menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  9. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スプリンターズステークス 2018 予想 重い馬場想定で本命はキャンベルジュニア

 
9月30日(日)中山競馬場で行われるスプリンターズステークス2018の予想です

スプリンターズステークスは芝1200mで行われるG1レース
いよいよこのレースを皮切りに秋のG1シリーズがスタートですね!
すっかりこの時期に慣れてしまいましたが
有馬記念の1週前に行われていた時代が今思えば懐かしいです

過去5年の勝ち馬の顔触れは
レッドファルクス
レッドファルクス
ストレイトガール
スノードラゴン
ロードカナロア

昨年&一昨年と連覇したのがレッドファルクス
12年&13年ロードカナロア以来の連覇達成だったんですが
今年3連覇を目指して出走
只でさえ同一重賞3連覇というのはなかなかに難しいんですが
それをG1で成し遂げられるのかに今年はまず注目が集まりますね

ただ1番人気は春の高松宮記念でそのレッドファルクスを下し
新スプリント王に就いたファインニードル
前哨戦となるセントウルSを快勝しここで春秋スプリント制覇なるか!?

以下、ナックビーナス、レッツゴードンキ、ムーンクエイク、アレスバローズの人気順に

そんなスプリンターズステークス2018の発走時刻は15:40になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年におけるスプリンターズステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
(14年は新潟施行の為に割愛)
 
 
中山競馬場は14年春以降に路盤改修工事が行われ
そこから血統傾向に変化が見られるようになってるので参考にするのは15年以降の3年間

こんな事を2年前の高松宮記念前に呟いてましたが
今回のテーマはまさにこれでありまして

1200mG1を初めて使う馬または2度目の1200mG1を使う馬

17年3着 ワンスインナムーン(2度目)
16年1着 レッドファルクス(初)
16年3着 ソルヴェイグ(初)
15年3着 ウキヨノカゼ(初)

近3年を見ても毎年1頭は馬券に絡んで来てますから
G1に対しての鮮度がある馬というのを積極的に狙っていこうかなと
 
 
17年5番人気2着 レッツゴードンキ
17年7番人気3着 ワンスインナムーン
16年3番人気1着 レッドファルクス
16年9番人気3着 ソルヴェイグ
15年11番人気2着 サクラゴスペル
15年9番人気3着 ウキヨノカゼ

そして血統の最大な特徴はこれら人気以上に走って馬券になった馬ですが
父がミスプロ系かサンデー系であるという事でしょう
人気で走ったミッキーアイルにストレイトガールもサンデー系でした

改修前はノーザンダンサー系種牡馬の活躍が非常に目立ってましたが
改修後は【0.0.0.7】でその中には上位人気馬も含まれてました

ノーザンダンサー系というのはまあ馬力やスタミナに長けているという捉え方ですが
ミスプロやサンデーというのはそれとはベクトルが逆でスピード寄りかと

つまりこれは改修後はスピード寄りにシフトしてきたという一つの証明とも言えそう

ここには先に挙げたG1鮮度があった馬が全て含まれています

母方は基本的に米国志向の強い血を持つ馬の好走が目に付きますが
欧州ノーザンダンサーの血を持つ馬が3年連続で3着に食い込んできてるのも注目
 

スプリンターズステークス2018の予想

 
土曜日の中山芝は稍重まで悪化しました
しとしと降り続きそうな予報ならこれ以上回復は望むべくもなく
重ぐらいまではいってしまうのかなあ?という気はしてます

とにかく今年のスプリンターズステークスは湿った馬場で行われる事は確実

となると。。違和感を覚えるのが↑で書いた見解であります
 
 
改修後良馬場施行では父がミスプロ系かサンデー系の好走が目立ち
逆にノーザンダンサー系種牡馬が走らなくなってしまった

ノーザンダンサー系というのは馬力やスタミナに長けているという捉え方で
ミスプロやサンデーというのはそれとはベクトルが逆でスピード寄り

つまりこれは改修後はスピード寄りにシフトしてきたという一つの証明とも言えそう
 
 
今回は湿った馬場になればスピード寄りの馬場という訳にはいかなくなって
当然馬力やスタミナに長けた血が浮上してくる確率は上がってくるのではないかと

良馬場ではなくなるんですから逆説的な考え方ですね
 
 
尚、週中にすっかり恒例の出走馬全頭考察をやりました
ここに書いてある事から逆説的に考えればいいんでしょ!?って事です


 
 
