menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  9. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. スプリンターズステークス2017 出走予定馬と展望
  2. オールカマー 2017 予想
  3. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  4. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  5. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  6. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  7. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  8. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  9. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  10. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価

 
今年のスプリンターズステークスで注目というか3強の一角を担いそうなのがベルカント
 
 
ベルカントの父はサクラバクシンオー
(サクラバクシンオー産駒は他にもアフォード・スギノエンデバー・ビッグアーサーが登録)
 
このサクラバクシンオー産駒のデータを基にベルカントを評価してみたいと思います
 
 
まずサクラバクシンオー産駒のスプリンターズステークス成績は【0.0.1.21】
 
10年に2着入線後降着になったダッシャーゴーゴーも居ますがそれを含めてもまあ散々な成績
シーイズトウショウ、ダッシャーゴーゴー、グランプリボスあたりが人気を裏切った形
 
 
そんなスプリンターズステークスで苦戦してるサクラバクシンオー産駒でありますが
13年以降中山1200mの成績は【8.5.2.63】勝率10.3% 連対率16.7% 複勝率19.2%
まあそれなりには走れてるんですよね
 
ただ中山は14年夏に路盤改造を行っておりそれ以降の数字も重要になってくると思います
いかんせん馬場が以前とはもう違ってますからね
 
 
【1.0.1.20】 勝率4.5% 連対率4.5% 複勝率9.1%
 
この数字は路盤改造後のサクラバクシンオー産駒中山1200m成績
 
全くもって路盤改造後はサクラバクシンオー産駒が奮わなくなってしまいました
(1~3番人気で6頭が4着以下)
 
 
果たしてこのサクラバクシンオー産駒のデータからベルカントは買えるのか?という事になるんですが
 
一つフォロー出来る所は母母父Sir Tristramが非サンデーのターントゥ系の血でありまして
 
13年3着 マヤノリュウジン
12年3着 ドリームバレンチノ
10年1着 ウルトラファンタジー
10年3着 サンカルロ
09年1着 ローレルゲレイロ
09年2着 ビービーガルダン
 
近年のスプリンターズステークスで馬券になったこれらの馬が
3代内に非サンデーのターントゥを持ってました
 
 
まあただ・・”スプリンターズステークスの成績プラス路盤改造後の成績”
 
この合わせ技だとベルカントの評価は・・・この人気ではとてもじゃないけど買い難し!!
 
 
サクラバクシンオー産駒は総じてスピードに長けた特徴があるんですが
この産駒が走れてないという事はスピードとは真逆のベクトルを持つ種牡馬が狙い目になってきそうです
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中京記念2015 予想

  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し

  3. 小倉2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  4. 函館記念2015 予想

  5. みやこステークス2015 出走予定馬と先行予想

  6. 菊花賞2015 回顧

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る