menu
閉じる
  1. 愛知杯 2018 予想
  2. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  5. ホープフルステークス2016 予想
  6. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  7. 秋華賞2016 予想
  8. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  9. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  10. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. オールカマー 2018 予想 本命はエアアンセム
  2. 神戸新聞杯 2018 予想 本命は思い入れの強い馬で
  3. 大阪スポーツ杯にセプテンバーSなど2018年9月22日土曜の競馬予想
  4. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  5. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  6. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  7. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  8. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  9. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  10. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

高松宮記念 2018 血統評価 出走予定18頭全馬編

 
今週のG1レースは中京競馬場芝1200mで行われる高松宮記念2018
いよいよここから本格的に今年のG1戦線がスタートとなります
ここではそんな高松宮記念出走予定馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)
これを五十音順にしていこうかと思います

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 

まずは過去の高松宮記念から見えてきたポイント

 

これは過去6年における高松宮記念1~3着馬の父と母父が分かるもの

17年 1’8’7 稍重
16年 1’6’7 良
15年 1’8’5 稍重
14年 1’12’2 不良
13年 1’8’1 良
12年 1’10’3 良

このようにとにかく高松宮記念は毎年馬場状態が変わっており
良馬場でも高速決着だったり時計が掛かったり(改装直後は時計の掛かる馬場でした)
かなり掴み辛くてどこにピントを合わせていくかというのが非常に難しいレース

とりあえず不良馬場だった14年と明らかに時計一つ遅かった12年
この2年を除いて見ていこうかと思います

13年と15年~17年で人気以上に走って馬券になったのは
ハクサンムーンとセイウンコウセイ、そして外国馬のエアロヴェロシティの3頭のみ

ハクサンムーンとセイウンコウセイは共にアドマイヤムーン産駒
アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系であったので
パワーとスピードに長けた父を持つ馬にまずは注目でしょうか

瞬発力の印象があるサンデー系種牡馬よりは非サンデー系種牡馬のほうが圧倒的に好走してますし
やはりパワーとスピードですから米国型重視が良さそう

さらにこのアドマイヤムーン産駒2頭は母父がボールドルーラー系とテスコボーイ系
これはスピード持続力に長けたナスルーラ系で共通
という事で母方はスピード持続力に長けた血を持つ馬に注目

もちろんこれを基本ベースに考えていこうとは思いますが
あまりこれに縛られず広いレンジ(前日の傾向など)で見極める必要があるでしょうね

あとこのレースは圧倒的にリズム重賞でしょう


この表は過去6年の高松宮記念における1~3着馬の前走

かなりの確率で前走連対馬がそのまま好走してるという事が分かります


そしてこの表が過去6年の高松宮記念における前走着順別成績

これを見たら尚更一目瞭然ですね!とにかく前走連対馬が走る走る

重賞=特にG1は格があるレースなんでこういう傾向が各レースであるとは思いますが
ここまでくっきりと出てるレースは珍しいのでちょっと頭の片隅に覚えておきたいもんです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに個人的にスプリントG1(高松宮記念&スプリンターズS)で思う事を突き詰めてみようかなと


これはちょうど今から2年前にTwitterで呟いたものですが
スプリントG1は特にG1鮮度というものが活きやすいレースなのでは??
近年この路線は地盤沈下が激しい様に思われますし

【17年スプリンターズS】
1着 レッドファルクス
2着 レッツゴードンキ
3着 ワンスインナムーン 1200mG12度目

【17年高松宮記念】
1着 セイウンコウセイ 初G1
2着 レッツゴードンキ
3着 レッドファルクス

【16年スプリンターズS】
1着 レッドファルクス 初G1
2着 ミッキーアイル
3着 ソルヴェイグ 1200mG1初

【16年高松宮記念】
1着 ビッグアーサー 初G1
2着 ミッキーアイル
3着 アルビアーノ 1200mG1初

【15年スプリンターズS】
1着 ストレイトガール
2着 サクラゴスペル
3着 ウキヨノカゼ 初G1

【15年高松宮記念】
1着 エアロヴェロシティ
2着 ハクサンムーン
3着 ミッキーアイル 1200mG1初

過去3年のスプリントG1における3着内馬をずらっと書き連ねてみましたが
やっぱり1頭は「初G1」「1200mG1初」「1200mG12度目」といった馬が絡んでますね

