menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. 府中牝馬ステークス2016 予想
  7. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  8. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  9. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  2. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  3. フローラステークス2017 予想
  4. マイラーズカップ2017 予想
  5. 福島牝馬ステークス2017 予想
  6. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  7. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  8. 東京スプリント2017 予想
  9. 福島牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

秋華賞2015 京都芝重賞今年は異変!?なデータ~人気馬のジャッジに影響

 
秋華賞2015の出走馬がいよいよ確定したんですが
 
 
ミッキークイーン&タッチングスピーチ(ディープインパクト産駒)
 
レッツゴードンキ&トーセンビクトリー(キングカメハメハ産駒)
 
人気の中心を担うのがディープインパクトVSキングカメハメハという構図に今年はなりそう
 
 
両産駒ともG1実績は抜群もとい秋華賞での実績も十分でして
 
 
【ディープインパクト産駒】
 
14年1着 ショウナンパンドラ
13年2着 スマートレイアー
12年1着 ジェンティルドンナ
12年2着 ヴィルシーナ
 
【キングカメハメハ産駒】
 
14年3着 タガノエトワール
12年3着 アロマティコ
10年1着 アパパネ
 
このように過去複数馬券になっております
 
 
そして問題はここから
 
ディープインパクト産駒 【11.5.4.26】 勝率23.9% 連対率34.8% 複勝率43.5%
 
キングカメハメハ産駒 【0.0.3.12】 勝率0% 連対率0% 複勝率20%
 
この数字は昨年(14年)一年間の京都芝重賞における両産駒の成績
 
まあディープインパクト産駒の物凄さが分かるデータですよね
数字通りにディープ産駒(ショウナンパンドラ)が勝ちキンカメ産駒(タガノエトワール)が3着でした
 
じゃあ今年はここまでどうなん!?って事になるんですが
 
 
ディープインパクト産駒 【1.3.3.20】 勝率3.7% 連対率14.8% 複勝率25.9%
 
キングカメハメハ産駒 【3.1.0.12】 勝率18.8% 連対率25.0% 複勝率25.0%
 
この数字が今年(15年)一年間の京都芝重賞における両産駒の成績
 
昨年と比べるとディープインパクト産駒が明らかに成績が悪くなってるのに対して
キングカメハメハ産駒は昨年未勝利から今年は既に3勝
 
先週の京都大賞典なんかはこのデータを如実に表してるかのような結果でありまして
勝ったラブリーデイがキングカメハメハ産駒で4着に敗れたラキシスがディープインパクト産駒でした
 
 
この流れからいけば
 
ミッキークイーン&タッチングスピーチ(ディープインパクト産駒)の2頭よりは
 
レッツゴードンキ&トーセンビクトリー(キングカメハメハ産駒)の2頭を上に取りたい
 
 
そんな事を考えさせられるのが現時点での人気馬のジャッジです
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 富士ステークス2015 予想

  2. BSN賞2015 予想

  3. ジャパンカップ2015 出走予定馬と先行予想

  4. 富士ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  5. 白山大賞典2015 予想

  6. 釜山ステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 16日
  2. 2015年 10月 16日
    トラックバック:少年は競馬場で推理する
  3. 2015年 10月 16日
  4. 2015年 10月 17日
  5. 2015年 10月 18日

カテゴリー

ページ上部へ戻る