menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. 秋華賞2016 予想
  3. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  4. 京都大賞典2016 予想
  5. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  6. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  9. 有馬記念2015 予想
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. スプリンターズステークス2017 出走予定馬と展望
  2. オールカマー 2017 予想
  3. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  4. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  5. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  6. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  7. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  8. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  9. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  10. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

セントライト記念2017 出走予定馬と展望

 
来週月曜中山メインレースはセントライト記念2017

セントライト記念は芝2200mで行われる3歳馬限定重賞でありまして
3着までに菊花賞の優先出走権が与えられるトライアルレース
一昨年にキタサンブラックがここを勝って菊花賞を制覇しておりますね
昨年はディーマジェスティが勝ちましたが菊花賞では4着に終わりました

今年は皐月賞馬アルアインがルメール騎手との新コンビでここから始動
3戦3勝でラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテスにも注目

今年の主な登録馬はアルアイン、セダブリランテス以外に
サトノクロニクル、クリンチャー、プラチナヴォイス、ミッキースワローらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

セントライト記念2017出走予定馬は19頭(フルゲート18頭)

インペリアルフィズ
クレッシェンドラヴ
ストロングレヴィル
ブラックギムレット
これら1勝馬の4頭が残り1頭の出走枠を巡り抽選対象になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるセントライト記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
(14年新潟施行は除く)

中山競馬場は14年春以降に路盤改修工事が行われ
そこから血統傾向に変化が見られるようになっておりますので参考にするのは15年と16年
と言いたい所ではあるんですが
セントライト記念に関して言うなら改修前と改修後さほど傾向は変わらないんですよね

昨年上位独占したディープインパクト産駒
改修前にも2頭馬券になってますがコケてる馬も多数居てさほど好相性とは言えないような・・
ただ中山2200mでは改修前より改修後のほうが若干成績が良くなってはいます

15年に10番人気で穴を開けたジュンツバサの父はステイゴールド
改修前にも3勝(フェノーメノ・フェイトフルウォー・ナカヤマフェスタ)
ステイゴールドの中山2200mですが改修前より改修後のほうが3着が増えてきています
まさにジュンツバサのような感じになりますね

あとはロベルトの血
昨年は母父ブライアンズタイムのワンツーに一昨年はスクリーンヒーロー産駒が2着
改修前も父としてかなり馬券になってたのでこれは引き続き注目しておきたいです

前走の臨戦ですがダービー組の成績が良くて次いでいいのが前走500万条件組
前走ダービー組は10着以下に負けてる馬の巻き返しに要注意
前走500万条件組はやはり1着馬
 

有力馬の考察

アルアイン

ディープインパクト産駒で前走ダービー5着からの臨戦
まあそんなに嫌うようなネガティブな材料は見当たらないような気もしますが・・
ただ先週の中山芝でディープインパクト産駒が【0.1.0.12】だったのは気にはなります
Essence of Dubai×Great Aboveの母方は米国配合
本質的に2200mは長いと思えるような血統構成ではありますが
まだこの時期で同世代同士ならこなせるとは思います

セダブリランテス

ディープブリランテ産駒で遂に大物誕生か!?と思えるような3戦3勝
今ではすっかり間隔を開けての臨戦が臨戦別では最も成績が良い種牡馬が増えましたが
ディープブリランテに関しては間隔を開けての臨戦が突出してる訳ではなく
2~3週の間隔時とほぼ変わらない位の成績で間隔を開けての臨戦+延長はあまり奮いません
母父ブライアンズタイムはロベルト系

サトノクロニクル

ハーツクライ産駒で今回はラジオNIKKEI賞以来間隔を開けての臨戦ですが
ハーツクライは芝重賞におけるこの間隔を開けての臨戦(10週~25週)が好数字でして
勝率13.0%連対率28.3%複勝率39.1%となかなかのもの
サトノクロニクルはノーザンファーム生産ですが
この臨戦をノーザンファーム生産馬に絞ると勝率16.3%連対率34.9%複勝率46.5%に跳ね上がります
ハーツクライの中山2200mですが改修前より改修後のほうが若干成績が向上
デビュー以来オール1番人気でしたがさすがに今回はそれから解放されそうなのもハーツだけに◎
母父Intikhabはロベルト系
 

出走予定馬で気になる馬

 
アルアイン
クリンチャー
サトノクロニクル
サンデームーティエ
スティッフェリオ
セダブリランテス
ミッキースワロー
ローリングタワー

この8頭の中で最も注目してるのがサトノクロニクルで次点がクリンチャー

クリンチャーの父はディープスカイで今回はダービー以来(13着)の臨戦
実はディープスカイは間隔を開けての臨戦は苦手で詰まってる時のほうが好走率は高い傾向
それでもダービー2ケタ着順からの巻き返しがよくあるレースだけに期待は出来そう
皐月賞は死のステップと言っていいすみれステークス勝ちからでしたが13番人気4着と大健闘
これがこの馬のポテンシャルを結構示してるかな?とは思うんです
従って本来の先行策が出来なかったダービーはこの皐月賞の反動もあったという解釈もありか
そして母父がロベルト系のブライアンズタイム
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要で…

  2. 七夕賞2017 出走予定馬と展望

  3. 大阪杯2017 予想

  4. オークス2017 出走予定馬と展望

  5. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望

  6. 東京新聞杯2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る