ち切っており一昨年は1~3着独占
15年も2頭しか出走していない中でリアルスティールが2着
これだけ見ると今年もやっぱりディープインパクト産駒に注目せざるを得ないのかなと

ディープインパクト産駒以外で馬券になった種牡馬は
ハービンジャー、ルーラーシップ、キングカメハメハ、ブラックタイド
スピードというよりはパワーもあってやや欧州色も兼ね備えるというタイプが良さそう

人気より着順が上だった馬は過去3年で7頭
アルアインとキタサンブラックの母方はスピード特化配合でしたが
残り5頭はいずれもが母方に欧州の血を持ってました
それに加えて軽めのスピードの血が有ればよりベストかなという気はしてます

17年4番人気2着 ペルシアンナイト(サンデー×ヌレイエフ)
17年12番人気3着 ダンビュライト(サンデー×Riverman)
16年3番人気2着 マカヒキ(フレンチデピュティ×Rainbow Corner)
15年3番人気1着 ドゥラメンテ(サンデー×トニービン)

あと付け加えておくならば皐月賞と同条件となる直近の中山2000m重賞では
父ノーザンダンサー系
母父ロベルト系
この系統が非常に良く走ってるので頭の片隅にいかがでしょうか
 

皐月賞2018の予想

 
馬場が重くなるのであれば
◆パワーもあってやや欧州色も兼ね備えるタイプの種牡馬
◆母方に欧州の血を持つ馬
このあたりをさらに重視してみるというのもありでしょう
 
 
◎はジェネラーレウーノにしました
父スクリーンヒーローはロベルト系で芝よりダートのほうが産駒成績は上
つまりパワーもある種牡馬でさらに父のラインを辿っていくと欧州の血にもぶち当たる
スクリーンヒーロー産駒でG1馬になったのがモーリスとゴールドアクター
モーリスの初G1勝ち安田記念は2走前条件戦1着→前走重賞1番人気1着
ゴールドアクターのG1勝ち有馬記念は2走前条件戦1着→前走重賞1番人気1着
この2頭のG1勝ちは古馬になってからでしたしポテンシャル的にも比べるなと言われそうですが
ジェネラーレウーノも2走前条件戦1着→前走重賞1番人気1着
鮮度とリズムと格を保有という臨戦過程が非常に似ているというのは魅力的なんです
ロックオブジブラルタルにStorm Catの母方はスピード型の配合ではありますが
母父自身は欧州型で母母父がスピード色豊か
という訳で血統的には過去の傾向と比べても悪くない
3走前と2走前が逃げの競馬から前走京成杯は前に馬を見る競馬で勝利
これが少頭数→多頭数でしたし道中のペースも2走前より相当厳しくなった中でのもの
つまり楽から苦をかなり感じる所でのものでの勝利は相当評価を高くしたくなります
その京成杯で耐えれた分だけ今回は逃げても番手でも良いでしょうし
新馬戦で一応差し経験もあるので4.5番手でも何とか
鞍上も人気薄の先行馬でこそG1なら恐いですし
 
 
○はジャンダルム
父Kitten’s Joyはサドラーズウェルズ~欧州ノーザンダンサー系種牡馬
父ノーザンダンサー系というのは非常に良いんじゃないでしょうか
主な産駒にはエプソムC勝ちのダッシングブレイズ
このダッシングブレイズが延長臨戦だったエプソムCで1着でしたが
その他の産駒は延長臨戦で軒並み苦戦しこの馬が延長臨戦だったホープフルSで2着するまで
2000m以上の産駒成績は【0.0.0.21】と全くダメでした
つまりこの馬はKitten’s Joyの枠にとらわれてはいけない馬
母ビリーヴはスプリントG1勝ち馬でサンデー×ダンチヒの母方はスピード特化配合なんですが
デイリー杯2歳Sで少頭数ながら内を通り間を割っての激走後に
先程触れたとおり延長臨戦の2000mのアップ戦で厳しいペースになったのにホープフルS2着
この内容がとにかく秀逸に感じるんですよね
弥生賞4番人気3着は馬体を減らしてたので蓄積の疲労は心配ですがCっぽい挙動があるだけに
再度のアップ戦で内枠なら
 
