menu
閉じる
  1. 愛知杯 2018 予想
  2. 秋華賞2016 予想
  3. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  4. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  3. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  4. 種牡馬メモについて
  5. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  6. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  7. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  8. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  9. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
  10. マイルチャンピオンシップ南部杯など2018年10月8日月曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

秋華賞 2018 全頭血統考察

 
今週のG1レースは京都競馬場芝2000mで行われる秋華賞2018
3歳牝馬たちによる戦いとなる秋華賞

ここでは出走予定馬1頭1頭の全頭血統考察これを各馬五十音順にしていきます
(抽選対象馬8頭も全て含まれております)

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 
 
「利益直結馬」秋華賞含む10レース無料公開あり!(PR )


毎週利益に直結する馬を提供してくれる「競馬大陸
そろそろ信じてみてください”これが真実です。
はじめての方はまず無料で「利益直結馬」推奨馬を確認してみてください。





<PICKUP

■毎日王冠
利益本命馬2頭入線/05ステルヴィオ+09アエロリット
利益穴馬1頭入線/01キセキ
■京都大賞典
利益本命馬2頭入線/02サトノダイヤモンド+05アルバート
利益穴馬1頭入線/04レッドジェノヴァ
■テレビ静岡賞
利益本命馬1頭入線/14シヴァージ
利益穴馬2頭入線/12イーグルフェザー17倍+08スピーディクール10.9倍


秋華賞」含めた10レース無料公開あり、前日20時頃更新されますよ!
ステップレースでも紫苑S、ローズSも馬単的中してるので過去実績確認可能!
メールアドレスを登録のみで毎週この本命&穴馬たちを拝めます!!(無料0円)

利益直結馬を見に行く!

 

過去の秋華賞から見えてきたポイント

 

これは過去10年における秋華賞1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
まず昨年は雨降りで行われ重馬場施行
この結果は今年が良馬場で行われれば参考にすべきではないのかもしれない

という事でここでは昨年を除いた一昨年より以前のものを見て行こうかと
 
 
16年3番人気1着 ヴィブロス(父サンデー系、母父ミスプロ系)
16年4番人気2着 パールコード(父サンデー系、母父リボー系)
16年8番人気3着 カイザーバル(父ミスプロ系、母父サンデー)
15年8番人気3着 マキシマムドパリ(父ミスプロ系、母父サンデー)
14年3番人気1着 ショウナンパンドラ(父サンデー系、母父デピュティミニスター系)
14年4番人気3着 タガノエトワール(父ミスプロ系、母父サンデー)

16年から遡る事3年間で人気より着順が上だった馬
クイーンズリングは母方が欧州志向の強い配合でしたが
それ以外の馬はサンデーにスピード&パワーというバランス型の配合が目に付きます

パールコードは母父リボー系ながら母父Lost Code自身が米国で活躍
そしてそのパールコード以外の馬は皆母母父が欧州型

3代の血統構成もバランスが取れた血統構成馬がここでは面白そう
 
 
さらにパールコードは初G1
それ以外の5頭は2走以内に条件戦を使われておりフレッシュな馬であれば尚更でしょうか
 

出走予定馬の考察

アーモンドアイ

父はロードカナロアでキングマンボ系でミスプロ系種牡馬
母父がサンデーで母母父が欧州ノーザンダンサー系のヌレイエフ
3代の血統構成は見事にバランスが取れてると言っていいでしょう
この後はジャパンCというローテーションが組まれてるようですが
そうなると私的にはこっちの方が難関に感じます
と言うのも。。京都2000mは内回りのコース形態
この馬は内回りだった新馬戦で差し損ねた経験があり
さらに母フサイチパンドラの前走臨戦別成績は短縮&同距離【1.1.4.5】延長【2.3.0.5】
短縮&同距離で連対したのは500万とダート替わりだったエンプレス杯
延長は札幌記念と3歳のエリ女で勝ちフラワーC・オークス・4歳エリ女で2着
母だけ見れば短縮よりは延長というタイプ
近親は結構距離に融通性がある馬が多いんですがね
今回は初短縮で
あくまで母とオークスのゆったりとしたレースからすれば-あれど+はなし?
まあ重箱の隅を突けばってとこですが(笑)
 

