menu
閉じる
  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 京都大賞典 2017 予想
  4. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  7. 有馬記念2015 予想
  8. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  9. 秋華賞2016 予想
  10. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

スワンステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜京都メインレースはスワンステークス2017
 
 
スワンステークスは芝1400m外回りで行われる3歳以上の重賞レース
来月に行われるG1マイルチャンピオンシップの前哨戦という位置付けでありまして
このレースの1着馬にはマイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられております

昨年のサトノアラジンやミッキーアイルはここを勝って
マイルチャンピオンシップで1番人気に支持されましたが勝てずじまい
グランプリボスも2着まででしたし近年のスワンステークス勝ち馬はマイルCSで勝ち切れず
今年はそんな傾向に終止符が打たれるのでしょうか!?

注目は前走スプリンターズステークスから参戦してくるG1馬2頭
レッツゴードンキとセイウンコウセイ

今年の主な登録馬はその2頭以外に
ジューヌエコール、トーキングドラム、カラクレナイ、キャンベルジュニアらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

スワンステークス2017出走予定馬は21頭

ラヴァーズポイント
ダイシンサンダー
アルマワイオリ
この3頭が除外対象馬になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるスワンステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

昨年はワンツーフィニッシュだったディープインパクト産駒が4年連続で馬券に
過去5年においても【2.2.1.4】と好走率も高いのでここはシンプルに注目

ダイワメジャー産駒も過去5年で3頭馬券に

つまりディープインパクトとダイワメジャー、タイプの異なるサンデー系種牡馬が共存という事に

アルビアーノ、エイシンスパルタンと2年続けて米国型種牡馬を父に持つ馬も好走

母方はパワー&スピード型であるノーザンダンサーの血が非常に活躍
ダンチヒ・ストームキャット・ヴァイスリージェントといった血ですね
ミスプロやテスコボーイといった血を母方に持つ馬=同類も好走してるのでこれは納得かと
 

有力馬の考察

レッツゴードンキ

父はキングカメハメハでキングマンボ系種牡馬
産駒では12年にアドマイヤセプターが3着という実績あり
基本的にキングカメハメハ産駒は芝重賞では間隔を開けてる臨戦成績が優秀
あまり詰めてる時は成績は良くないんですが今回はスプリンターズステークスからなんで詰まり気味
昨年は間隔を詰めてもずっと走ってたので今のこの馬には問題ないのかもしれません
ただ前走G1で最内から抜けて5番人気2着と走った分だけ疲労は気掛かりではあり
母母父にミスプロ系のジェイドロバリーを持っております
 

サングレーザー

ディープインパクト産駒で母父Deputy Ministerはヴァイスリージェントでノーザンダンサー系
まあ血統的にはピッタリとも思えますねえ
1600m以上でやや甘いなあという脚を使ってましたが
3走前1400mを使ってから馬が変わったかと思えるほどの内容で3連勝
2歳重賞を2度走った後に条件戦から再び上がってきてここは古馬初重賞で鮮度抜群
当然ここは人気になってしまうでしょうがそれでも高い評価を与えたい感じ
 

カラクレナイ

父はローエングリンでサドラーズウェルズ~欧州ノーザンダンサー系種牡馬
前走ローズSは走れるタイミングだと思い本命を打ちましたが惨敗
そこで先行してるので短縮臨戦であるここは差しの位置取りが掛かる期待はあります
ローエングリン産駒の短縮臨戦は悪くないですし非根幹距離の1400mもいいでしょう
母母父にミスプロ系であるUnbridledも持ってますから
ただ一つ気になるのは母父アグネスタキオンでして
これが芝重賞では間隔を開けると成績良くて逆に詰まってると成績がかなり悪いという傾向あり
今回は6週という間隔なんでまあ微妙なところではあるんですが・・・
 

出走予定馬で気になる馬

 
カラクレナイ
キャンベルジュニア
ケントオー
サングレーザー
ジューヌエコール
セイウンコウセイ
ダノンメジャー
トウショウピスト
ビップライブリー
ミスエルテ
レッツゴードンキ

この11頭の中で最も注目してるのがサングレーザーで次点がミスエルテ

ミスエルテの父Frankelはサドラーズウェルズ系で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
近年欧州ノーザンダンサー系種牡馬はあまり走ってませんが
その昔はホワイトマズルやキングヘイローといった種牡馬を持つ馬が馬券になってました
そのFrankelはダンチヒ内包種牡馬で
Pulpit×Hennessyの母方はボールドルーラー×ストームキャットでスピード特化配合
とにかく春はずっと馬体が減ってたので間隔を開けた今回は10㎏以上増えてて欲しいかも
リフレッシュは出来てると思うんで早熟でさえなければといったところ
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望

  2. シリウスステークス 2017 予想

  3. 大阪杯2017 出走予定馬と展望

  4. ローズステークス2017 出走予定馬と展望

  5. クイーンステークス 2017 予想 父に実績あり母父が欧州血統の…

  6. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る