◎はキャンベルジュニアにしました
父Encosta De Lagoはフェアリーキングの系統で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
今回テーマにした1200m初G1という事になります
母方Redoute’s Choice×Maraudingはオーストラリアのスプリンター配合
この母方という事もあってか前走初めての1200mに適応出来てました
この時は内の前々決着を上位3頭よりは外目の進路で4着
そう考えればこの経験から2走目の1200mで上積みが見込めないかなと
重い馬場になって内の前々決着というものを想定もしてみたのでこの印に
2010年の勝ち馬であるウルトラファンタジーと同じ父でこれは改修前
傾向的には割引になるとは思ってましたが
スピードが活きにくい馬場ならばこの血統が浮上する余地はあると期待しての◎
 
 
○はダイメイプリンセス
まあこれも馬場を鑑みれば評価上げざるを得ない馬
字面の血統構成は重たいイメージですがスピードがあるのは十分承知
その感じがまさに馬場悪化でピタリと嵌りそうではあり
勿論テーマにも該当する馬ですし出来れば前目の位置取りをしてくれれば
重い馬場になって内の前々決着というものも想定してるので
 
 
▲はファインニードル
父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
母方Mark of Esteem×Royal Academyは欧州配合
昨年はセントウルS1着からの臨戦だったんですが
実は過去10年でセントウルS1着→スプリンターズSの臨戦馬は【0.1.1.7】
同距離G2からの臨戦になるんで疲れを残しやすいのかと考えてみたくはなります
ロードカナロアもストレイトガールもセントウルSを軽く負けてからの臨戦でしたし
今年もセントウルS1着からの臨戦
内から抜けたシルクロードS→高松宮記念連勝というのがあるので
さほど気にし過ぎない方がいいとは思うんですが・・
枠は外よりこれ位のほうが重い馬場になって内の前々決着想定なんで良かったか
 
 
ラインスピリットは父スウェプトオーヴァーボードがミスプロ系種牡馬
トニービン×マルゼンスキーの母方は欧州配合
1200mG13度目でG1鮮度は乏しいですが鞍上強化とこの枠は魅力的
自分の競馬が出来なかった高松宮記念以外は今年ずっといい競馬が出来ている
過去2走◎打ってるのでこれに来られると最も悔いが残りそうなので
 
 
アレスバローズはディープインパクト産駒で2年前にミッキーアイルが2番人気2着
サンデー系種牡馬に母方は欧州×米国のバランス型配合
母父トニービンだとカレンチャンとコパノリチャードが前走勝利から1200mG1制覇
ただ同じ母父トニービンでもアルティマトゥーレは前走勝利から凡走
果たしてこの馬はどっちに出るのかあ??
2走前は外から、前走は内からと違う形での勝ち方で連勝中
勿論その為に疲労は当然心配ですが・・馬場も悪くなるなら尚更
週中からは少し馬場悪化で評価を下げました
 
 
あとは前に行った場合の2頭
 
 
セイウンコウセイの父もアドマイヤムーンでフォーティナイナー~ミスプロ系
4頭出走するアドマイヤムーンの中で母方は最も欧州色は薄い印象
つまり米国色が色濃いですかね
前走は逃げてしかも2走前から200m短縮でとかなり楽に感じたはずの勝利
もう一丁があるなら再度逃げの手を打つしかないか?
 
 
ナックビーナスは父ダイワメジャーなんでやっぱり湿った馬場で押さえには

このように現在作成中の種牡馬メモにも明記してるぐらいですから!
More Than ReadyにPine Bluffの母方は米国色に長けた配合
1200mG12度目であった高松宮記念で3着に激走し前走で重賞初V
現在充実期を迎えつつある中でしかも鞍上モレイラでここに参戦
そんな前走キーンランドカップは逃げの競馬でしたが
カーバンクル→シルクロード
キーンランド→東京盃
逃げた後のレースでは共に凡走しているので
そういった意味では楽した後でどうか?
ただその時とは違って充実期っぽいならあっさり吹き飛ばしてまうかも
 
 
最後にムーンクエイクレッドファルクス
重い馬場になって内の前々決着想定に張ったので印は打たなかったですが
当日の馬場次第で買う可能性は残しておきます
 

予想印と買い目

 
キャンベルジュニア
○ダイメイプリンセス
▲ファインニードル
△ラインスピリット
△アレスバローズ
△セイウンコウセイ
△ナックビーナス

買い目は
◎の単複
◎ー○▲ー○▲△△△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム

  2. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編

  3. 毎日王冠2018 出走予定馬と展望

  4. ラジオNIKKEI賞2018 出走予定馬と展望

  5. 佐賀記念 2018 予想

  6. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る