ウラヌスチャーム

父ルーラーシップはキングマンボ系でミスプロ系種牡馬
母父がサンデー系フジキセキなんでバランス型の配合
母母父General Assemblyはボールドルーラー系でスピード持続力あり
2走前が条件戦なんで人気より走りそうな資質はありそう
ルーラーシップは芝重賞では圧倒的にアップ戦で馬券になる傾向
だからこそ1000万→ローズSだった前走
1000万が直線で前が詰まって追い出しが遅れてたレースだったので
差し込みやすそうな外目の枠はプラスに働くかなと思い◎にしたんですが・・
結局アルテミスS・ローズSとアップ戦の重賞で2度弾かれた事に
 

オールフォーラヴ

父ディープインパクトがサンデー系種牡馬
母父キングカメハメハはミスプロ系でバランス型の配合
その奥の母系はTejano Run×Lord Gaylordと米国色が強め
自身2000mの忘れな草賞で勝ってますが
近親成績を見ると2000m超えると成績がガクンと落ちる傾向で1800m重賞勝ち馬がズラリ
ですから2400m→1800mになる前走ローズSはもう少し格好はつけて欲しかった
さすがにこのリズムでは手を出し辛いか
 

オスカールビー

父ハーツクライはサンデー系種牡馬
母父ジェイドロバリーはミスプロ系でバランス型の配合
母母父ミスターシービーはサクラバクシンオーと同じテスコボーイ系でスピード型
ハーツクライはこの京都2000mは非常に得意とする条件
2走前は格上挑戦で3着なんで相手なりには走れそうですが
フローラSで弾かれてますしダウン戦になった前走が1.2秒差で圧勝
ちょっとしんどいですかね
 

カレンシリエージョ

父ハービンジャーはダンチヒ系でも代を経ての欧州ノーザンダンサー系
母父Numerousはミスプロ系でもその奥のKenmare~Irish Riverを見ても
全体的には欧州色が感じられる血統構成
成績見てもアップ戦できっちり弾かれてる弱い部類のハービンジャーか
 

カンタービレ

父ディープインパクトはサンデー系種牡馬
母父Galileoがサドラーズウェルズ系で欧州型でその奥のLast Tycoon~Bikalaも欧州
ちょっと欧州血統が前面に出た馬といった感じ
ディープ産駒の近年の芝重賞ですが特に京都コースの勝率・連対率の落ち込みが顕著
これはちょっとパワー=馬力に勝った馬が増えてるという事かもしれない
この馬は中山・阪神という急坂コースの重賞を勝って
東京だったオークスは位置も取れたものの惨敗
この辺はやはり重めの母方が出てしまってるのかなという気はしますが・・
 

ゴージャスランチ

父マンハッタンカフェはサンデー系種牡馬
母父Seeking the Goldはミスプロ系でバランス型の配合
母母父Akaradは異系の欧州型
さらに2走前が条件戦なんで人気より走りそうな資質はありそう
前走ローズSは4コーナーを見る限り
このままズルズル下がるかと思いましたが踏ん張りを見せて4着
その前のカーネーションCでも2着馬に詰められてから伸びてるので
マンハッタンカフェの割にはかなり勝負根性が垣間見える馬
未勝利→忘れな草賞が延長でアップ戦でスローからハイペースとキツいところを
追い込みに回って3着と差せる脚があるのも見せつけました
今回も延長でアップで前走ローズSがスローだったので
ペースが速くなればシチュエーション的には似てくると言っていい場面
つまりある程度自在に動ける可能性はあるかと
 

サトノガーネット

父ディープインパクトはサンデー系種牡馬
母父Victory Noteは欧州ノーザンダンサー系で母母父Lear Fanはロベルト系
母系は欧州志向が強い配合
母父はサドラーズウェルズの全弟であるFairy Kingが入ってるのでやはり重い印象
 

サヤカチャン

父リーチザクラウンはサンデー系種牡馬
アンバーシャダイ×トウショウボーイの母方はスピード持続力に長けた配合
リーチザクラウンは間隔が詰まるほどに成績が良い傾向
今回は3週と詰まった間隔ではありますがさすがに・・
 

