menu
閉じる
  1. 愛知杯 2018 予想
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  4. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  8. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. エプソムカップ2016 予想
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. 日本ダービー 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編
  2. 目黒記念2018 出走予定馬と展望
  3. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  5. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  6. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  7. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  8. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  9. オークス2018 出走予定馬と展望
  10. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

天皇賞春 2018 血統評価 出走馬17頭全馬編

 
今週のG1レースは京都競馬場芝3200mで行われる天皇賞春2018
血統派が一年の中でも気合いが入る長距離G1となるレース
ここではそんな天皇賞春出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)
これを馬番順にしていこうかと思います

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 

まずは過去の天皇賞春から見えてきたポイント

 

これは過去10年における天皇賞春1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
ハーツクライ
ステイゴールド
この2種牡馬の活躍が近年非常に目立っております

ステイゴールド産駒はフェノーメノとゴールドシップが13年~15年に勝利し3連勝
いずれもが人気より着順が上でありました

17年4番人気2着 ※シュヴァルグラン(母父ミスプロ系)
16年2番人気1着 キタサンブラック(サクラバクシンオー×ボールドルーラー系)
16年13番人気2着 ※カレンミロティック(母父エーピーインディ~ボールドルーラー系)
15年2番人気1着 ゴールドシップ
15年7番人気2着 ※フェイムゲーム
15年10番人気3着 ※カレンミロティック(母父エーピーインディ~ボールドルーラー系)

これが過去3年で人気より着順が上だった馬
※印を付けた馬はハーツクライ産駒ですから実に延べ4頭が馬券になってるんです

そして母方の血でありますが3200mでもスタミナ血統の重要性はあまり感じられなくて
スピード持続力ある血や配合=ナスルーラや米国志向強めのほうが現代では良さそう
ゴールドシップも4代母がサクラバクシンオーと同系であるプリンスリーギフト系でしたし
フェイムゲームは4代母×5代母の配合がノーザンテースト×プリンスリーギフト系
 

今年の出走馬の血統分析

ミッキーロケット

父キングカメハメハはキングマンボ~ミスプロ系種牡馬
同じキングマンボ系種牡馬だったエイシンフラッシュが走ってますが基本的には苦戦してる系統
母方のPivotal×Caerleonは欧州ノーザンダンサー系配合で欧州色強し
異端臨戦(前走2200mはこの馬のみ)且つキングカメハメハが得意とする間隔開けての臨戦
それは良いんですが馬場のアシスト=湿った馬場が欲しかった
京都外回りのスピード持続力というのにはやや欠ける印象
 

チェスナットコート

父ハーツクライは当レースで活躍が目立つ種牡馬
母父クロフネ×母母父Miswakiの配合はスピード特化されていて
近親にダッシャーゴーゴーというスプリント重賞実績馬が居る血筋
ダッシャーワンというダート短距離で活躍した馬も居るので確実に母系はスピード有り
Miswakiも異質の父サンデー逃げ馬だったサイレンススズカの母父ならこれもスピード供給
しかもその奥が大一番で強いリボー系の血も見えます
4走前と3走前は割と厳しめのペースで好走し特に3走前はインから馬の間を割る競馬で勝利
2走前はスローの上がりの競馬に対応し大外から好走
異なる競馬で好走してきてからの前走日経賞は
3走前の内容からアップ戦で期待出来ると思いましたがしっかり走って2着
前走の疲労は気になりますが・・
それは今年の低調なメンバーと近走の勢い&鮮度から相殺出来るでしょう!
ただ週初めのこの記事でも紹介したように
「ハーツクライ産駒は京都外回り重賞で意外と勝ち切れてない」
これはあるんですが過去に勝利を挙げてる馬と共通点も見られるので
 

シホウ

父キングカメハメハはキングマンボ~ミスプロ系種牡馬
同じキングマンボ系種牡馬だったエイシンフラッシュが走ってますが基本的には苦戦してる系統
Danehill×Caerleonの母方はノーザンダンサー系配合で欧州色の強い配合
その奥も欧州血統が重ねられており重い配合の印象ですね
 

カレンミロティック

ハーツクライ産駒で過去当レースで2度馬券にと適性は十分でしょう
それは父もそうですが母父A.P. Indyがボールドルーラー~ナスルーラ系でスピード質強め
これが大きく物を言ってのものかと思われます
母母父Caerleonが欧州ノーザンダンサー~ニジンスキー系で母方はバランス取れた配合
昨年の有馬記念はさすがに・・でしたが
それ以外の復帰した京都大賞典以降のレース内容はさほど悪くはない
得意の舞台で蘇る可能性も!?
 

