menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  6. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  9. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

すばるステークス2017 予想

 
1月21日(土)京都競馬場ダート1400mで行われるすばるステークス2017の予想です
 
 
すばるステークスはオープン戦で行われる本日のメインレース
オープンでありながらここ数年では条件が不変であるレースでもありますねすばるステークスは
 
当初は降雪の影響が心配され前売りも行われてなかったようですが
とりあえず無事に開催できるようなんで良かったです
 
このレースの注目馬はダート4戦4勝になるサウンドスカイでしょうか
2歳時に全日本2歳優駿と兵庫ジュニアグランプリを制しておりここでは実績十分
当然ながら今回は1年以上の休み明けという事で仕上がり具合が気になるところではありますが・・
 
そんなすばるステークス2017の発走時刻は15:35になっております
 

すばるステークス2017の見解

 
近年のダート1400mの古馬オープンレースの結果を眺めると
ダート戦ですからパワー型種牡馬の好走は当たり前ですが
目立つのは2・3着にサンデー系種牡馬がやたらと来てる事(昨年の3鞍は全て違う馬で馬券に)
 
あとは母父ミスプロ系の好走も非常に目に付きます
 
さらに重馬場で行われそうであるという点にも注目しておきたいと思いますね
 

すばるステークス2017の予想

 
◎はソルティコメントにしました
父Smart Strikeはミスプロ系種牡馬でパワー型
そして何と言ってもSmart Strikeは重・不良ダート特注の種牡馬でもあり
ソルティコメントは実際武蔵野Sでは負けましたが条件戦時代には重馬場で2戦2連対
前走ファイナルSは12-16の通過順で8着とVラインですし鞍上強化で一発期待
 
○はブラゾンドゥリス
父はノボジャックでヴァイスリージェント系になるのでこちらもパワー型種牡馬
湿ったダートのこの条件=京都ダート1400mオープンでは
米国型ノーザンダンサー系種牡馬の期待値が高くヴァイスリージェント系はまさに該当
 
▲はサクラエール
父はケイムホームでミスプロ系種牡馬
2走前先行した後の前走は延長臨戦で後方からという苦しい競馬
ただそこで上がりは7位とそこそこでしたしダウン戦&得意な距離で見直したい1頭
 

すばるステークス2017の予想印と買い目

 
ソルティコメント
○ブラゾンドゥリス
▲サクラエール
△ビッグリバティ
×ナガラオリオン
×パーティードレス
×サウンドスカイ
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎○ー▲△×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中山記念2017 出走予定馬と展望

  2. クイーンカップ2017 予想

  3. ヴィクトリアマイル2017 予想

  4. 安田記念2017 予想

  5. フローラステークス2017 出走予定馬と展望

  6. ニュージーランドトロフィー2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る