【初G1】
キングハート
シャイニングレイ
ビップライブリー

【1200mG1初】
ジューヌエコール
セカンドテーブル
フミノムーン
モーニン
リエノテソーロ
レーヌミノル

【1200mG12度目】
ダイアナヘイロー
ナックビーナス
ファインニードル
ラインスピリット
ラインミーティア

出走予定馬でそれぞれに該当する馬を書き出してみました(除外対象馬含む)
 

今年の出走馬の血統分析

キングハート

父オレハマッテルゼはサンデー系種牡馬
自身も初1200m戦だったこのレースで勝っておりスピードの寄ったサンデー系という認識
これは母方のジヤツジアンジエルーチ(ボールドルーラー)×ノーザンテーストから来てるかも
産駒は小倉・福島・中京といったいわゆるローカル競馬場が得意な傾向
ハナズゴール(チューリップ賞4番人気37.2倍1着)
メイショウイザヨイ(北九州記念13番人気35.3倍2着)
オウノミチ(北九州記念3番人気9.0倍3着)
過去の重賞好走例を見るとこれらは前走勝利→アップ戦という臨戦でのもの
キングハートも函館スプリントS2着がこのパターン(4番人気10.1倍2着)
これまでG1実績はないですが今回前走勝ってリズムを付けてのG1挑戦
これまで産駒のG1好走例はありませんが可能性は人気よりは有りそうな気も
母方はミスプロ×欧州ノーザンダンサー系でバランス型
 

シャイニングレイ

父ディープインパクトはサンデー系種牡馬
産駒ではミッキーアイルが過去当レースで2.3着と実績を残しております
母シェルズレイにその全弟ブラックシェルはG1にあと一歩届かなかった近親馬ですが
この2頭は父クロフネだった事を考えれば初G1でもあるので鮮度的にはやれそう
前走1400mハイペースで先行から差しに回る位置取りなら安土城S→CBC賞と同じ構図
ただ今回はその前走が18着というのがネック
クロフネ~トニービン~テスコボーイという母方はスピード持続力に長けてそうですが
 

ジューヌエコール

父クロフネはヴァイスリージェント系(米国ノーザンダンサー系)という事で
パワーとスピードに長けた種牡馬
母父アグネスタキオンは芝重賞だと間隔開けての臨戦でよく走る血
今回はオーシャンSからなんで間隔は詰まり気味でリズムもよろしくない
祖母がソニンクなんで代表的な近親にはロジユニヴァース(日本ダービー)ディアドラ(秋華賞)
この2頭を含みこの系統は道悪特注のライン
 

スノードラゴン

父アドマイヤコジーンはカロ~グレイソヴリンの系統なんで欧州色があるものの
父の父コジーンが米国で活躍しノーザンテースト~プリンスリーギフトという
スピードに長けた血を内包してる分だけややスピードに勝ったグレイソヴリン系
母方タヤスツヨシもカロ~グレイソヴリン内包で母母父も欧州ナスルーラ
成績が示す通り重い印象で14年2着時のように馬場のアシストは欲しいところ
10歳でもまだまだ元気なんですがよくて掲示板の下の方までか
 

セイウンコウセイ

昨年の勝ち馬で父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系
パワーとスピードに長けた父で1200mではバクシンオー産駒の後釜となりつつある種牡馬
昨年がそうであったようにアドマイヤムーン産駒はリズム良い時の重賞挑戦は○
そう考えれば前走2着とリズムを付けてきたのはレース傾向にも合致するしいいかもしれない
ただその昨年の初G1も含め最高であったリズムよりはさすがに劣りはしますが
むろん母方もボールドルーラー×ミスプロ×ボールドルーラーでスピード持続力に長けた配合
 

ダイアナヘイロー

父キングヘイローはノーザンダンサー系種牡馬で欧州型
改装前ではありますがキングヘイロー自身と産駒のローレルゲレイロが当レースで勝利
改装後のコース成績もそんなには悪くはありません
前走阪急杯1着でリズムを付けてきたのはいいとは思うものの
馬場差はあれど2走前より道中のペースは若干遅くなって延長で逃げたでしょ
つまり2走前より楽を感じて延長でも踏ん張れてしまったのかなという印象は拭えず
そして今回短縮で控えるとギャップで忙しく感じてしまうのではないかと
グラスワンダー×フジキセキの母方からはスピードというよりは馬力を感じさせてくれます
 

