menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 日本ダービー2017 全頭の血統評価というか短評も
  2. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  3. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  4. オークス2017 予想
  5. 平安ステークス2017 予想
  6. オークス2017 出走予定馬と展望
  7. ヴィクトリアマイル2017 予想
  8. 京王杯スプリングカップ2017 予想
  9. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望
  10. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

宝塚記念2016 血統評価その2~ドゥラメンテ・ラブリーデイ他~

 
今週は上半期総決算のレースとなる宝塚記念でもありますし
今回は1頭1頭の血統評価をしていきます
 
後編となる今回は出走予定馬の馬名順でドから始まる8頭
 
ここには有力視されてるドゥラメンテ、昨年の覇者ラブリーデイの名前もあり
 
それではいってみよ~
 
ちなみに前編はこちらから
宝塚記念2016 血統評価その1~アンビシャス・キタサンブラック他~
 
まずは参照になると思うんで過去10年の宝塚記念の血統傾向を
 

宝塚記念過去10年1~3着馬の血統

 
宝塚記念過去10年
 
これを参考にしながら各馬の血統評価をしていきます
(ちなみに06年は京都施行だったんで過去10年からは外しております)
 
近年は基本的に父サンデー系が強い傾向
キングカメハメハの血も走ってるのでG1らしくG1で強い血がここでも活躍してるイメージ
 

宝塚記念2016出走予定馬の血統評価

 
ドゥラメンテ
 
父はキングカメハメハでラブリーデイ・ルーラーシップがこのレースで馬券に
前走がドバイシーマクラシックという事なんで今回は間隔を開けての臨戦になりますが
キングカメハメハ産駒は芝G1レースでは間隔が開けば開くほどに好走率が高くなる傾向
母方はサンデー×トニービンという王道的配合
実はラブリーデイ・ルーラーシップも母方にトニービンを持っての好走でした
そんなルーラーシップは近親にあたりますし祖母エアグルーヴも当レースで馬券に
血統的に隙は見当たらないような気も!?
 
 
ヒットザターゲット
 
この馬も父はキングカメハメハ
ただ前走が目黒記念なんで間隔は詰まり気味というのは気になる材料
母方はタマモクロス×ニホンピロウイナーという配合
タマモクロスはトニービンと同系のグレイソヴリンではありますが・・・
 
 
フェイムゲーム
 
父はハーツクライで天皇賞春からの短縮臨戦は14年出走時(6着)と同じ
ただハーツクライ産駒のG1における短縮臨戦時の成績は【1.1.0.22】で散々であります
母方はアレミロード×ディクタスという配合
アレミロードはリボー系でこれは一昔前の宝塚記念で強い血でありましたし
近親にはステイゴールド、ショウナンパンドラ、サッカーボーイが居る血筋で
いずれもこのレースで実績あるので母方の血は非常に魅力的
 
 
マリアライト
 
父はディープインパクトで宝塚記念の産駒成績が【0.2.3.6】
特にこれが牝馬になると【0.1.3.3】複勝率57.1%でなかなかのハイアベレージ
ディープインパクト産駒におけるG1での前走臨戦別成績ですが同距離>延長>短縮の順
前走は目黒記念なんで短縮臨戦になるというのがややネック
母方はエルコンドルパサー×Riverman(ネヴァーベンド系)なんで欧州配合
ですが近親にはクリソライト・アロンダイトとダートG1勝ち馬が居る血筋なんでパワーもあるかと
ちなみに母父エルコンドルパサーは重・不良馬場で特注血統であります
 
 
ヤマカツエース
 
父はキングカメハメハ
芝G1レースでは間隔が開けば開くほどに好走率が高くなる傾向にあるキングカメハメハ産駒ですが
この馬は前走鳴尾記念からの臨戦なんで間隔は詰まってますね
母方はグラスワンダー×Tejaboという配合でパワー配合
グラスワンダーの血は実は宝塚記念と相性良くてグラスワンダー自身がこのレース勝利
産駒ではアーネストリーとサクラメガワンダーが好走しております
 
 
ラストインパクト
 
父はディープインパクトで宝塚記念の産駒成績が【0.2.3.6】
ディープインパクト産駒におけるG1での前走臨戦別成績ですが同距離>延長>短縮の順
今回ラストインパクトは臨戦こそ短縮ですが前走との間隔は13週と間隔を開けての臨戦
2000m以上のG1でディープインパクト産駒は
前走との間隔が10週以上開いてると複勝率37.5%という数字
母方はティンバーカントリー×Northern Dancerという配合で近親に当レース勝ち馬のビワハヤヒデ
ティンバーカントリーはミスプロ系なんで
近年の宝塚記念のトレンドでもある父サンデー系×母父パワー型の構成になります
 
 
ラブリーデイ
 
父はキングカメハメハで昨年の勝ち馬
昨年は鳴尾記念からの臨戦で間隔が詰まった中で勝利しましたが
基本キングカメハメハ産駒は芝G1レースでは間隔が開けば開くほどに好走率が高くなる傾向
今年は前走が香港で間隔が開いての臨戦は好材料になりそう
母方はダンスインザダーク×トニービン
宝塚記念はリピーターレースでもありますし今年も注意は必要かと
 
 
ワンアンドオンリー
 
父はハーツクライで前走ドバイシーマクラシックからの短縮臨戦は昨年出走時(11着)と同じ
ハーツクライ産駒のG1における短縮臨戦時の成績は【1.1.0.22】で散々
いくら母方がタイキシャトル×ダンチヒというパワー配合で母父がパワー型でも
ここでの推し難さは否めない感じ
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. デイリー杯2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 阪神大賞典2016 出走予定馬と先行予想

  3. 菊花賞2016 血統評価その2~サトノダイヤモンド・ディーマジェ…

  4. 目黒記念2016 出走予定馬と展望

  5. ラジオNIKKEI賞2016 出走予定馬と展望

  6. 函館記念2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 25日
  2. 2016年 6月 25日

カテゴリー

ページ上部へ戻る