サラキア

父ディープインパクトはサンデー系種牡馬
母方のLomitas×Tiger Hillは欧州配合ですね
重いんだけどTiger HillがDanehill~Danzigの分だけまだ軽さはあるか
間隔開けた500万条件を圧勝→トライアル(ローズS)2着
この感じは同じ父であるヴィブロスと似てるのかなと(ヴィブロスは紫苑S2着)
馬体も使う毎に増えてきており単純に充実期の可能性があるならば
ディープ産駒の近年芝重賞が京都コースの勝率・連対率の落ち込みが顕著であっても
この馬は評価はしておきたい1頭
 

サラス

父オルフェーヴルはサンデー系種牡馬
母父が米国型Tapitなんでバランス型の配合の部類
しかも母母父El Pradoがサドラーズウェルズなんで欧州型で2走前が条件戦
人気より走りそうな資質はありか?
オルフェーヴル産駒は多頭数内枠が良くない傾向にある中で
前走紫苑Sは16頭立ての2枠4番で結局外に持ち出せず何も出来ずじまい
従ってここで外目の枠に入れば巻き返しの余地も多少は・・
 

スカーレットカラー

父ヴィクトワールピサはサンデー系種牡馬
母父ウォーエンブレムはミスプロ系で
サンデーとミスプロのバランスに母母父Distant Relativeは欧州型
血統構成的には悪くないものの
G1も2度目ですし条件戦も近走使ってないのでフレッシュさには欠ける感
 

ダンサール

父ハーツクライはサンデー系種牡馬
母方はアルゼンチン血統で母父Not For Saleはグレイソヴリン系
父×母父の配合はやや欧州に寄ってる感はありますが
母母父Confidential Talkはダマスカス系で米国型
全体(3代)の構成はバランスは取れてると思います
ハーツクライはこの京都2000mは非常に得意とする条件
圧勝後でS特化のデムーロ継続ならちょっと不気味な香り
 

トーセンブレス

父ディープインパクトはサンデー系種牡馬
母父ファルブラヴは欧州ノーザンダンサー系
Caerleon~Fabulous Dancerの母系含め欧州色が濃い母方ですね
オークスの取り消しによりリズムが崩れっちゃったのか?
前走ローズS15着と大敗。。厳しいか
 

ハーレムライン

父マンハッタンカフェはサンデー系種牡馬
母父グルームダンサーがレッドゴッド系で欧州ナスルーラ型
母母父がスピード持続力に長けたノーザンテーストという配合で若干パワー不足
溜めて斬れるような血統ではないので先行していかに粘れるかどうか
前走ちょっと見どころはあったので直感ですが何となく怖い存在
 

パイオニアバイオ

父ルーラーシップはキングマンボ系でミスプロ系種牡馬
母父がサンデー系ゼンノロブロイなんでバランス型の配合
その奥から欧州色は感じにくいですが・・
フレンチデピュティ~ノーザンテースト系ならパワーとスピード持続力を供給
まあ斬れるような馬ではないのでここ2走の位置取りはどうにも・・
オークスはフローラSを頑張った後で延長で位置を下げる逆ショックでも崩れず
前走はルーラーシップが人気以上にはほぼ走らないと言っていい芝重賞でのダウン戦
結局ここも位置取りが後ろ過ぎて届かず4着
でも結果的にはこれで前へ行く位置取りのカードは残したという事に
今回はルーラーシップが芝重賞では圧倒的に馬券になるアップ戦
フローラS2着に紫苑Sちょい負けはパールコードと被るんですがねえ
 

プリモシーン

父はディープインパクトでサンデー系種牡馬
母父Fastnet Rockはダンチヒ系でスピードとパワーに長けた血
母母父Stravinskyはヌレイエフ系で欧州型
3代の血統構成は良いバランスではないかと思います
但しフレッシュさには欠けますが・・その代わり異端性はあり
ディープ産駒の近年芝重賞が京都コースの勝率・連対率の落ち込みが顕著であっても
それなりに評価は必要かなと
 

ミッキーチャーム

父はディープインパクトでサンデー系種牡馬
Dansili×Dominionの母方は欧州配合ですが
サラキア同様に母方にDanehill~Danzigがある分だけ軽さは補ってる感じ
当然条件戦からなんでフレッシュさは抜群
っていうか正直どうしたらいいか分からない馬(笑)
つまり強さがどこにあるか!?まだ見えないんですよね
間隔開けて馬体を増やしてからの3連勝はオール楽勝で厳しいペースも経験
アーモンドアイとは真逆の脚質なら人気次第で押さえておくべきなのかも?
 

