menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  8. エプソムカップ2016 予想
  9. 京都大賞典 2017 予想
  10. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  2. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  6. エリザベス女王杯 2017 予想
  7. 福島記念 2017 予想
  8. 武蔵野ステークス 2017 予想
  9. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
  10. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編

 
今週は秋の古馬王道路線初戦となる天皇賞秋2017
という事でここでは天皇賞秋出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)を各馬馬番順にしていきます

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 

まずは過去の天皇賞秋から見えてきたポイント

 

これは過去10年における天皇賞秋1~3着馬の父と母父が分かるもの

4年続けて馬券になってるのがディープインパクト産駒
当然最も注目すべき種牡馬になるんでしょうが過去5年では【1.4.1.17】と数字はそれほどでも
まさに数の論理で走ってるとも言えなくはないのかもしれませんが
一つ取捨選択出来るかもしれないデータはズバリ生産者
社台ファーム【1.0.0.1】ノーザンファーム【0.4.1.3】それ以外【0.0.0.13】
このあたりをポイントにしてみるというも手かも

率だけでみればキングマンボ系種牡馬がなかなかで過去5年【2.0.2.7】

母方は米国配合=スピード特化配合の馬が近年では良く走ってる印象
リアルスティール(Storm Cat×Mr. Prospector)
ステファノス(クロフネ×Seeking the Gold)
イスラボニータ(Cozzene×Crafty Prospector)
母父にダンチヒや米国血統を持ってた
スピルバーグ、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、フェノーメノも走っており

母方に関してはスピード血統が前面に出てる馬のほうが狙いやすいかも?

欧州配合だったモーリス、ダンス×トニービンだったラブリーデイは1番人気でしたし
欧州配合のエイシンフラッシュも勝ってるので欧州も別に否定はしませんが
どちらかと言うなら・・という感じですかね

さあ今週こそは良馬場でガチンコ勝負!!と思ってたんですが・・
また週末に台風接近という事でどうなることやら
とりあえず馬場が悪くなればその時考えるというスタンスでいきますわ(笑)
 

今年の出走馬の血統分析

サクラアンプルール

父はキングカメハメハでキングマンボ系種牡馬
芝重賞では間隔が開いてるほど好成績なのがキングカメハメハの特徴でもあるので
前走札幌記念から10週と間隔が開いての臨戦は良い部類
半兄のサクラメガワンダーは天皇賞秋6.13着ですが近親には当レース勝ち馬サクラチトセオー
サンデー×ノーザンテーストの母方はややスピード寄りの配合でしょうか
札幌記念を人気より着順が上だった馬は近年軒並み苦戦傾向
キンカメ×サンデーの配合馬も東京G1では意外と走れてないのがどうか?(走ってるのは3歳馬ばかり)
 

サトノクラウン

父Marjuはノーザンダンサー系種牡馬で欧州型
このLast Tycoon~Try My Bestの系統は父こそ違えどメイショウドトウと同じ系統の種牡馬
ノーザンダンサー系種牡馬で馬券になったのは07年1着メイショウサムソンが最後
それ含め過去10年では【1.0.0.29】とかなり苦戦しております
どうしてもサンデー系やキングマンボ系の斬れや総合力に馬力=スタミナが及ばない感じ
この馬自身も力の要る馬場が基本得意であり良馬場がダメという訳ではないものの
他馬が力の要る馬場よりも走れるようになるだけやや落ちるといったところ
Rossini×Vettoriの母方もミスプロ配合ではあるんですが共に欧州で活躍した馬
つまり全体的には欧州配合でレース成績同様に重いイメージはあります
 

ネオリアリズム

父ネオユニヴァースはサンデー系種牡馬
芝よりもダートのほうが成績が上回ってる種牡馬でサンデーでも若干パワー寄り
ディープの斬れとはやや対局にいる感じなので母方にはスピード血統を持っていたい所
東京芝重賞でネオユニヴァース産駒は良馬場だと【0.5.5.52】と勝利実績なし
これが湿った馬場になると【3.0.0.8】になるので勝ち切るには馬場の助けが要りそう
今回は香港以来なんで26週=半年とかなり間隔の開いての臨戦
ネオユニヴァースは芝重賞で間隔が開いてる臨戦は割と良いんですがさすがに半年以上だと【0.0.0.7】
で、その母方がMeadowlake×In Reality共に米国で活躍した馬同士の配合
昨年の札幌記念初めて逃げて1着した後につまり楽を感じた後に
次の短縮となるマイルCSでそこそこのペースでも2番手につけ3着したという内容が高評価もの
地味に強くなってきてる気がするんですがどうでしょうかねえ
 