ヤマカツライデン

父シンボリクリスエスはロベルト系種牡馬でややパワーに長けた感じ
母方のダンスインザダーク×ジェイドロバリーはバランスの取れた配合
重賞で好走した函館記念はダウン戦且つ重馬場
このあたりからして逃げのアドバンテージはあるにせよここでの好走イメージは湧きにくい
 

ガンコ

父ナカヤマフェスタはステイゴールドの血をひくサンデー系種牡馬
ナカヤマフェスタの産駒成績を見ると2000mを超えると一気に好走率が高くなってます
(2200mは何故か良くないですが)
特にスタミナの要求度が高い2600mで【1.2.2.5】ならばサンデー系でもかなりスタミナ寄り
ナカヤマフェスタ自身も稍重の宝塚記念で勝利し凱旋門賞の2着と重い芝を得意としてました
そして母父Singspielがサドラーズウェルズ~欧州ノーザンダンサー系なら重い配合
その奥のPolish Precedent~Mill Reefのラインも欧州色の強い配合
上がりが掛かるレース傾向というのは悪くないんでしょうが
スピード持続力というのは血統的には不足してるんじゃないかと
実際本格化前とはいえ同じ京都外回りの日経新春杯で
2着だったダイワメジャー産駒(ロードヴァンドール)を捕まえきれなかったですからね
 

ピンポン

父ハーツクライは当レースで活躍が目立つ種牡馬
母父ホワイトマズルは欧州ノーザンダンサー~リファール系
母母父ノーザンテーストはスピード持続力血統で母方はノーザンダンサー系配合
足らんでしょう
 

クリンチャー

ディープスカイ産駒でアグネスタキオンの血をひくサンデー系種牡馬
タキオンの血をひいてる割には産駒はダートの成績が良くて
クリンチャーを筆頭に芝では2200mを超えると好走率が高くなる傾向
母母父がダンチヒなんである程度のスピードは供給されてそうですが
母父がブライアンズタイムなんでこの配合だとパワーのほうに寄ってる印象
菊花賞と京都記念の好走からしても重い方が走るイメージですもんね
ただ皐月賞でスピード決着に対応出来てる(4着)というのが悩ましい
それが死のステップと言っていいすみれステークス勝ちからでしたから尚更
京都記念で同じ歳のダービー馬と皐月賞馬を下して勝利
これが出し切った感が強くて前走1倍台の1番人気では評価し辛かったですがまとめて3着
阪神大賞典でうまく凡走した事により疲労ストレスも抜けてここは走れそうではありますが・・
 

ソールインパクト

父はディープインパクトでサトノダイヤモンドとトーセンラーが好走
この2頭の共通点は母方がスピード配合だったり母父が米国型だったという特徴が
この馬の母方はExchange Rate×Time for a Changeという米国志向の配合
パワーとスピードに長けた印象があって母母父Time for a Changeはウインバリアシオンと同じ
近2走の成績が過去2着で大穴を演出したエリモエクスパイアを彷彿とさせしかも鞍上も同じ
疲労が残りやすいのか重賞連続好走はしないタイプならば今回は走るタイミングか?
まさに先行してだらっと母方の血からスピード持続力で粘りこむイメージで
ただ熱くなり過ぎずにディープ産駒という事は忘れずに
 

サトノクロニクル

ハーツクライ産駒で前走阪神大賞典2着なら一見買いたくなりそう
ただ母父Intikhabはマイラーでしたが欧州血統
母母父Caerleonが欧州ノーザンダンサー~ニジンスキー系
母父の奥にミスプロ~ダンチヒというスピード質のある血を持ってはおりますが
母方は欧州色強めの配合と言っていいでしょう
過去3度の凡走はいずれもが前走からのアップ戦でのもの
逆に前走阪神大賞典を含めダウン戦できっちりと反応してるのでそんなに強くないのでは!?
今回はG2→G1なんでアップ戦になりますが・・
 

シュヴァルグラン

父はハーツクライで昨年2着一昨年3着ですから適性は文句なし
母父Machiavellianはミスプロ系で母母父ヌレイエフは欧州ノーザンダンサー系
バランス型の配合という認識でいいでしょう
母父がミスプロ系ですのでここからスピードの供給がなされてる分の2年続けての好走か
ただ週初めのこの記事でも紹介したように
「ハーツクライ産駒は京都外回り重賞で意外と勝ち切れてない」

17年宝塚記念8着、16年有馬記念6着、16年宝塚記念9着
馬券圏内を外したこの3レースはいずれもG1好走後からのG1というローテーション
で、昨年の有馬記念はジャパンC1着からの臨戦でどうやろ?と思いましたが3着に踏ん張る
しかもこのジャパンCは産駒が芝重賞で突出して好成績である東京競馬場でのもの
当時は稀に見る極悪馬場後の天皇賞秋組が出走馬の半分以上を占めており
そんな中で京都大賞典から7週とゆったりした臨戦も良かった中で何から何まで条件が向いたもの
そこからの有馬記念だったので余計に厳しいであろうと思った中でのこの結果
これはこの馬に強さを示したと言っても過言ではないでしょう
今回は大阪杯13着からの臨戦なのでG1凡走後からのG1というローテーション
このパターンは初めてになりますが普通に考えれば凡走してますし産駒得意の延長臨戦にもなりますし
得意の舞台なんで狙い澄ましてるとは思うんですが・・どうにも違和感が拭えない
昨年の有馬記念が厳しい中で頑張ってしまった分だけひょっとしたら疲労が抜けてないのではと
そうなるとリズムを崩しての13着から一気の巻き返しがあるのかどうか!?
 