ラッキーライラック

父オルフェーヴルはサンデー系種牡馬
母方Flower Alley×Seattle Slewはスピード能力に長けた配合で欧州色は薄目ですが
Flower Alleyはサドラーズウェルズを内包してて
そのFlower Alleyの近親にはトーセンラーとスピルバーグが居るという血筋馬
3冠でアーモンドアイと戦うなら(アーモンドアイが内枠に入るという条件付きで)
最もここが倒せるチャンスがあるんじゃないかなと個人的には
桜花賞はその前のチューリップ賞があまりにも楽過ぎた後で
さらにオルフェーヴル産駒が苦手とする多頭数内枠に初めて入ってと
楽→やや苦かと思えるタイミングでどうかな?と思いましたが
好位抜け出しできっちり2着確保
オークスは近年桜花賞で前向きな競馬=4角3番手以内を経験した馬が苦戦傾向の中
ここも何とか3着と崩れなかった
このあたりの内容からまだ戦えるとは思ってるんですが
順調さを欠いたのと乗り慣れた鞍上からのチェンジは大いに気掛かりではあり
 

ラテュロス

父はディープインパクトでサンデー系種牡馬
Touch Gold×Gilded Timeの母方は米国配合でパワーとスピードに長けた配合
2走前条件戦はいいものの欧州色が薄いのがどうか
ローズSは-12㎏で内からVラインで3着と相当頑張りました
Cがある馬ではあるのでアップ戦のG1でももう1戦耐えれるか!?
耐えれないほうが可能性は高いのかなとは思ってますが・・
 

ランドネ

父Blameはロベルト系種牡馬
米国産馬なんで当然のように米国の血が強調された血統構成
忘れな草賞でハイペース先行8着からスイートピーSはスロー先行1着
これは苦→楽でのもので次のオークスはいいとこなく11着
そして前走紫苑Sもスロー逃げで3着
楽な場面でしか走ってない馬がまた苦の場面になって走れるのか?
 

リュヌルージュ

父モンテロッソはミスプロ系種牡馬ですが
Dubawiの血を引いておりBaratheaの血を内包なら欧州色もあり
メジロマックイーンにカコイーシーズの母方はいかにも馬力がありそうな配合
とにかくモンテロッソは内枠特注種牡馬
ホープフルSこそ負けましたが。。ゆきやなぎ賞からアップ戦だった忘れな草賞
これが秀逸で厳しいペースも全く苦にせず内から2着に食い込みました
この内容で間違いなくCがある馬と確信
それからずっとアップ戦で出て来るのを待ってました
で!前走がそのアップ戦だったんですが痛恨の大外枠で3着
やっぱりこの馬は内で集中力を高められるような競馬がベストであろうと
従って再アップ戦となるここは抽選を潜り抜けて内枠引けば非常に面白そう
サンデーの血は持ってませんがね
 

最後に注目馬をどうぞ

 
これを踏まえて現時点で
”穴っぽいところ”と”人気どころ”それぞれで注目してる馬を挙げておきます
(馬名はクリックで見れます。応援の意味も込めてもらえると嬉しいです)
 
 
人気どころで注目してるのが
サラキア
 
 
穴っぽいところで注目してるのが
ゴージャスランチ
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望

  2. 京都新聞杯 2018 予想 ステイフーリッシュの一発に賭けてみる…

  3. きさらぎ賞 2018 予想

  4. 小倉2歳ステークス 2018 予想 本命はシングルアップ

  5. チューリップ賞 2018 予想 ディープ産駒サラキアに賭けます

  6. 根岸ステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る