menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  5. ホープフルステークス2016 予想
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. スプリンターズステークス2017 出走予定馬と展望
  2. オールカマー 2017 予想
  3. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  4. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  5. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  6. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  7. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  8. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  9. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  10. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ

 
いきなりですが七夕賞は血統だけで1着になりそうな馬が絞れそうなんです!
 
基本的に◎は1着になりそうな馬というよりは
3着内に入る可能性が最もありそうな馬を選んでますが
 
このレース=七夕賞では1着になりそうな馬に◎を打ってみるのも考え中
 
まあちょっとだけ付き合って下さいませ~
 

七夕賞の勝ち馬(過去8年)

 
15年 グランデッツァ(母父Marju)
14年 メイショウナルト(母父カーネギー)
13年 マイネルラクリマ(父チーフベアハート)
12年 アスカクリチャン(母父ダイナレター)
10年 ドモナラズ(母父ナリタハヤブサ)
09年 ミヤビランべリ(父オペラハウス、母父ホリスキー)
08年 ミヤビランべリ(父オペラハウス、母父ホリスキー)
07年 サンバレンティン(母父ノーザンテースト)
 
これが過去8年における七夕賞勝ち馬(11年中山施行は除く)
 
そしてこれらの血統の共通点はズバリ父か母父にノーザンダンサー系の血を有してる事
実にこのパターンの馬が8年連続で七夕賞勝利してるという事になりますね
 
Marju、カーネギー、ナリタハヤブサ、オペラハウス、ホリスキー
このあたりはノーザンダンサー系でも欧州ノーザンダンサー系の部類
 
割合としてはノーザンでも欧州寄りのノーザンダンサーがベスト
ノーザンでも米国型ノーザンダンサー系はちょっと違う感はあります
 

七夕賞2016出走馬で父か母父にノーザンダンサーの血を持つ馬

 
アルバートドック(母父Unusual Heat)
オリオンザジャパン(父クロフネ)
クリールカイザー(父キングヘイロー)
シャイニープリンス(父キングヘイロー)
ステラウインド(母父スピニングワールド)
マーティンボロ(母父Nureyev)
マイネルラクリマ(父チーフベアハート)
メイショウナルト(母父カーネギー)
ヤマニンボワラクテ(母父エリシオ)
ルミナスウォリアー(父メイショウサムソン)
 
七夕賞出走馬で父か母父ノーザンダンサー系の馬はこの10頭
 
その中でも赤字で記した馬がノーザンダンサーでも欧州ノーザンダンサー系の血を持つ馬
つまりこの8頭の中に勝ち馬が潜んでるような気がします
 
ちょっと多いですが・・・
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 福島記念2016 予想

  2. 東京新聞杯2016 母方に欧州血統もしくはロベルトの血を持つ馬に…

  3. シルクロードステークス2016 ビッグアーサーに死角あり!?~サ…

  4. フラワーカップ2016 予想

  5. 菊花賞2016 出走予定馬と展望

  6. 日本ダービー2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る