 
▲はグレイル
父は欧州色もある種牡馬ですがパワーという意味ではややズレる感
この産駒の牡馬は中山芝重賞でなかなか勝ち切れませんが重い馬場は強い傾向も
そして今回タイミング的には間隔開けての延長臨戦なんで産駒の絶好の走れるタイミングに
2走前は勝ちはしたものの直線一瞬置かれそうな感じでした
そこから前走の短縮はさすがにやはり忙しさを感じた筈だから尚更延長は絶対いいんじゃないかと
母方の配合は欧州配合ですし◎とセットで来れば狂喜乱舞(笑)
 
 
エポカドーロは父オルフェーヴルがステイゴールドの血をひくサンデー系種牡馬
産駒成績はここまで芝よりダートのほうが実はよくてパワーも感じられる
加えてメジロマックイーン~パーソロンの血内包なら欧州色もあるでしょう
産駒の枠番別成績を見ると中枠(3~5枠)の成績が良い傾向
母父フォーティナイナー系の組み合わせはラッキーライラックと同配合になります
その母父フォーティナイナーはミスプロ系で母母父シエイデイハイツはネヴァーベンド系
母父がスピード寄りで母も1200m重賞勝ち馬だけに良のほうが尚良かったと思える血統構成ですが
母母父が欧州ナスルーラの血というのは悪くないでしょう
逃げ→逃げの競馬から前走スプリングSは2番手からの競馬でしたが・・
これは実質コスモイグナーツから離れた競馬だったので2番手からの逃げの競馬みたいなもの
ここでもう少し苦を味わってれば経験としてここに活きてきそうな気はしたんですがね
 
 
サンリヴァルの父ルーラーシップはキングマンボ系種牡馬で昨年産駒のダンビュライトが3着に
ここまでルーラーシップの重賞好走例はアップ戦が多いだけにG2→G1の臨戦は魅力
そのアップ戦だったホープフルSがなかなか評価出来る一戦でして
芙蓉Sの少頭数超スローから多頭数で一気に道中のペースが厳しくなった中で番手から4角先頭で4着
楽→苦と思える中でのこの内容でしたから
但しそのホープフルSと前走弥生賞共に異なるペースでジャンダルムに2回とも差されてる
これがあるのでどうしてもジャンダルムより評価は下げざるを得なかったのでこの評価
 
 
ディープインパクト産駒2頭に関しては週初めにこの記事でも書いたように
現状の中山で軽視したら痛い目に合いそうではあり
そして2頭共に母父キングカメハメハで同配合

それぞれの見解としては
 
 
ワグネリアンは母母父がBroad Brushで祖母がブロードアピールなんでスピードとパワー色あり
父と母方の配合からして血統傾向に合ってる馬なのかなとは思います
しかもこの馬の一族は湿った馬場の成績が良好
しかしここまで4戦全て10頭以下の少頭数競馬でほぼ外を回す無難な競馬しか経験のない馬が
フルゲート割れとはいえ16頭の多頭数内枠という条件で揉まれた時にどうなのか?
そんな懸念はどうしても付き纏いますね
 
 
キタノコマンドールは母母父がNureyevなんで欧州色がより濃く出た母方の配合
そして全姉にデニムアンドルビーという事でディープでもやや重ための血統印象
祖母がフェアリードールなんでいわゆるトゥザ一族になるわけですが
この一族は不良馬場での成績が特注
ただキャリア2戦で外を通る競馬しか経験ないだけにこの枠は未知数
死のステップすみれSからでこの人気なら来たらしょうがない気も
 
 
これを見ると。。
バラけやすい馬場悪化というのがこれまでの競馬っぷりと血統的にも希望になってくる感じ
当初は軽視しようかと思ってましたがこれは直前まで馬場を見極めた上で判断します
(押さえたとしても◎からの馬連のみ、キタノコマンドールは不良のみ)
 

予想印と買い目

 
ジェネラーレウーノ
○ジャンダルム
▲グレイル
△エポカドーロ
△サンリヴァル

買い目は
◎の単
◎ー○▲△△の馬連&ワイド
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 紫苑ステークス2018 出走予定馬と展望

  2. 東海ステークス 2018 予想

  3. 金鯱賞2018 出走予定馬と展望

  4. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編

  5. 毎日杯 2018 予想 本命ユーキャンスマイルで打倒2戦2勝馬

  6. 中京記念 2018 予想 本命はロジクライ

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る