menu
閉じる
  1. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. チャンピオンズカップ2016 予想
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  7. 京都大賞典 2017 予想
  8. 秋華賞2016 予想
  9. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  10. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  3. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  4. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  5. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  6. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  7. オークス2018 出走予定馬と展望
  8. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
  9. 京王杯スプリングカップ 2018 予想 結果的に本命は超穴馬に!
  10. ヴィクトリアマイル 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

シルクロードステークス 2018 予想

 
1月28日(日)京都競馬場で行われるシルクロードステークス2018の予想です

シルクロードステークスは1200mで行われる古馬におけるハンデキャップ重賞
3月に行われるG1レース高松宮記念のステップレースの側面があるのも特徴ですかね

昨年はここで2着だったセイウンコウセイが勢いそのままに次走高松宮記念で勝利
12年ロードカナロア、08年ファイングレインもここを勝ち高松宮記念を制しております
ストレイトガール、ドリームバレンチノといった勝ち馬も好走しており
このレースの好走馬はそれなりに次のG1で非常に期待されるような傾向

あと当レースは11年~16年まで毎年10番人気以下が馬券になり波乱を演出
15年~17年の過去3年でも1番人気馬は馬券に絡んでおらず荒れるイメージが強いのも特徴

最終的に1番人気はアレスバローズとダイアナヘイローが争う形になるのか?
以下の人気はファインニードル、カラクレナイ、ナックビーナス、セイウンコウセイの順に

そんなシルクロードステークス2018の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年におけるシルクロードステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

母父ミスプロ系が上位独占した13年あたりから米国血統馬の活躍が目立ってますね
17年は1~3着馬、16年は1.3着馬、15年は1.2着馬がいずれもミスプロ系種牡馬
15年3着 セイコーライコウ
14年3着 リトルゲルダ
単勝2ケタ人気で穴を開けたこの2頭も父が米国型種牡馬でしたからね
このあたりはスピードもそうですがパワーの重要性もあると思わせるような結果かと

母方で注目すべき血もミスプロとダンチヒの血ですので
父も含めてこのレースは米国血統を中心にという考え方になりますね過去傾向からだと

臨戦的にはやはり前走淀短距離ステークス組が主流ステップ
特に近3年だと【1.3.2.7】と勝ち切れてませんが連対率30.8%複勝率46.2%
その前の7年間が【1.2.2.22】だった事を思えばこれは目を向けざるを得ない感じ
 

シルクロードステークス2018の予想

 
◎はミッキーラブソングにしました
父キングカメハメハがミスプロ系種牡馬で母父フジキセキは父としてこのレースで活躍
2走前と前走は大きく道中のペースが変わった訳ではないものの
2走前差しから前走は4番手先行1着とやや苦経験と思えるところで頑張りました
スプリント重賞はリズム重視でいきたいですからこの経験が重賞でも生きればなあと
ずっと不振だったのは馬体減の影響だったと仮定すれば近走良かった頃に戻してきてる
そう捉えれば連続好走が全然あってもいいのかなと。。むろんこの人気ですし
元々キングカメハメハ産駒は1~3月のこの時期の重賞成績が最も良いですしね

○はグレイトチャーター
サクラバクシンオー産駒はこのレースで率こそ悪いものの複数馬券になっている種牡馬
Giant’s Causeway×Seeking the Goldの母方米国配合が影響してるのか?
この馬はバクシンオーでも馬力も兼ね備えるタイプで高速ではない現状の馬場も悪くないかと
前走淀短距離組で1200m重賞も初なら期待しかありません

▲はカラクレナイ
欧州ノーザンダンサー系であるローエングリン産駒なんで傾向とはズレますが・・
基本的にローエングリンは短縮臨戦でこその種牡馬
だから前走は延長でどうなん?と思いましたが復帰後ようやく見るべき所はあったかと
今回はそこから短縮になりますし出走馬唯一の1600m臨戦馬
母母父Unbridledがミスプロ系は○
母父アグネスタキオンで間隔が詰まってるのはマイナスですが1200m重賞初ですので

あとはバラバラと印打ってますが最終的にはこの3頭に絞って買うかもしれません
 

予想印と買い目

 
ミッキーラブソング
○グレイトチャーター
▲カラクレナイ
△ファインニードル
△アレスバローズ
△アットザシーサイド
△セカンドテーブル

買い目は
◎の単複
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△△△△の馬連
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 桜花賞 2018 予想 リリーノーブル本命で相手絞って勝負

  2. 中山牝馬ステークス 2018 予想 重めの馬場ならサムソン産駒に…

  3. 大阪杯 2018 予想 穴馬ウインブライト本命で一発期待

  4. 中山記念 2018 予想

  5. 中山金杯 2018 予想

  6. クイーンカップ 2018 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る