menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  7. チャンピオンズカップ2016 予想
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 中京記念2018 出走予定馬と展望
  2. 【重賞結果】函館記念2018&BAOO岩美にいってきました
  3. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム
  4. 函館記念2018 出走予定馬と展望
  5. 【重賞結果】七夕賞2018&プロキオンステークス2018
  6. プロキオンステークス 2018 予想 キングズガードの連覇に期待
  7. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期待
  8. 道悪濃厚な豊明Sに五稜郭Sなど2018年7月7日土曜の競馬予想
  9. プロキオンステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 七夕賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

高松宮記念2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜中京競馬メインレースは高松宮記念2018

高松宮記念は芝1200mで行われる春のG1シリーズの幕開けを飾るレースで
春のスプリント王決定戦という位置付けになりますね

過去5年の高松宮記念の勝ち馬は
セイウンコウセイ、ビッグアーサー、エアロヴェロシティ、コパノリチャード、ロードカナロア
エアロヴェロシティは香港馬でしたが
コパノリチャード以降ここでG1初制覇というパターンが続いております

スノードラゴン
セイウンコウセイ
モーニン
レーヌミノル
レッツゴードンキ
レッドファルクス

今年はこれらG1勝ち馬6頭が登録という事でこの6頭以外が勝てばG1初制覇という事に
ですが・・人気はこの中からレッドファルクスが背負う事になるでしょう
昨年のこのレースでは3着でしたが今年は秋春スプリントG1連覇も掛かってます

レッドファルクスに加え上で挙げた5頭以外の主な出走予定馬は
キングハート、ダイアナヘイロー、ファインニードル、ネロ、リエノテソーロ等が登録

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週の若葉Sですがレース前にTwitterでこんな事をボソッと呟きました


馬券はどう買おうか?と考えました
とりあえず単複とさすがにタイムフライヤーは来るかと思い馬連
ワイドも考えましたがもしタイムフライヤーが飛べば複勝が跳ねると思い
そこはとどめて購入。すると。。

タイムフライヤーが飛んでまさかまさかの複勝万馬券的中
これはもちろん初体験でもうおそらく2度とないであろう体験が味わえました

ブログで予想を上げる事が出来ず残念でしたが
メルマガ等をやってない代わり?にこうやってTwitterでボソッと呟く事もありますので
良かったらfollow me!

ただもちろんこれはレアケース(笑)呟いた事はほぼ見当違いの事もあるのでご注意を
 

出走予定馬と血統表

 

これが高松宮記念2018出走予定馬23頭の3代血統表(フルゲートは18頭)

ソルヴェイグ
モーニン
ビップライブリー
フミノムーン
セカンドテーブル

これら5頭が現時点で除外対象馬になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去6年における高松宮記念1~3着馬の父と母父が分かるもの

17年 1’8’7 稍重
16年 1’6’7 良
15年 1’8’5 稍重
14年 1’12’2 不良
13年 1’8’1 良
12年 1’10’3 良

このようにとにかく高松宮記念は毎年馬場状態が変わっており
良馬場でも高速決着だったり時計が掛かったり(改装直後は時計の掛かる馬場でした)
かなり掴み辛くてどこにピントを合わせていくかというのが非常に難しいレース

とりあえず不良馬場だった14年と明らかに時計一つ遅かった12年
この2年を除いて見ていこうかと思います

13年と15年~17年で人気以上に走って馬券になったのは
ハクサンムーンとセイウンコウセイ、そして外国馬のエアロヴェロシティの3頭のみ

ハクサンムーンとセイウンコウセイは共にアドマイヤムーン産駒
アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系であったので
パワーとスピードに長けた父を持つ馬にまずは注目でしょうか

瞬発力の印象があるサンデー系種牡馬よりは非サンデー系種牡馬のほうが圧倒的に好走してますし
やはりパワーとスピードですから米国型重視が良さそう

さらにこのアドマイヤムーン産駒2頭は母父がボールドルーラー系とテスコボーイ系
これはスピード持続力に長けたナスルーラ系で共通
という事で母方はスピード持続力に長けた血を持つ馬に注目

もちろんこれを基本ベースに考えていこうとは思いますが
あまりこれに縛られず広いレンジ(前日の傾向など)で見極める必要があるでしょうね
 
 
あとこのレースは圧倒的にリズム重賞でしょう


この表は過去6年の高松宮記念における1~3着馬の前走

かなりの確率で前走連対馬がそのまま好走してるという事が分かります
 
 

そしてこの表が過去6年の高松宮記念における前走着順別成績

これを見たら尚更一目瞭然ですね!とにかく前走連対馬が走る走る

重賞=特にG1は格があるレースなんでこういう傾向が各レースであるとは思いますが
ここまでくっきりと出てるレースは珍しいのでちょっと頭の片隅に覚えておきたいもんです
 

現状のスプリントG1はG1鮮度が活きる?そして現時点で注目してる馬

 
血統に関しては後日各馬一頭ずつ見ていく事にして
ちょっとここでは個人的にスプリントG1(高松宮記念&スプリンターズS)で思う事
これを突き詰めてみようかなと


これはちょうど今から2年前にTwitterで呟いたものですが
スプリントG1は特にG1鮮度というものが活きやすいレースなのでは??
近年この路線は地盤沈下が激しい様に思われますし

【17年スプリンターズS】
1着 レッドファルクス
2着 レッツゴードンキ
3着 ワンスインナムーン 1200mG12度目

【17年高松宮記念】
1着 セイウンコウセイ 初G1
2着 レッツゴードンキ
3着 レッドファルクス

【16年スプリンターズS】
1着 レッドファルクス 初G1
2着 ミッキーアイル
3着 ソルヴェイグ 1200mG1初

【16年高松宮記念】
1着 ビッグアーサー 初G1
2着 ミッキーアイル
3着 アルビアーノ 1200mG1初

【15年スプリンターズS】
1着 ストレイトガール
2着 サクラゴスペル
3着 ウキヨノカゼ 初G1

【15年高松宮記念】
1着 エアロヴェロシティ
2着 ハクサンムーン
3着 ミッキーアイル 1200mG1初

過去3年のスプリントG1における3着内馬をずらっと書き連ねてみましたが
やっぱり1頭は「初G1」「1200mG1初」「1200mG12度目」といった馬が絡んでますね

【初G1】
キングハート
シャイニングレイ
ビップライブリー

【1200mG1初】
ジューヌエコール
セカンドテーブル
フミノムーン
モーニン
リエノテソーロ
レーヌミノル

【1200mG12度目】
ダイアナヘイロー
ナックビーナス
ファインニードル
ラインスピリット
ラインミーティア

出走予定馬でそれぞれに該当する馬を書き出してみました(除外対象馬含む)

この中なら前走1着でアドマイヤムーン産駒のファインニードルあたりに目がいくんですが

私が現時点で最も注目してるのがこの馬→ダンスディレクター

父は米国型種牡馬で母父からスピードを供給と血統バランスはここに合いそうですしリズムも○
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. スプリングステークス 2018 予想 鞍上デムーロのルーカス本命…

  2. 青葉賞2018 出走予定馬と展望

  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望

  4. かしわ記念 2018 予想

  5. 天皇賞春 2018 血統評価 出走馬17頭全馬編

  6. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る