menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. 愛知杯 2018 予想
  7. クイーンカップ 2018 予想
  8. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  9. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スプリンターズステークス 2018 全頭考察

 
今週のG1レースは中山競馬場芝1200mで行われるスプリンターズステークス2018

いよいよここから秋のG1シリーズがスタート
スプリント~マイルG1というのは個人的には苦手意識があるんですが・・

ここでは出走馬1頭1頭の全頭考察これを各馬五十音順にしていきます

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 

過去のスプリンターズステークスから見えてきたポイント

 

これは過去10年におけるスプリンターズステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
(14年は新潟施行の為に割愛)
 
 
中山競馬場は14年春以降に路盤改修工事が行われ
そこから血統傾向に変化が見られるようになってるので参考にするのは15年以降の3年間


 
こんな事を2年前の高松宮記念前に呟いてましたが
今回のテーマはまさにこれでありまして

1200mG1を初めて使う馬または2度目の1200mG1を使う馬

17年3着 ワンスインナムーン(2度目)
16年1着 レッドファルクス(初)
16年3着 ソルヴェイグ(初)
15年3着 ウキヨノカゼ(初)

近3年を見ても毎年1頭は馬券に絡んで来てますから
G1に対しての鮮度がある馬というのを積極的に狙っていこうかなと
 
 
17年5番人気2着 レッツゴードンキ
17年7番人気3着 ワンスインナムーン
16年3番人気1着 レッドファルクス
16年9番人気3着 ソルヴェイグ
15年11番人気2着 サクラゴスペル
15年9番人気3着 ウキヨノカゼ

そして血統の最大な特徴はこれら人気以上に走って馬券になった馬ですが
父がミスプロ系かサンデー系であるという事でしょう
人気で走ったミッキーアイルにストレイトガールもサンデー系でした

改修前はノーザンダンサー系種牡馬の活躍が非常に目立ってましたが
改修後は【0.0.0.7】でその中には上位人気馬も含まれてました

ノーザンダンサー系というのはまあ馬力やスタミナに長けているという捉え方ですが
ミスプロやサンデーというのはそれとはベクトルが逆でスピード寄りかと

つまりこれは改修後はスピード寄りにシフトしてきたという一つの証明とも言えそう

ここには先に挙げたG1鮮度があった馬が全て含まれています
 
 
母方は基本的に米国志向の強い血を持つ馬の好走が目に付きますが
欧州ノーザンダンサーの血を持つ馬が3年連続で3着に食い込んできてるのも注目
 

出走予定馬の考察

アレスバローズ

ディープインパクト産駒は2年前にミッキーアイルが2番人気2着
サンデー系種牡馬に母方は欧州×米国のバランス型配合
母父トニービンだとカレンチャンとコパノリチャードが前走勝利から1200mG1制覇
ただ同じ母父トニービンでもアルティマトゥーレは前走勝利から凡走
果たしてこの馬はどっちに出るのかあ??
2走前は外から、前走は内からと違う形での勝ち方で連勝中
勿論その為に疲労は当然心配ですが・・
最高のリズムにこの父と母父であるならば
それを相殺して1200m初G1で一気にの期待も
 

キャンベルジュニア

父Encosta De Lagoはフェアリーキングの系統で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
2010年の勝ち馬であるウルトラファンタジーと同じ父ですがこれは改修前
1200m初G1というのには惹かれますが傾向的には割引になるのかなと
母方はオーストラリアのスプリンター配合
この母方という事もあってか前走で1200mに適応出来てました
改修前なら間違いなく重い印候補だったでしょうが・・・
 

スノードラゴン

父アドマイヤコジーンはカロ~グレイソヴリンの系統なんで欧州色があるものの
父の父コジーンが米国で活躍しノーザンテースト~プリンスリーギフトという
スピードに長けた血を内包してる分だけややスピードに勝ったグレイソヴリン系
母方タヤスツヨシもカロ~グレイソヴリン内包で母母父も欧州ナスルーラ
成績が示す通り重い印象で昨年4着もそこまで合ってる舞台とは思えませんが
 

セイウンコウセイ

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系
4頭出走するアドマイヤムーンの中で母方は最も欧州色は薄い印象
つまり米国色が色濃いですかね
前走は逃げてしかも2走前から200m短縮でとかなり楽に感じたはずの勝利
もう一丁があるなら再度逃げの手を打つしかないか?
 

ダイメイプリンセス

父はキングヘイローでダンシングブレーヴの血を引く欧州ノーザンダンサー系
まあ改修前ならなあというのが第一印象
母方もダンスインザダークにStorm Birdならやや重たいイメージ
1200mG1はこれが初めてですが血統的には傾向とは真逆
字面とは違ってスピードがあるのは十分承知はしてるんですよ
まあ傾向を超えてくるような馬であれば仕方ないと割り切るしかないか
 

ティーハーフ

父ストーミングホームはミスプロ系種牡馬
母方はダンチヒ系×ボールドルーラー系でスピード型か
1200mG15度目のチャレンジもG1鮮度は感じられず
リズムも悪いので厳しいと言わざるを得ない
次ダウン京都1200mあたりを使ってくればそこで・・
 

ナックビーナス

父ダイワメジャーはサンデー系種牡馬
More Than ReadyにPine Bluffの母方は米国色に長けた配合
1200mG12度目であった高松宮記念で3着に激走し前走で重賞初V
現在充実期を迎えつつある中でしかも鞍上モレイラでここに参戦
そんな前走キーンランドカップは逃げの競馬でしたが
カーバンクル→シルクロード
キーンランド→東京盃
逃げた後のレースでは共に凡走しているので
そういった意味では楽した後でどうか?
ただその時とは違って充実期っぽいなら吹き飛ばしてまうんかな
 

