menu
閉じる
  1. エプソムカップ2016 予想
  2. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  3. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  4. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. オールカマー 2017 予想
  2. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  3. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  4. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  5. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  6. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  7. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  8. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  9. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  10. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スパーキングレディーカップ2016 予想

 
7月6日(水)川崎競馬場ダート1600mで行われるスパーキングレディーカップ2016の予想です
 
 
今年のスパーキングレディーカップでありますが出走馬10頭中3頭がJRA所属馬
前売りオッズでもやはりこの3頭が売れてますがオッズ的には4強
 
ヴィータアレグリア、タイニーダンサー、ブルーチッパー、ホワイトフーガ
この4頭が上位人気で拮抗しておりそこに地方馬ブルーチッパーも入ってるという情勢
 
まあ普通にこの4頭の中から好走馬は出そうではありますが・・
 
そんなスパーキングレディーカップ2016の発走時刻は20:10になっております
 

スパーキングレディーカップ2016の見解

 
Roman Ruler(ミスプロ系)×Phone Trickという米国配合のサウンドガガが2年連続で馬券に
一昨年2着馬もケイムホーム×ティンバーカントリーというミスプロ配合でしたし
米国色の強いスピード血統が有利になりそうではあります
サウンドガガは1200mからの臨戦でしたしね
 
そしてサンデー系種牡馬は昨年3着・3年前3着と勝ち切れてないのも特徴
 

スパーキングレディーカップ2016の予想

 
◎はタイニーダンサーにしました
父はミスプロ系のサウスヴィグラスなんでスピード血統
母父アサティス自身は欧州で走ったノーザンダンサー系ですが血筋はバリバリの米国血統
そんな馬が2100m→1600mの短縮臨戦なら古馬相手でも期待がもてそう
というのもサウスヴィグラス産駒は短縮臨戦の期待値が高くて
それが大幅短縮なら尚更というデータも
自身もエーデルワイス賞が1600m→1200mで反応出来てましたしね
 
○はホワイトフーガ
父クロフネはヴァイスリージェント系なんで米国血統
前走1400mで先行出来なかった馬が今回延長臨戦でさらに牝馬限定と苦→楽が見え見え
ポイントは58㎏の斤量になってくるかと
 
△はブルーチッパー
ボーナスフィーバー×Tiznowという配合は米国配合
2走前のように逃げられれば前残り一考
 
×ヴィータアレグリアはネオユニヴァース産駒なんでサンデー系
今回は前走と同じ距離なんですが明らかに前走は楽だったのがどうか?
まああんまり変わらんような感じもしますが・・サンデー系ですしやや評価を落としました
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都牝馬ステークス2016 出走予定馬と先行予想

  2. 香港スプリント2016 予想

  3. 京成杯オータムハンデ2016 予想

  4. 七夕賞2016 出走予定馬と展望

  5. 川崎記念2016 予想

  6. NHKマイルカップ2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る