ダンスディレクター

父アルデバラン2はミスプロ系で主な産駒にはレジーナフォルテ(アイビスSD3着馬)
芝よりダートのほうが成績が良い産駒成績で
母方にDamascusを内包してるのでパワーとスピードに長けたイメージ
2走前33.9-44.8差し→前走33.6-44.8先行という事で
馬場差はあれど道中800mまでは近2走は変わらぬペースでその前走はダウン戦
それでも延長臨戦で好走という事で苦に感じそうな所でのこの内容は相当秀逸かと
しかも今回そこから間隔もうまく開けてきたというのがイヤらしく(笑)差しの位置取りも掛かる
サンデー~トニービン~マルゼンスキー~テスコボーイの母方はバランスが取れており
サンデーからは一瞬のスピード、トニービンから持続的な脚を供給といった印象
 

ナックビーナス

父ダイワメジャーはサンデー系種牡馬でノーザンテーストを内包
サンデー系でもスピード型の部類に入ってくるでしょう
産駒では14年にコパノリチャードが不良馬場で制してますが
基本的にこのコースではクラスアップと共に成績が落ちており
15年以降では1000万条件より上で【0.0.1.30】と苦戦傾向
More Than Ready×Pine Bluffの母方がスピード特化配合でしょう
前走2着の好走は3走前が少頭数で逃げで楽→2走前多頭数外枠控える競馬で苦
このギャップからだと考えているのでそこからどれだけ上積みがあるのかどうか?
 

ネロ

父ヨハネスブルグはストームキャット系で米国型ノーザンダンサー系
Ogygian~ミスプロ内包なんでパワーとスピードに長けた父でしょうね
同じ父がストームキャット系だった(Harlan’s Holiday)アルビアーノが当レースで3着
3走前のダート替わりで4着だったショックが効いたのか?
そこからの2走は完全に立ち直ってる印象さえ受けますしリズムは悪くなさそう
前走で逃げたセイウンコウセイとダイアナヘイローは今回控えそうですし
人気のレッドファルクスにレッツゴードンキは後ろからで圧が前にさほど掛かりにくそうです
母方はサンデー×ダンチヒでスピード特化してるでしょうしちょっと面白いかも!?
 

ノボバカラ

父はサンデー系のアドマイヤオーラで活躍馬はダートに偏りが見られますね
フレンチデピュティ×Dayjurはスピード特化のノーザンダンサー系配合
母方は悪くないものの近親の成績もダートに偏ってますし
同馬も芝実績もないので芝替わりのショックを使ってもここではさすがに敷居が高そう
 

ファインニードル

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系
パワーとスピードに長けた父で1200mではバクシンオー産駒の後釜となりつつある種牡馬
昨年がそうであったようにアドマイヤムーン産駒はリズム良い時の重賞挑戦は○
前走1着からの臨戦でG1も2度目とまだ鮮度がありそうなのも良し
ではスプリンターズS12着の敗因をどこに求めるのか??になるんですが
近4走を見るとそのスプリンターズSだけが外目の枠から外々を回る競馬
あとの3走は馬込みも全く苦にせず北九州記念は不利がありながら伸びてはいましたし
セントウルSとシルクロードSは内でじっとして最後抜け出し完勝
つまり外枠よりは走りに集中出来そうな内目の枠がこの馬には必要になりそう
Mark of Esteem×Royal Academyの母方は欧州配合でスピードの供給はやや不足か
 

ブリザード

父Starcraftはソヴィエトスター~ヌレイエフの系統なんで欧州ノーザンダンサー系
母父Redoute’s Choiceはダンチヒ系でスピード型
母母父もヌレイエフという事でノーザンダンサーがかなり濃く出た配合
香港馬らしくタフな馬場に強そうな血統構成の割には・・
昨年の7秒台決着であったスプリンターズSでじりじり伸びて5着の内容は評価に値しそう
馬込みも全く苦にしてなかったですしスプリンターズSよりはタフになりそうな(16年は特別)
ここなら左回りの懸念はあるものの条件的にはこっちのほうが良さそうではあり
 

ラインスピリット

父スウェプトオーヴァーボードはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
父はアドマイヤムーンと同系統でパワーとスピード長けた印象
近親にはこのレースにも出走予定のダンスディレクターが居るんですが
この馬はトニービン×マルゼンスキーの母方で
ダンスディレクターが持っているサンデーの血が入ってないので欧州寄りの配合
他に狙えそうな馬が居る中でこの馬は勝手に評価は下がってしまいますね
 