ヒルノデイバロー

父マンハッタンカフェはサンデー系種牡馬
Go for GinにCox’s Ridgeの母方は米国配合
1200mG13度目でG1鮮度は乏しいし前走2秒負けからのアップ戦
厳しい印象しかありませんが・・
差しに回らず同馬の好走パターンのある程度の位置は取りたい所
 

ファインニードル

昨年のこのレースの本命馬
見事な逆神ぶり!!その後の活躍はご承知の通りでございますね(笑)

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
母方Mark of Esteem×Royal Academyは欧州配合
そりゃあ本命打つと思いますわ(笑)
昨年はセントウルS1着からの臨戦だったんですが
実は過去10年でセントウルS1着→スプリンターズSの臨戦馬は【0.1.1.7】
同距離G2からの臨戦になるんで疲れを残しやすいのかと考えてみたくはなる
ロードカナロアもストレイトガールもセントウルSを軽く負けてからの臨戦でしたし
今年もセントウルS1着からの臨戦
内から抜けたシルクロードS→高松宮記念連勝というのがあるので
さほど気にし過ぎない方がいいとは思うんですが・・
 

ムーンクエイク

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
Halling×Fairy Kingの母方は欧州配合でFairy Kingが欧州ノーザンダンサー系
つまり人気以上に走れる期待が持てる血統構成馬と考えてます
今年の出走馬で2頭しか居ないG1に次ぐ格のレース=G2を勝ってる馬
今回はアップ戦ですがアップ戦では【2.1.0.2】
しかもクラスが上がるに連れてアップへの対応を感じさせてはくれてます
フロアクラフト、ホーカーテンペスト、バウンスシャッセ
兄姉を見るとやっぱり1200mはベストではないかもしれません
前走も初1200mで後ろからで1秒負けてますしね
ただ一縷の望みは使った事によって位置取りをもう少し上げられないかなと
これはジョッキー込みでの考えですね
 

ラインスピリット

父スウェプトオーヴァーボードはミスプロ系種牡馬
トニービン×マルゼンスキーの母方は欧州配合で
マルゼンスキーが欧州ノーザンダンサー系
字面だけ見れば3着候補の香りはプンプン
1200mG13度目でG1鮮度は乏しいですが鞍上強化は魅力的すぎる
自分の競馬が出来なかった高松宮記念以外は今年ずっといい競馬が出来ている
過去2走◎打ってるのでこれに来られると最も悔いが残りそうなので買い宣言!
 

ラッキーバブルズ

父Sebringはいわゆる主流とはズレたハンプトン系で異系の欧州血統
母方Hussonet×カーリアンはミスプロ×ニジンスキー系でバランス型


これがYouTubeから拾ってきた同馬の過去5レースのレース映像

これを見た印象としてはトップスピードに乗るのが時間が掛かるかなと
つまりややズブい感じでこのあたりは欧州血統の父が出てる気もしました
5走前香港スプリントが内からじわじわと伸びて4着
ただこれ以降が前走こそ3着も少頭数で奮わないレース続き
香港スプリントがアップ戦だったのでC質もあるかと思いましたが・・
改修後スピード寄りにシフトしてきてるなら厳しいか
 

ラブカンプー

父ショウナンカンプはサクラバクシンオーの血をひくという事もあり
スピードタイプのナスルーラ系種牡馬
産駒は改修後の中山コースでは勝ち切れない傾向
(改修前にNZTでショウナンカンプのワンツーフィニッシュあり)
マイネルラヴ×タヤスレミグランの母方はミスプロ×欧州ノーザンダンサー配合
全体的な血統バランスは割といいのかなという気はしてます
あと母父マイネルラヴはこの馬自身も走ってるように内枠特注
Sを付加するデムーロが乗らないというのはリズムが崩れる可能性も
 

レッツゴードンキ

父キングカメハメハはミスプロ系で母母父ジェイドロバリーもミスプロ系
今年はキーンランドカップ2番人気5着からの臨戦
この馬の凡走後から好走するパターンは何かしらの距離変更ショック時
それを考えると今回は同距離臨戦になるので巻き返しは果たして効くのか?
正直掴み辛い馬ではあります
 

レッドファルクス

父スウェプトオーヴァーボードはミスプロ系種牡馬
母方はサンデーにAffirmedなら米国志向が強めの配合
さすがに昨年&一昨年の臨戦と比べると今年はリズムこそ落ちますが
速い上がりは使えてるのでそこまで一気に落ちたという感じはしません
まして今回間隔を開けてリフレッシュされてて
この相手に人気落ちと異端が拾えそうであればと思ってましたが・・
デムーロから戸崎へのスイッチは痛恨!
 

ワンスインナムーン

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
母父ミスプロ系×母母父欧州ノーザンダンサー系の母方の配合はバランス型
朱鷺S逃げ切り1着からの臨戦は昨年3着時と全く同じ
ただ昨年は1600万からアップ戦の朱鷺Sという臨戦過程で1200mG12度目
今年は海外遠征後リズムを崩した後でのダウン戦で1200mG14度目(国内は3度目)
臨戦の中身は違うと思うんで今年はダウンに反応後でどうでしょうかねえ
 

最後に注目馬をどうぞ

 
これを踏まえて現時点で
”穴っぽいところ”と”人気どころ”それぞれで注目してる馬を挙げておきます
 
 
穴っぽいところで注目してるのが
ラインスピリット
 
人気どころで注目してるのが
アレスバローズ
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. オーシャンステークス2018 出走予定馬と展望

  2. クイーンカップ2018 出走予定馬と展望

  3. 京成杯オータムハンデキャップ2018 出走予定馬と展望

  4. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ

  5. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア

  6. 葵ステークス 2018 予想 前走G1からのアンヴァルに期待

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る