menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  6. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  7. 京都大賞典 2017 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ステイヤーズステークス2016 出走予定馬と展望

 
今週土曜中山メインレースはステイヤーズステークス2016
 
 
ステイヤーズステークスはJRA全重賞の中で最長距離となる芝3600mにて行われるレース
位置付け的にステイヤーズステークスは有馬記念の前哨戦とはなるんでしょうが・・
距離も1100m違いますしほぼほぼ繋がりは見られないと思いますね
思い出されるのは99年2着だったテイエムオペラオーが有馬記念で3着くらいなもの
まあ普通にステイヤーたちによるステイヤーのレースという見方でいいでしょう
 
デスペラード
ファタモルガーナ
トウカイトリック
近年だとこの3頭が複数年で馬券になっております
 
今年は昨年の勝ち馬アルバートが参戦
ジャパンカップにも登録がありましたがここに実を取りに来たという感じで外せない1頭か
 
あと昨年2着馬カムフィーとファタモルガーナも参戦してきました
 

ステイヤーズステークス2016の出走予定馬と血統表

 
%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b92016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac
ステイヤーズステークス2016出走予定馬は14頭(全馬出走可能になっております)
 

ステイヤーズステークスの血統傾向

 
14年夏に路盤改修を行った中山競馬場が舞台
従って特に重視すべきは過去2年の成績になります
(改修前と改修後では血統傾向にかなり変化が見られるので)
 
基本的にはサンデー系種牡馬重視でいいような気も
それ以外で馬券になった非サンデー系種牡馬2頭が共に1番人気でもありましたし
 
あと目立つのがトニービン・ネヴァーベンドといった欧州ナスルーラの血を持つ馬でしょう
 
母方にロベルトの血を持つ馬も2年連続で馬券になっており
昨年は母方にノーザンテーストを持つ馬が上位独占
ノーザンテースト=スピード持続力というのもポイントになりそうな気はします
 

ステイヤーズステークス2016有力馬の考察

 
アルバートの父アドマイヤドンはミスプロ系ではありますがトニービン内包種牡馬
ノーザンテーストの血を母母父に持っていて昨年の勝ち馬
ここは普通に走りそうな予感はひしひしと
 
モンドインテロはディープインパクト産駒でサンデー系種牡馬
過去ディープインパクト産駒は一昨年ファタモルガーナとイグアスが馬券になっております
母父ブライアンズタイムがロベルト系ですし血統構成は悪くないでしょうか
ここまで1600万→重賞、OP→重賞というアップ戦のローテーションで負けてますが
今回は前走G2なんで同条件
メンバー的には前走より落ちる印象もあるので実質ダウン戦ならば走って来そう
 
カムフィーの父ダンスインザダークもサンデー系種牡馬
母父ノーザンテーストで母母父リアルシャダイがロベルト系で昨年2着
近走は全く奮いませんが前走G1からのダウン戦でリピーターが強い舞台なら今年も!?
 

ステイヤーズステークス2016出走予定馬で気になる馬

 
アルバート
ウインインスパイア
カムフィー
ジャングルクルーズ
タマモベストプレイ
ファタモルガーナ
プレストウィック
モンドインテロ
 
この8頭の中で最も注目してるのがアルバートで次点がモンドインテロ
 
このレースもかなり堅そうな気がするんですが・・・
 
穴ならサンデー系種牡馬であるタマモベストプレイとプレストウィック
タマモベストプレイは母父ノーザンテースト
プレストウィックは母母父Rivermanが欧州ナスルーラ
フジキセキにダイワメジャーとそれぞれ父自身は引っ掛かるものはあるんですが・・
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞秋2016 予想

  2. 阪神大賞典2016 出走予定馬と先行予想

  3. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目…

  4. 皐月賞2016 出走予定馬と展望

  5. マイラーズカップ2016 出走予定馬と展望

  6. エルフィンステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. ステイゴールド産駒のスピードがどの血に由来するのかずっと謎でした。

    「ノーザンテースト=スピード持続力というのもポイント」

    この記述で霧が晴れたような感じです。

    オルフェーブルはノーザンテースト3×4ですから、納得。

    ただ、兄弟でその特性の出方がまちまちというがいまだに謎。

    タマモベストプレイは、兄弟の中で兄弟が乗り越えられなかった壁

    を超えた(きさらぎ賞勝利)というのが印象に残ってます。

    馬券検討とは関係ないコメントで申し訳ありません、軽く流してください。

    成績眺めて思ったのは、馬体重482kgの時Vゾーンに来てることですかね。

    2014年の京都大賞典以降の結果ですが。

      • menk
      • 2016年 12月 01日

      >antena(アンテナ)さん

      正しいかどうか?は何とも言えませんが・・・
      タマモベストプレイはフジキセキは気になりますが一発あるかな?という気は少ししてます

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る