ラインミーティア

父メイショウボーラーはヘイロー系でストームキャットとナスルーラ内包
つまりパワーとスピードに長けた父であるでしょう
ただオース×オグリキャップの母方は重い印象で近走リズムを崩してしまってる状態
さすがに厳しいと言わざるを得ないですかね
 

リエノテソーロ

父Speightstownはミスプロ系種牡馬
ストームキャット内包という事でパワーとスピードに長けた父であるでしょう
母方はダンチヒ~ミスプロ~アリダーで構成的には16年アルビアーノと近いものがあり
アルビアーノは父もストームキャット系でしたしNHKマイルC2着まで共通ですね
そのアルビアーノはオーシャンSでそれなりの競馬をしてからの臨戦過程でしたが
この馬はオーシャンSでいまいち弾き切れずで・・
近走のリズムが悪いというのはどうしてもここではネックになる感じ
 

レーヌミノル

父ダイワメジャーはサンデー系種牡馬でノーザンテーストを内包
サンデー系でもスピード型の部類に入ってくるでしょう
産駒では14年にコパノリチャードが不良馬場で制してますが
基本的にこのコースではクラスアップと共に成績が落ちており
15年以降では1000万条件より上で【0.0.1.30】と苦戦傾向
ただタイキシャトル×ロイヤルスキー×テスコボーイの母方は素晴らしいスピード特化配合
マイルCS4着の内容が非常に濃くてG1実績馬で格があって1200mG1初という鮮度も
前走もうちょっと着を上げてリズムを付けて欲しかったですし父も推し切れないですが
出走予定馬の中では良い方の部類に入ってくるかと思います
 

レッツゴードンキ

父はキングカメハメハでキングマンボ~ミスプロ系
芝でもダートでも優秀な種馬=パワーとスピードに長けた父であるでしょうね
マーベラスサンデー×ジェイドロバリーの母方はややパワー優勢に感じるもののスピードもあり
昨年のこのレースは最高のリズムで迎え2着し昨年のスプリンターズSは間隔開けての臨戦
もう既に鮮度は失われてると思うのでリズムやうまく間隔開けての臨戦が良い様に思えます
今回はフェブラリーSからの臨戦なんでダートから芝替わりのショックと飽きの来ない臨戦は○
ただ。。ただですよ!
そのフェブラリーSが間隔開けての臨戦且つダート替わりで内を突いて5着
これがかなり頑張ってしまいショックに反応してしまったような気もするんです
そのショックの後でもう一回ショックに反応出来るのかどうか!?
そこが個人的にはポイントではないかと思いますが・・
2番人気なら人気とのバランスと他馬との比較で評価は低くなってしまう気がします
 

レッドファルクス

父スウェプトオーヴァーボードはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
父はアドマイヤムーンと同系統でパワーとスピード長けた印象
サンデー×Affirmedの母方もスピードに特化しており血統的には隙が見当たらない
スプリンターズSの連覇に昨年3着のこのレースは全て間隔開けての臨戦
今回は阪急杯を一叩きしての臨戦過程は過去のスプリントG1とは若干違います
つまり外厩を使わないという事になるのでこの微妙な違いがどう出るか!?
前走は後方待機で直線外に出して上がり1位で2番人気3着なら
これならここに向けて疲労は残さずにリズムも付けてといいのかもしれない
ただ単純に短縮ならまた後方からの競馬になりそうでそれで果たして届くかどうか?
それと1番人気とのバランスで馬券のどこに落とし込むか最後まで悩みそうです
 

最後に注目馬と一言

 
人気が予想されるレッドファルクスレッツゴードンキ
2頭共に昨年の2.3着馬であるので適性は問題なさそうですが
気になるのが臨戦過程になってしまいますね

ファインニードルは父はピッタリだと思いますが
母方の欧州配合はややマイナスもそれを内枠ゲットで相殺出来れば

そして私が現時点で最も注目してるのがこの馬→ダンスディレクター

ちょっと思い切った印の並びでもいいかなと考えてる今日この頃です(笑)
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 葵ステークス 2018 予想 前走G1からのアンヴァルに期待

  2. 新潟大賞典2018 出走予定馬と展望

  3. 小倉2歳ステークス 2018 予想 本命はシングルアップ

  4. 阪神大賞典2018 出走予定馬と展望

  5. 日本ダービー 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編

  6. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアン…

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る