menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  7. 有馬記念2015 予想
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  3. オークス2017 予想
  4. 平安ステークス2017 予想
  5. オークス2017 出走予定馬と展望
  6. ヴィクトリアマイル2017 予想
  7. 京王杯スプリングカップ2017 予想
  8. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望
  10. NHKマイルカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ステイヤーズステークス2016 予想

 
12月3日(土)中山競馬場芝3600mで行われるステイヤーズステークス2016の予想です
 
 
ステイヤーズステークスはJRA全重賞の中で最長距離となる芝3600mにて行われるレース
昔からある伝統的な長距離重賞になりますねステイヤーズステークスは
 
一応位置付け的には有馬記念の前哨戦とはなるんでしょうが・・
距離も1100m違いますしほぼ繋がりは見られないと思いますね
思い出されるのは99年2着だったテイエムオペラオーが有馬記念で3着くらいなもの
まあ普通にステイヤーたちによるステイヤーのレースという見方でいいかと
 
今年は昨年の勝ち馬アルバートが圧倒的人気に推されるでしょう
その昨年は5馬身差とぶち抜いたのに加えてその時の鞍上ムーアに今年も乗り替わり
前走も2着(アルゼンチン共和国杯)とまとめており人気に応えそうな予感はひしひし
 
そんなステイヤーズステークス2016の発走時刻は15:25になっております
 

ステイヤーズステークス2016の見解

 
14年夏に路盤改修を行った中山競馬場が舞台
従って特に重視すべきは過去2年の成績になります
(改修前と改修後では血統傾向にかなり変化が見られるので)
 
基本的にはサンデー系種牡馬重視でいいような気もしますね
それ以外で馬券になった非サンデー系種牡馬2頭が共に1番人気でもありましたから
 
あと目立つのがトニービン・ネヴァーベンドといった欧州ナスルーラの血を持つ馬でしょう
 
母方にロベルトの血を持つ馬も2年連続で馬券になっており
昨年は母方にノーザンテーストを持つ馬が上位独占
ノーザンテースト=スピード持続力というのもポイントになりそうな気はします
 

ステイヤーズステークス2016の予想

 
◎はアルバートにしました
父アドマイヤドンはミスプロ系ではありますがトニービン内包種牡馬でもあり
ノーザンテーストの血を母母父に持っていて昨年はこのレースで圧勝
ここは普通に走りそうな予感はひしひし
 
○はプレストウィック
父ダイワメジャーはサンデー系種牡馬で母母父Rivermanがネヴァーベンド系で欧州ナスルーラ
トゥインクル、ファタモルガーナ、クリールカイザーと
近2年で馬券になったこの3頭も母方にネヴァーベンドを持ってました
 
▲はタマモベストプレイ
父フジキセキがサンデー系種牡馬で母父ノーザンテースト
母母父ディクタスはステイゴールドの母父でもありクリールカイザーの母父でもあり
 
ここは軸はさすがにアルバートで堅そうなんで期待値が高そうなサンデー系種牡馬の2頭を本線に
距離不安はつきまといますがねえ・・
 

ステイヤーズステークス2016の予想印と買い目

 
アルバート
○プレストウィック
▲タマモベストプレイ
△モンドインテロ
×ジャングルクルーズ
×ファタモルガーナ
×カムフィー
 
買い目は
◎ー○▲の馬連
◎ー○▲△の3連複
◎ー○▲ー×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日本ダービー2016 予想

  2. 大和ステークス2016 予想

  3. TCK女王盃2016 予想

  4. クイーンカップ2016 出走予定馬と先行予想

  5. アメリカジョッキークラブカップ2016 予想

  6. 桜花賞2016 開催傾向と直結の血統データ

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る