menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  8. 秋華賞2016 予想
  9. 府中牝馬ステークス2016 予想
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 日経賞2017 予想
  2. 毎日杯2017 予想
  3. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  4. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  5. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  6. フラワーカップ2017 予想
  7. スプリングステークス2017 予想
  8. 阪神大賞典2017 予想
  9. ファルコンステークス2017 予想
  10. スプリングステークス2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

シルクロードステークス2016 ビッグアーサーに死角あり!?~サクラバクシンオー産駒の血統データ~

 
今週京都メインのシルクロードステークス2016
そこでおそらく一本被りの人気になるであろう馬がビッグアーサー
 
この馬はサクラバクシンオー産駒なんですが
直近のシルクロードステークスで
サクラバクシンオー産駒は12年・13年と2年連続で馬券になってますが
過去5年の産駒成績は【0.2.0.18】と相性的にはそれほどでもありません
 
ただこれまでの出走馬と比べると
ここまでレベルの高いバクシンオー産駒の出走は初めて
と言ってもいいのが難しいところではあり・・
 
 
水無月S(1600万)1着→北九州記念2着→オパールS(OP)1着→京阪杯2着→阪神C(G2)3着
 
そして近5走のビッグアーサーの成績がこれなんですが
UP→すなわち格上げのレースで着順を落とし
DOWN→格が落ちたレースで着を上げてるんです
 
という事は今回シルクロードステークスはG3なんで前走G2から格落ちのレースという事に
つまりDOWNになるんでしっかり反応しそうな気はしますね
 
しかしやや気になる点はずっとここまで使い詰めで走ってるという事
 

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
10~25週 6- 3- 7- 49/ 65 9.2% 13.8% 24.6% 43 74
半年以上 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
初出走他 0- 0- 0- 0/ 0
不明・他 0- 0- 0- 0/ 0
明け2戦 1- 5- 2- 31/ 39 2.6% 15.4% 20.5% 18 42
明け3戦 4- 1- 3- 26/ 34 11.8% 14.7% 23.5% 96 57
明け4戦 3- 3- 2- 25/ 33 9.1% 18.2% 24.2% 81 54
明け5戦 0- 1- 3- 19/ 23 0.0% 4.3% 17.4% 0 68
明け6~ 4- 2- 1- 62/ 69 5.8% 8.7% 10.1% 49 33

集計期間:1998.12.26 ~ 2015.11.29
 
 
このデータはサクラバクシンオー産駒の1200m重賞における
休み明け、長期休み明け、休み明け○戦目、それぞれに対しての成績をまとめたもの
 
今回TARGETでの定義としてはビッグアーサーは休み明け6戦目に該当
4勝してるとはいえ
基本使い詰め(特に5戦目以降)になると成績は落ちているというのが現状でしょうか
 
人気とのバランスで印を打つなら◎はちょっと考えられないかな?
というのが現時点での認識です
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ニュージーランドトロフィー2016 予想

  2. 川崎記念2016 予想

  3. 東京スポーツ杯2歳ステークス2016 予想

  4. チャレンジカップ2016 予想

  5. 中山牝馬ステークス2016 予想

  6. 天皇賞春2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る