menu
閉じる
  1. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  6. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  7. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  8. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアンジュに…
  2. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  3. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  4. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  5. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  6. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  7. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  8. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  9. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  10. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

セントウルステークス2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜阪神メインレースはセントウルステークス2016
 
 
秋の阪神開催の開幕を飾るのがセントウルステークス
G1スプリンターズステークスへ向けて最重要となるレースですね近年は
 
昨年はセントウルステークス4着だったストレイトガールがスプリンターズステークス制覇
ロードカナロアもここをステップに12・13年のスプリンターズステークスを連覇
 
今年は高松宮記念勝ち馬ビッグアーサーが出走予定
名馬同様にここをステップに春秋スプリントG1制覇を狙ってる事でしょうね
 
ちなみに勝ち馬にはスプリンターズステークスの優先出走権が与えられます
 
 
そんなセントウルステークス2016出走予定馬は14頭(全馬出走可能になっております)
 

セントウルステークス2016の出走予定馬と血統表

 
セントウルステークス2016出走予定馬
 

セントウルステークスの血統傾向

 
昨年はディープインパクト産駒が2・3着に入りましたが
基本的にはパワー型種牡馬がやや優勢か
スタチューオブリバティ、Closing Argument、アドマイヤムーン、ロージズインメイ
このあたりが馬券になってますからね
 
あとはストームキャット、ヴァイスリージェント、ダンチヒの血がよく走ってる事から
パワー型ノーザンダンサーの血を持つ馬には注目したいところ
 
母方にはパワーの血もしくは欧州ナスルーラの血を持つ馬が好相性
 
データ的には近走で凡走続きの馬は厳しく
近走(2走内)で馬券になってるまたは休み明けの馬が馬券圏内のほとんどを占めております
 

セントウルステークス2016有力馬の考察

 
ビッグアーサーはサクラバクシンオー産駒
近5年では【0.0.1.10】と不振のサクラバクシンオー産駒ではありますが
それ以前では複数馬券になっており決して相性は悪くないとは思います
そして母父がKingmamboなんでパワーの血も母方にあり
唯一の凡走が前々走でしたがこれは強烈な内伸び馬場で大外枠から外を通って伸びなかったもの
そんな特殊馬場にでもならない限り格好はつけてくれそうな気はします
 
ダンスディレクターの父アルデバラン2はミスプロ系でパワー型
今回シルクロードステークスから休み明けの臨戦になりますが
アルデバラン2産駒は総じてそんなに休み明けの成績が良くなくて特に勝率は非常に低し
実際ダンスディレクターはデビュー2戦目こそ休み明けで勝ちましたが
それ以降だと休み明けの成績は【0.2.1.2】
母母父トニービンは欧州ナスルーラ系で血統的には特に問題はなさそうですが・・
 
ネロの父ヨハネスブルグはストームキャット系でパワー型ノーザンダンサー系種牡馬
阪神1200mの産駒成績は【2.3.3.11】で複勝率42.1%
阪神1200mは初めてになりますがかなり期待出来そうな感じはします
母母父にもパワー型ノーザンダンサーのダンチヒを持ってますしね
 

セントウルステークス2016出走予定馬で気になる馬

 
ウリウリ
エイシンブルズアイ
スノードラゴン
ダンスディレクター
ネロ
ビッグアーサー
ラヴァーズポイント
 
この7頭の中で最も注目してるのがネロで次点がビッグアーサー
 
そしてこの2頭の次ならエイシンブルズアイ
父Belgraviaはミスプロ系でパワー型種牡馬
母方もSiphon×Summer Squallというパワー配合で
Summer Squallはパワー型ノーザンダンサー系
前走は案外でしたがここは間隔を開けての臨戦なんで巻き返しに期待
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. エリザベス女王杯2016 出走予定馬と展望

  2. スプリングステークス2016 出走予定馬と先行予想

  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統

  4. 中山記念2016 出走予定馬と先行予想

  5. 凱旋門賞2016 予想

  6. 毎日杯2016 予想

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

10人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る