menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. 府中牝馬ステークス2016 予想
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  9. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. 大阪杯2017 出走予定馬と展望
  2. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望
  3. 高松宮記念2017 予想
  4. マーチステークス2017 予想
  5. 日経賞2017 予想
  6. 毎日杯2017 予想
  7. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  8. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  9. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  10. フラワーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

サウジアラビアロイヤルカップ2015 予想

 
土曜東京メイン・サウジアラビアロイヤルカップ2015の予想です
 
 
東京1600mの2歳重賞という訳で
レース名こそ変わってしまいましたが参考にするのは昨年行われたいちょうステークス
 
 
1着 クラリティスカイ(父クロフネ、母父スペシャルウィーク)
2着 ネオルミエール(父ネオユニヴァース、母母父Northern Dancer)
3着 ミッキーユニバース(父ネオユニヴァース、母父Last Tycoon)
 
上位3頭はサンデーの血とノーザンダンサーの血を両方持つ馬が上位独占
 
出走馬中3頭しか居なかった距離短縮馬が1・3着に
 
条件的には割とタフさが要求されるような気もします
 
 
◎はリセエンヌ
父ディープインパクトがサンデー系で母母父In The Wingsがノーザンダンサー系
前走は不利がありながらも外に持ち出すと斬れて勝利は着差以上に強い内容でした
ただ小柄な牝馬なんで輸送が気にはなるんですが・・・
母母父In The Wingsはサドラーズウェルズ系で母父Monsunはドイツ血統で母方は相当重厚
前走1800mなんで距離短縮にもなりますし条件的には向きそう
 
○はアストラエンブレム
今世代好調なダイワメジャー産駒で今世代の重賞でもここまで【0.1.3.3】
勝ち切れないまでも安定感は抜群なところをみせてます
母父はパワー型ですが母母父からの母系は重厚さもあるのでこの評価
 
▲はトウショウドラフタ
昨年のいちょうステークスはネオユニヴァース産駒が2・3着しましたが
トウショウドラフタの父アンライバルドはその父がネオユニヴァース
サドラーズウェルズ内包種牡馬という事でサンデーとノーザンの血を持つという事にもなります
新馬戦はスタートをポンと決めれてるので最内からその競馬が再び出来れば
有力視される馬が外に入ってる事もあり一角崩しに期待
 
前走のパフォーマンスはかなり高かったと思える△イモータル
父マンハッタンカフェはサンデーで母母父The Minstrelはノーザンダンサー系
前走1800mなんで距離短縮もいいんですが
マンハッタンカフェ産駒の2歳1600m重賞成績は【0.0.1.16】と不振な分この印で様子見とします
 
 
【サウジアラビアロイヤルカップ2015予想】
リセエンヌ
○アストラエンブレム
▲トウショウドラフタ
△イモータル
×マコトルーメン
×ブレイブスマッシュ
×ハレルヤボーイ
 
買い目は
◎○のワイド
◎-○▲△の3連複
◎-○▲-×××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. クイーンステークス2015 札幌1800mのデータから注目はキン…

  2. 小倉記念2015 出走予定馬と先行予想

  3. 東京スポーツ杯2歳ステークス2015 予想

  4. 秋華賞2015 期待の穴馬はロベルトの血を持つココロノアイ

  5. エニフステークス2015 予想

  6. 新潟2歳ステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 10日

カテゴリー

ページ上部へ戻る