menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
  2. 中京記念 2018 予想 本命はロジクライ
  3. 中京記念2018 出走予定馬と展望
  4. 【重賞結果】函館記念2018&BAOO岩美にいってきました
  5. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム
  6. 函館記念2018 出走予定馬と展望
  7. 【重賞結果】七夕賞2018&プロキオンステークス2018
  8. プロキオンステークス 2018 予想 キングズガードの連覇に期待
  9. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期待
  10. 道悪濃厚な豊明Sに五稜郭Sなど2018年7月7日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

宝塚記念2017 予想

 
6月25日(日)阪神競馬場芝2200mで行われる宝塚記念2017の予想です
 
 
宝塚記念は芝2200mで行われる古馬限定のG1競争でありまして
上半期を締め括るグランプリレースとして長い間親しまれている重賞
毎年ファン投票で出走馬を決めてますが今年のファン投票1位はキタサンブラックに
 
過去10年の勝ち馬の顔触れは
マリアライト、ラブリーデイ、ゴールドシップ、ゴールドシップ、オルフェーヴル
アーネストリー、ナカヤマフェスタ、ドリームジャーニー、エイシンデピュティ、アドマイヤムーン
意外とここで初G1制覇を果たした馬が多いというのも特徴ですかね
 
今年の出走馬は11頭と非常に寂しい顔ぶれとなりました
それもこれもG15勝のキタサンブラックに皆恐れをなしたからなのか??
そのキタサンブラックは昨年のこのレースは3着でむろん圧倒的1番人気
今年は大阪杯~天皇賞春とG1連勝で来てるので昨年のリベンジとG13連勝がかかるレースに
 
ストップザ・キタサンブラックの一番手と目されるシュヴァルグラン
単勝6番人気に甘んじてますが連ベースでは2番人気なので1着はない!という考えの人が多そう
前走天皇賞春はキタサンブラックの2着でしたが今回は初G1制覇なるのか?
 
他にはゴールドアクター、サトノクラウン、ミッキークイーンといったG1馬
これらが再び輝けるのか?
 
頭数は少ないですが好勝負になる事を期待したいです
 
そんな宝塚記念2017の発走時刻は15:40になっております
 

レースの見解

 
サンデー系種牡馬キングカメハメハグラスワンダー
これが近年で活躍が目立つ種牡馬
 
サンデー系種牡馬の中ではディープインパクトステイゴールドがよく馬券に
ただディープインパクトに関しては今年の古馬芝重賞での不振具合が気掛かり
 
母方に関しては欧州血統を持ってる馬の激走度合いが高い傾向ではないかと
昨年1着マリアライトは母父エルコンドルパサーがサドラーズウェルズ内包で母母父がネヴァーベンド系
昨年1番人気2着ドゥラメンテも母母父がトニービンで一昨年1着ラブリーデイも母母父トニービン
デニムアンドルビー、ショウナンパンドラ、カレンミロティック、ヴィルシーナ
近年好走したこれらの馬もまさにそんな馬でありました
 

宝塚記念2017の予想

 
◎はシャケトラにしました
父はマンハッタンカフェでサンデー系種牡馬
阪神2200mの数字が抜群に良いのがマンハッタンカフェでシャケトラ自身も勝利実績あり

で、これがそのマンハッタンカフェ産駒の阪神2200mクラス別成績(12年以降)
頭数は少ないですがクラスが上がれば上がるほどに成績がアップしてるのが分かります
そしてこのレースでも12年にショウナンマイティが3着
マンハッタンカフェはLaw Society(リボー系)内包種牡馬でこのリボーが宝塚記念では強し
マリアライト、ショウナンマイティ、ナカヤマフェスタが母方に持ってましたし
タップダンスシチーは父プレザントタップがリボー系でグラスワンダーもリボーを持ってました
2走前の日経賞が外から強い競馬をし過ぎた分、反動もあったのか?
前走天皇賞春はスタートで出負けし位置を取りにいったのもあってさすがに最後はきつかった感
そこから今回は多少なり気楽な立場になりますし少頭数も歓迎でしょう
母父Singspielはサドラーズウェルズ系で欧州血統、母母父Woodmanはミスプロ系
キタサンブラックは昨年このレースでマリアライトに
そして昨年の大阪杯ではアンビシャスにそれぞれ差し切られて負けてるんですが
この2頭共に母父エルコンドルパサーでサドラーズウェルズ内包してたんですよね
母方に欧州血統を持つ馬が走るレースでキタサンブラックと2度目の対戦で食い下がって欲しい
 
○はミッキーロケット
父はキングカメハメハで前走大阪杯から12週と間隔を開けての参戦で延長臨戦

これはキングカメハメハ産駒の芝重賞での前走間隔別成績
この10週から25週という間隔がキングカメハメハが一番走りやすいタイミングと言えそうで

そしてこれがその10週から25週という間隔においての前走距離成績
これを見てもらうと延長臨戦の数字が抜群に良い事が分かりますね~
延長臨戦はサトノダイヤモンドの2着だった神戸新聞杯と梅花賞(2着)を好走
皐月賞は完敗でしたが菊花賞は神戸新聞杯を頑張った後でスピード馬場もどうか?の中5着
前走大阪杯はスピード決着であの位置からではさすがに間に合わず
今回は延長で馬場も湿るならば
Pivotal×Caerleonの母方欧州ノーザンダンサー配合からしても期待出来そう
 
▲はキタサンブラック
父ブラックタイドはサンデー系種牡馬でディープインパクトの全兄
同じ血統でもディープインパクトよりブラックタイドのほうがパワー寄り
産駒全体の成績でも芝よりダートのほうが若干率が高くなってますからね
それでも直近の成績を遡って見ていくと
負けたG1は昨年の有馬記念と宝塚記念で小回り急坂の非根幹距離
京都や東京にスピード決着だった大阪杯の勝利実績からすれば
スピード持続力に長けた配合である母方のサクラバクシンオー×ボールドルーラー系の血が濃いか?
まあ昨年の宝塚記念は重たい馬場で逃げて前半1000mを59.1であわやの3着というかなり強い競馬
決して向いてないという事はないんでしょうが(笑)
この馬より評価したい馬が2頭居たのでこの評価
今回は自身初となる間に休みを挟まないG13連戦になるんですが
それでもこの少頭数ならねえ・・・といった感じ
 
△はゴールドアクター
父スクリーンヒーローはロベルト系
スクリーンヒーロー自身は同レースで5着でしたが父の父グラスワンダーは99年の勝ち馬
産駒もアーネストリーとサクラメガワンダーが好走しており
今回宝塚記念初挑戦というのは魅力的には映ります
使い古された言い回しですがロベルトの叩き3走目でもありますし
前走天皇賞春はまさかの10番手以降からの差し競馬で敗れました
自分の競馬が出来なかった分、これで今回は前々の競馬の結論になるのか!?
この馬の成績を辿ると上がりが速い時のほうが好走し上がりが掛かると凡走というパターンが多し
それだけに極端な重い馬場は避けたかったので評価はやや下げました
とにかくキタサンブラックよりは前に居てペースを作りたいですね
 

予想印と買い目

 
シャケトラ
○ミッキーロケット
▲キタサンブラック
△ゴールドアクター
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎ー○△のワイド
▲ー◎○△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 小倉2歳ステークス 2017 予想

  2. 天保山ステークス2017 予想

  3. 函館2歳ステークス 2017 予想

  4. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 予想

  5. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重…

  6. NHKマイルカップ2017 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る