menu
閉じる
  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. 京都大賞典2016 予想
  3. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  6. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  7. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  8. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  2. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  5. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  6. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  7. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  8. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  9. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スプリングステークス 2018 予想 鞍上デムーロのルーカス本命

 
3月18日(日)中山競馬場で行われるスプリングステークス2018の予想です

スプリングステークスは芝1800mで行われる3歳限定重賞でありまして
3着までに入ると皐月賞への優先出走権が与えられるレース

ネオユニヴァース、メイショウサムソン、アンライバルド、オルフェーヴル、ロゴタイプ
2000年以降ではこれらの勝ち馬5頭が後に皐月賞を制覇しており
先日行われた弥生賞と同じくらい最重要皐月賞トライアルと言ってもいいでしょう

そして一昨年まで11年連続で1番人気馬が馬券に絡んでおりましたが
昨年の1番人気サトノアレスが4着に敗れた事によりそれもストップ

そんな1番人気に今年推されてるのがステルヴィオ
朝日杯FSにサウジアラビアロイヤルCはダノンプレミアムの2着と相手も悪かったか
今回は堂々と受けて立つ立場に変わってどんな走りを見せてくれるのか!?

以下エポカドーロ、ルーカス、ゴーフォザサミット、ハッピーグリンという人気順に

そんなスプリングステークス2018の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年におけるスプリングステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
(阪神施行だった11年は除く)

特に重視したいのは15年~17年の過去3年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので

17年5番人気1着 ウインブライト(母方アドマイヤコジーン×ジェイドロバリー)
17年6番人気3着 プラチナヴォイス(父エンパイアメーカー、母母父Woodman)
16年4番人気1着 マウントロブソン(母方Mr. Greeley×Classic Go Go)
16年5番人気2着 マイネルハニー(母方ナリタブライアン×ノーザンデイクテイター)

これら人気より着順が上だった馬は割と特徴があるように思えます
それは米国志向=パワーとスピードが強調された血を携えていたという点
人気で走ったアウトライアーズ、リアルスティール、ダノンプラチナもそうでありますし
配合的にこのパワーの血は重要になってくるのかなと
特に母方に持つ馬に注目したいですし、母方に持たないようなら父でカバーといった感じ

あとキタサンブラックなんかは米国志向は薄いものの父ブラックタイドがサンデーのパワー寄り
そして母方はサクラバクシンオー×ジヤツジアンジエルーチでスピード特化

とにかく偏った配合馬がここでは狙ってみて面白いのではないかと

あとは17年3着プラチナヴォイスを除いて馬券圏内は全てサンデー系種牡馬

ウインブライト
アウトライアーズ
マウントロブソン
マイネルハニー
キタサンブラック

その中でもこれらのサンデー系種牡馬は前走500万条件1着且つ初重賞
リズムもあり鮮度もある馬がサンデー系種牡馬では要注意になりそう
 

スプリングステークス2018の予想

 
もう一つポイントに上げるなら逃げそうなコスモイグナーツの存在

共同通信杯6番人気1着 オウケンムーン(父オウケンブルースリ、母父エリシオ)
京成杯6番人気3着 イェッツト(父カンパニー)

そのコスモイグナーツが走った重賞で人気以上に走ったこの2頭
共にグレイソヴリンの血を持ってました
しかもカンパニーはサドラーズウェルズ内包で
エリシオの父フェアリーキングがサドラーズウェルズの全弟

この2つの血=タフな欧州血統を持つ馬が結果を出しやすくなるレースの流れになるか?
 
 
◎はルーカスにしました
父スクリーンヒーローがロベルト系種牡馬
産駒の一流馬は芝で活躍する馬がほとんどですが全体的には芝よりダートが若干成績が上
このあたりはロベルト系らしくパワーの強調もあるでしょう
そして母父カーネギーがサドラーズウェルズ系
東京スポーツ杯2歳Sはラップだけ見ると流れてますが
この馬はかなり離れての後方からの追走という事で見た目のラップよりはかなり緩かった
そしてそこから延長のホープフルSは道中のペースがタイトに流れる中で先行
2走前から比べるとかなり苦に感じる場面であったので6着なら踏ん張った方かと
G1からのダウン戦になる今回は間隔開けてても前走よりは楽に感じれそうですし
賞金的にも本番微妙ならここは仕上げてきてるとも思うので
 
 
○はステルヴィオ
父ロードカナロアで母方はサンデー×トウショウボーイならスピード特化に偏り気味
母父ファルブラヴの父フェアリーキングがサドラーズウェルズの全弟
この母父は割とマイルに特化した成績になってますが
父になると産駒は中山非根幹重賞は得意としてましたしこの1800mという距離が好成績
(実際昨日のフラワーCでも母父ファルブラヴだったトーセンブレスが2着)
近2走はダノンプレミアムが前で圧を掛けてた分だけ差しやすかった可能性も
今回は1番人気で受けて立つ立場でどこまで同じように差し込めるか!?
他に今回いいと思える穴馬が見出せなかったのでこの印になりましたが
対抗という印よりは評価はあまりしていません(笑)
 
 
▲はゴーフォザサミット
父ハーツクライがサンデー系でグレイソヴリン内包種牡馬
リズムと鮮度という点ではもう一つですがグレイソヴリンの血と
母父Storm Cat=米国血統を持っているという所を評価してみました
 
 
△はレノヴァール
父はサンデー系種牡馬でグレイソヴリンの血を内包
サンデー系種牡馬で前走500万条件1着且つ初重賞=リズムもあり鮮度もある馬
母父がミスプロ系なんで米国型でパワーを強調
 
 
ビッグスモーキーは父キングカメハメハに母父Smoke Glackenがミスプロ系
配合的にはパワーが強調されていて実際ダート勝ち鞍があり
前走芝替わりのショックを決めた後でそのレースもきつくなくどうかな?とも思いますが
2200mからという異端臨戦で人気がないので
 
 
父ローエングリンがサドラーズウェルズ系の×ハッピーグリン
 
 
ロージズインメイ×ブライアンズタイムの母方はパワーに特化した配合
祖母はフラワーC、近親には京成杯・弥生賞とこの時期の中山重賞で活躍した馬が居る血筋
内枠ならもう少し評価を高めたかった×マイネルファンロン
 

予想印と買い目

 
ルーカス
○ステルヴィオ
▲ゴーフォザサミット
△レノヴァール
△ビッグスモーキー
×ハッピーグリン
×マイネルファンロン

買い目は
◎の単
◎→○の馬単
◎ー▲の馬連
◎ー▲△△のワイド
(◎○ー▲△△××の3連複)
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定

  2. 東京新聞杯2018 出走予定馬と展望

  3. 共同通信杯2018 出走予定馬と展望

  4. マーチステークス 2018 予想 カネヒキリ産駒ロンドンタウンを…

  5. アメリカジョッキークラブカップ 2018 予想

  6. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

9人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る