menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  9. 有馬記念2015 予想
  10. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2018 出走予定馬と展望
  2. ユニコーンステークス 2018 予想 本命は複勝率100%データも後押…
  3. 函館スプリントステークス 2018 予想 アドマイヤゴッド本命で穴狙い…
  4. 天保山SにHTB杯など2018年6月16日土曜の競馬予想
  5. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2018 出走予定馬と展望
  7. マーメイドステークス 2018 予想 ヴァフラームの持つ欧州血統に期待…
  8. エプソムカップ 2018 予想 重い馬場想定で印は決めました
  9. アハルテケSに安芸Sなど2018年6月9日土曜の競馬予想
  10. 【エプソムC&マーメイドS2018】 重馬場で浮上しそうな種牡馬
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スプリングステークス2016 予想

 
 
3月20日(日)中山競馬場1800mで行われるスプリングステークス2016の予想です
 

スプリングステークスの見解

路盤改修後初めて行われた昨年は2・3着がディープインパクト産駒でした
そのいずれも(リアルスティール・ダノンプラチナ)が母方がパワー配合
 
そんなディープインパクト産駒は改修後の中山1800m重賞は【0.2.3.5】で複勝率50%
1800m以下だと勝ち切れないデータはあるものの改修前よりは明らかに走れるようになってます
 

スプリングステークスの予想

◎はマウントロブソン
ディープインパクト産駒ですし勝ち切れないまでも2・3着ならありかと
母方はMr. Greeley×Classic Go Goでパワー配合
母ミスパスカリはクロフネの半妹にあたりますし昨年の2・3着馬に通じるものも
 
○はミッキーロケット
キングカメハメハ産駒も改修後の中山重賞は好調でして
特に2000m以下だとほぼ2頭に1頭は馬券になってます(複勝率46.2%)
 
▲はロードクエスト
マツリダゴッホは2000mを超えるとガクンと成績が落ちる産駒傾向なんで
前走2000mから1800mになるのはプラス材料でしょう
昨年は1・3着馬が母方にボールドルーラーの血を持ってましたが
同馬は父母父さらに4代母方ではありますがボールドルーラーの血を兼備
 

スプリングステークスの予想印と買い目

マウントロブソン
○ミッキーロケット
▲ロードクエスト
△ハレルヤボーイ
×プランスシャルマン
×ドレッドノータス
 
買い目は
◎ー○のワイド
◎←○▲の馬単
◎ー○▲△の3連複
◎○ー××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. エーデルワイス賞2016 予想

  2. オークス2016 血統オカルト?データ~桜花賞馬不在の年

  3. スパーキングレディーカップ2016 予想

  4. レパードステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 京成杯オータムハンデ2016 予想

  6. 札幌2歳ステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る