menu
閉じる
  1. 京都大賞典2016 予想
  2. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  3. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  4. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  5. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. 秋華賞2016 予想
  8. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  9. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  10. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

七夕賞2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜福島メインレースは七夕賞2017
 
 
七夕賞は芝2000mで行われる3歳以上のハンデキャップレース
サマー2000シリーズの第1戦として行われます
 
過去5年の勝ち馬は
16年 アルバートドック
15年 グランデッツァ
14年 メイショウナルト
13年 マイネルラクリマ
12年 アスカクリチャン
 
トップハンデは57.5㎏のマルターズアポジー
ダコール、マイネルラクリマ、トレイルブレイザー
実は過去5年だとこれらトップハンデを背負った3頭が馬券に絡んでおります
そういった意味では逆に期待出来る材料になってくるかもしれませんね
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【1.1.1.2】
近2年は1番人気が馬券になってませんし2ケタ人気馬が6年連続で馬券に
人気馬から極端な人気薄まで幅広い検討が必要になってきそうなレースであり
 
マルターズアポジーの他に主な登録馬は
ゼーヴィント、マイネルフロスト、スズカデヴィアス、パドルウィールらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
七夕賞2017出走予定馬は14頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 
昨年ワンツーフィニッシュを決めてるのがディープインパクト産駒
14年に10番人気だったニューダイナスティも2着に突っ込んでるので悪くなさそう
ただ福島2000mの数字があまり良くないのと今年の古馬重賞で不振な事は頭の片隅に
 
ヴァイスリージェント系のクロフネ
ロベルト系のマヤノトップガン
ミスプロ系のスターリングローズ、アフリート
これらが2ケタ人気で穴を開けた種牡馬ですが特徴としてはパワー型種牡馬という点
先程挙げたニューダイナスティも母方はロベルト×ダンチヒでしたし
この血は人気薄でこそ輝ける可能性があるかも!?
 
ディープインパクト以外でも父サンデー系が優勢ですが
サンデー×ノーザンダンサーノーザンダンサー×サンデーの配合馬の活躍が目立ってます
 

有力馬の考察

 
ゼーヴィントの父はディープインパクト
母方はブライアンズタイムにDayjurなんでロベルト×ダンチヒですね
つまりニューダイナスティとほぼ同じような血統構成になります
問題はこれまでで一番間隔が開けての臨戦という事になってくるんでしょうが
ディープにしては機動力のある馬でこのレースとの血統相性も悪くなさそうなんで
それ相応の評価は必要になりそう
 
マルターズアポジーはゴスホークケン産駒でストームキャット系種牡馬
ストームキャットは米国型ノーザンダンサー系でクロフネとかと同型
今回はさすがに人気薄という訳にはいきませんがここでの相性としては良さそう
G1有馬記念からのダウン戦だった小倉大賞典が強い勝ち方で
ここも前走大阪杯だったのでG1からのダウン戦なら
 
マイネルフロストの父はブラックタイドでサンデー系種牡馬
この馬も母方がグラスワンダーにDayjurなんでロベルト×ダンチヒ
ただ懸念材料としては重賞を2戦続けて人気以上に走り馬券になってる点
過去5年の七夕賞で前走重賞1~3着馬は【0.1.1.6】で走った2頭はいずれも1番人気
休み明け3戦目でさすがに疲労は気にはなりますが・・・
 

出走予定馬で気になる馬

 
ゼーヴィント
ソールインパクト
タツゴウゲキ
バーディーイーグル
パドルウィール
マルターズアポジー
ヴォージュ
 
この7頭の中で最も注目してるのがソールインパクトで次点がタツゴウゲキ
 
ソールインパクトの父はディープインパクト
古馬初重賞という事で鮮度あるディープなんでタイミングとしては狙えそう
しかも母父Exchange Rateがダンチヒ系という事でノーザンダンサー
サンデー×ノーザンダンサー配合馬ですからね
 
タツゴウゲキの父はマーベラスサンデーでサンデー系種牡馬
1600万からの臨戦ですが1600万→重賞という臨戦は悪くないのが父の特徴
母父Singspielはサドラーズウェルズ系でノーザンダンサー
この馬もサンデー×ノーザンダンサー配合馬になります
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ヴィクトリアマイル2017 予想

  2. クイーンカップ2017 予想

  3. 宝塚記念2017 予想

  4. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要で…

  5. 朝日杯フューチュリティステークス 2017 予想

  6. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る