menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. 有馬記念2015 予想
  7. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  8. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  9. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  10. クイーンカップ 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スプリンターズステークス2018 出走予定馬と展望

 
今週日週中山競馬メインレースはスプリンターズステークス2018

スプリンターズステークスは芝1200mで行われるG1レース
いよいよこのレースを皮切りに秋のG1シリーズがスタートですね!
すっかりこの時期に慣れてしまいましたが
有馬記念の1週前に行われていた時代が今思えば懐かしいです

過去5年の勝ち馬の顔触れは
レッドファルクス
レッドファルクス
ストレイトガール
スノードラゴン
ロードカナロア

昨年&一昨年と連覇したのがレッドファルクス
12年&13年ロードカナロア以来の連覇達成だったんですが
今年3連覇を目指して登録してます
只でさえ同一重賞3連覇というのはなかなかに難しいんですが
それをG1で成し遂げられるのかに今年は注目が集まる事でしょう

想定オッズでありますが
想定1番人気 ファインニードル 2.1
想定2番人気 ナックビーナス 3.8
想定3番人気 レッツゴードンキ 7.8
想定4番人気 レッドファルクス 9.4

春秋スプリントG1勝ちを狙うファインニードルが1番人気に推されるのがほぼ確実に

その他、主な出走予定馬は
アレスバローズ、ラブカンプー、セイウンコウセイ、ダイメイプリンセス等が登録
 

出走予定馬と血統表

 

これがスプリンターズステークス2018出走予定馬22頭の3代血統表(フルゲートは16頭)
 
 
キングハート
タマモブリリアン
グレイトチャーター
アドマイヤゴッド
ブラヴィッシモ
カイザーメランジェ
 
 
以上の6頭が除外対象になっております

そしてこれが除外対象馬を抜いた外国馬、優先出走馬、賞金上位馬の16頭
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるスプリンターズステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
(14年は新潟施行の為に割愛)
 
 
中山競馬場は14年春以降に路盤改修工事が行われ
そこから血統傾向に変化が見られるようになってるので参考にするのは15年以降の3年間
 


 
こんな事を2年前の高松宮記念前に呟いてましたが
今回のテーマはまさにこれでありまして

1200mG1を初めて使う馬または2度目の1200mG1を使う馬

17年3着 ワンスインナムーン(2度目)
16年1着 レッドファルクス(初)
16年3着 ソルヴェイグ(初)
15年3着 ウキヨノカゼ(初)

近3年を見ても毎年1頭は馬券に絡んで来てますから
G1に対しての鮮度がある馬というのを積極的に狙っていこうかなと
 
 
17年5番人気2着 レッツゴードンキ
17年7番人気3着 ワンスインナムーン
16年3番人気1着 レッドファルクス
16年9番人気3着 ソルヴェイグ
15年11番人気2着 サクラゴスペル
15年9番人気3着 ウキヨノカゼ

そして血統の最大な特徴はこれら人気以上に走って馬券になった馬ですが
父がミスプロ系かサンデー系であるという事でしょう
人気で走ったミッキーアイルにストレイトガールもサンデー系でした

改修前はノーザンダンサー系種牡馬の活躍が非常に目立ってましたが
改修後は【0.0.0.7】でその中には上位人気馬も含まれてました

ノーザンダンサー系というのはまあ馬力やスタミナに長けているという捉え方ですが
ミスプロやサンデーというのはそれとはベクトルが逆でスピード寄りかと

つまりこれは改修後はスピード寄りにシフトしてきたという一つの証明とも言えそう

ここには先に挙げたG1鮮度があった馬が全て含まれています
 
 
母方は基本的に米国志向の強い血を持つ馬の好走が目に付きますが
欧州ノーザンダンサーの血を持つ馬が3年連続で3着に食い込んできてるのも注目

現時点で注目してる馬は?

 
まず1頭目は
アレスバローズ

父はここで人気以上に走れる期待が持てる系統
母方の欧州×米国という血統バランスもそこまで悪くなくて
内から外からと違う形での勝ち方で疲労は当然心配ですが
最高のリズムとこの父と母父であるならば
それを相殺して一気に頂点という思いも
 
 
そして2頭目は
ムーンクエイク

父は当レースで実績ある種牡馬でむろん人気以上に走れる期待が持てる系統
母母父が欧州ノーザンダンサー系というのも激走の期待という意味では好感
今年出走馬で2頭しか居ないG1に次ぐ格のレースを勝ってる馬
今回はアップ戦ですがアップ戦では【2.1.0.2】
しかもクラスが上がるに連れてアップへの対応を感じさせてはくれてます
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ…

  2. NHKマイルカップ 2018 予想 血統的に合うはずの穴馬で勝負…

  3. 日経賞2018 出走予定馬と展望

  4. オールカマー2018 出走予定馬と展望

  5. 京成杯 2018 予想

  6. シルクロードステークス 2018 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る