menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  4. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  5. クイーンカップ 2018 予想
  6. 愛知杯 2018 予想
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  9. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. お知らせです
  2. エルムステークス 2018 予想 本命はリッカルド
  3. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン
  4. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ
  5. 小倉記念 2018 予想 本命はサトノクロニクル
  6. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル
  7. アイビスサマーダッシュ 2018 予想 本命はラインスピリット
  8. アイビスサマーダッシュ2018 出走予定馬と展望
  9. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018
  10. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

シルクロードステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都メインレースはシルクロードステークス2017
 
 
シルクロードステークスは1200mで行われる古馬におけるハンデ戦
3月に行われるG1レース高松宮記念のステップレースの側面があるのもシルクロードステークス
 
12年ロードカナロア、08年ファイングレイン
近年ではこの2頭がシルクロードステークスを勝ち高松宮記念を制しております
ストレイトガール、ドリームバレンチノもここを勝ち高松宮記念で馬券になっており
勝ち馬に関しては次の高松宮記念で好走が非常に期待されるような傾向
 
昨年なんかはダンスディレクターが勝ちましたが残念ながら高松宮記念は回避
今年はどの馬が勝ち次に弾みをつけるのでしょうか!?
 
注目は前走京阪杯で初重賞制覇を飾ったネロ
今回のシルクロードステークスと全く同じ舞台(京都1200m)で圧勝でしたからね
 
あとは毎年のように10番人気以下が馬券になり波乱を演出してるのもレースの特徴
昨年までこれは6年連続なんで人気薄にも十分注意を払っていきたいレース
 

シルクロードステークス2017の出走予定馬と血統表

 

シルクロードステークス2017出走予定馬は14頭(全馬出走可能になっております)
 

シルクロードステークスの血統傾向

 
母父ミスプロ系が上位独占した13年あたりから米国血統を持つ馬の活躍が目立ってますね
昨年は1・3着馬がミスプロ系種牡馬
一昨年も1・2着馬がミスプロ系種牡馬で3着馬の父がヴァイスリージェント系のクロフネ
14年も3着に入り穴を開けたリトルゲルダが米国産馬
このあたりはスピードもそうですがパワーの重要性もあると思わせるような結果
 
母方で注目すべきはミスプロとダンチヒの血
 
臨戦的にはやはり前走淀短距離ステークス組が主流ステップ
同距離臨戦でアップ戦になるので前走人気より走って馬券になった馬よりは
凡走した馬の巻き返しのほうに期待したい気も
 

シルクロードステークス2017有力馬の考察

 
ネロの父はヨハネスブルグでストームキャット系で米国血統
しかも母母父がダンチヒなんで血統的にはいいですね
ただ前走は重馬場の中で2番人気1着
スプリンターズステークスもセントウルステークスもかなり力を出し切った感はあり
ちょっと疲労に関しては非常に気にはなるんですが・・・
 
ソルヴェイグはダイワメジャー産駒なんでサンデー系種牡馬
母方のジャングルポケット×Caerleonは欧州配合で近親のソルジャーズソングがこのレース2着
鮮度に対してのカードは結構使ってしまってますが
前走G1スプリンターズS9番人気3着から今回間隔を開けたのは疲労ストレス的には良さそう
 
ダンスディレクターの父はアルデバラン2でミスプロ系種牡馬
近走を見れば昨年より明らかに勢いは失ってきてはいますがねえ・・
それでも前走・前々走はG2戦で4着にまとめてはいます
今回短縮臨戦になりますが自身短縮臨戦は【2.2.0.0】
 

シルクロードステークス2017出走予定馬で気になる馬

 
アースソニック
セカンドテーブル
ソルヴェイグ
ネロ
ヒルノデイバロー
ブランボヌール
 
この6頭の中で最も注目してるのがヒルノデイバローで次点がネロ
 
ヒルノデイバローの父はマンハッタンカフェなんでサンデー系種牡馬
冬の京都重賞特注のマンハッタンカフェでありますしこのレースでも実績あり
母父Go for Ginはリボー系ですがケンタッキーダービーの勝ち馬
母母父Cox’s Ridgeもアメリカで走った馬だけに母方の米国色は濃いと言っても良さそう
ネロ・ソルヴェイグと人気馬が前に行く馬で圧が前に掛かれば一発あってもいいかなと
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想

  2. ダイヤモンドステークス2017 予想

  3. 青葉賞2017 予想

  4. 京王杯スプリングカップ2017 予想

  5. 【2歳戦予想考察】今年の2歳種牡馬成績を昨年の成績と比較!注目種…

  6. カペラステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る