レインボーライン

父はステイゴールドでこのレースで実績あるサンデー系のスタミナ型種牡馬
母方はフレンチデピュティ×ノーザンテーストでスピード特化配合
おっ!!何かバッチリかもしれません
母父フレンチデピュティの牡馬というのは早熟傾向があるのか?
古馬になってからだと芝重賞で散々な成績なんですがこの馬は既に2度好走
じゃあ良いんじゃないですか!?って。。
前走は久々にダウン戦だったというのもあってか勝ちましたが3番人気でのもの
基本的にはキタサンブラック、サトノダイヤモンド、モーリス、メジャーエンブレムといった
レースで圧倒的に圧を持ってた(人気)馬と走ってきて好走してる馬
それが今回いくら飛車角抜きの面子とはいえ1~2番人気になりそう
つまり今度は自分が人気を背負う立場でこれまでのような走りが出来るのかどうか?
非常に取捨に悩む一頭になりそうです
 

トウシンモンステラ

父キングカメハメハはキングマンボ~ミスプロ系種牡馬
同じキングマンボ系種牡馬だったエイシンフラッシュが走ってますが基本的には苦戦してる系統
サンデー×Baldski(ニジンスキー系)の配合はバランス型
父も含めて全体的にはバランスが良すぎてここでは秀でる所が見つからず
 

アルバート

父アドマイヤドンはミスプロ系で同系だと過去10年でエイシンフラッシュが11年2着
昨年同じ父であったアドマイヤデウスが際どい4着でしたが基本的には苦戦傾向
母母父がスピード持続力に長けたノーザンテーストを持っているものの
父方のトニービンと母父ダンスインザダークからスタミナをかなり受け継いでるのか
エンジンの掛かりが遅い印象のステイヤーで忙しく感じる短縮臨戦は苦手
従って今回阪神大賞典から200mとはいえ延長臨戦なのは良いかも
この馬は意外と上がりが速くなる(35秒未満)と好走し遅くなる(35秒以上)と凡走の傾向
高速馬場であっても最後の上がりは掛かりやすいレース傾向なのがどうか?
 

トーセンバジル

父はハービンジャーでダンチヒ系ながら代を経ての欧州ノーザンダンサー系
はっきり言ってノーザンダンサー系種牡馬は近年苦戦しておりますが
かつてはダンチヒ系種牡馬を父に持ってたマイネルキッツが2年連続で好走
そして何と言っても魅力なのが母方の血統でありまして
母母父がスピード持続力に長けたノーザンテースト
3代母がクラフテイワイフでこの一族からはトーセンジョーダンが当レースで2着
カンパニー、ダークメッセージ、トーセンスターダム、レニングラード、トーセンホマレボシ
他の一族も京都重賞で走りまくってるのでこの一族は淀に適性があるはず
さらにその奥もCrafty ProspectorにSecretariatですから
これは母父フジキセキも踏まえて母方は相当スピード持続力に長けてる配合
デムーロが前に行ってくれるかちょっと計りかねるんですが
理想は京都大賞典の時のように
延長臨戦で差し→先行への位置取りショックでスピード持続力を活かす競馬
 

スマートレイアー

父はディープインパクトでサトノダイヤモンドとトーセンラーが好走
この2頭の共通点は母方がスピード配合だったり母父が米国型だったという特徴が
その点この馬の母方ホワイトマズル×Groom Dancerは重めの欧州配合
15年米子ステークス以降G1【0.0.0.7】それ以外【4.3.1.0】という非常に分り易い戦績
負けてるとはいえG1でも際どい所には来てはいるんですが・・・
 

トミケンスラーヴァ

父タイキシャトルはヘイロー系で米国型種牡馬
デヒア×Miswakiの母方はスピード特化されてますし
メイショウドンタクパターンならこれかも!?と少しは考えたんですが
それならば過去2戦をもうちょっと頑張って欲しかったかなと
 

最後に注目馬と一言

 
カレンミロティック
シュヴァルグラン
ソールインパクト
チェスナットコート
トーセンバジル
レインボーライン

血統的にはこの6頭がいいんじゃないかなというのが現時点でのジャッジ

そして現時点で最も注目してる馬は→チェスナットコート
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. NHKマイルカップ2018 出走予定馬と展望

  2. オークス2018 出走予定馬と展望

  3. マーチステークス 2018 予想 カネヒキリ産駒ロンドンタウンを…

  4. 毎日杯2018 出走予定馬と展望

  5. 中山記念2018 出走予定馬と展望

  6. 中山金杯2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る