リアルスティール

父はディープインパクトでディープに好相性なノーザンファーム生産馬で昨年2着
Storm Cat×Mr. Prospectorの母方は米国配合でスピード特化なされてますね
昨年は安田記念から間隔を開けての延長臨戦でしたが
今年は毎日王冠から間隔を詰めての延長臨戦とやや昨年とは違う形になりました
基本的にディープインパクト×Storm Catの配合馬は
古馬になるにつれ1400m~1800mに良績が集中し2000m以上は苦戦する傾向
そして間隔を詰めた臨戦の際の延長臨戦の成績が芳しくないというデータがあり
今年は前走がかなり走れるタイミングだったとも思えるのでそれ以上は望めない気も

ヤマカツエース

父はキングカメハメハなんでキングマンボ系種牡馬
芝重賞だと間隔が開いてるほうが成績が良いキングカメハメハだけに
前走札幌記念から10週開けた間隔は非常に好感が持てますしこれはG1でも例外ではなく
母父グラスワンダーは父として2頭馬券になり父の父グラスワンダーだったのがモーリス
そのグラスワンダーはダンチヒ内包でTejabo~Bold Ruckusという母方はスピード特化配合
昨年の金鯱賞でプラス20㎏と馬体を大きくして以降1.4.1.3.3着と安定
適性外と思えた有馬記念でも見せ場作りましたし充実してる馬が今回人気落ちしそう
本当の斬れ勝負になった時はディープ軍団に敵わないかもしれませんが
人気のディープが今回走れるか微妙なら33秒台の決め脚を身に付けた今チャンスかも!?
 

ディサイファ

父ディープインパクトに母方もミスプロ×ダンチヒでスピード特化された配合
前走オールカマーは久々に良い走りでしたがいかんせん近走のリズム=着順が悪すぎるか
 

キタサンブラック

父ブラックタイドはサンデー系種牡馬でディープインパクトの全兄
これまで色んな血統の概念をぶち破ってきた馬なので今更何を語るやですが(笑)
久々に9着と走れなかった前走の宝塚記念
春のG13戦目でレコード決着だった天皇賞春の反動?
これまでずっと内枠だったのが久々の外枠で?
本質はスピードタイプ?なんで稍重というやや力の要する馬場が向かなかった?
走れなかった理由を後付けすればこんなところか
今回はそこから間隔をたっぷり開けての臨戦なんでリフレッシュされてはいるでしょう
内目に入ったのでスピード馬場なら普通に巻き返しそうではありますが・・
先週相当馬場が悪くなってその影響がどこまで残ってるか?は気になる所ではあり
あとはしばらく完敗がなかった馬が完敗した後だけに闘争心が戻ってるかどうか?
サクラバクシンオー×ジヤツジアンジエルーチの母方はナスルーラ配合でスピード特化
 

レインボーライン

父はステイゴールドでサンデー系種牡馬
サンデーでもスタミナ型の血統で父自身も2着してますし産駒のフェノーメノも2着
母方はフレンチデピュティ×ノーザンテーストでスピード特化配合
ただ大いに引っ掛るのは母父フレンチデピュティ
特に牡馬だと母父フレンチは早熟傾向があるのか?古馬になってからだと芝重賞で散々な成績
この馬自身も古馬になってから4.12.5着と奮いませんね
 

ソウルスターリング

父Frankelはサドラーズウェルズ系でノーザンダンサー系種牡馬
ノーザンダンサー系種牡馬で馬券になったのは07年1着メイショウサムソンが最後
それ含め過去10年では【1.0.0.29】とかなり苦戦しております
どうしてもサンデー系やキングマンボ系の斬れや総合力に馬力=スタミナが及ばない感じ
なんですがこの馬はレースぶりから割と軽めの印象
これはFrankelの母父であるデインヒル~ダンチヒの血が濃く出てるタイプかも
前走毎日王冠は32秒台の究極上がり勝負でディープ独占という結果
いくら軽さを持ってる馬とはいえここまでいけばさすがに辛かったはず
母方もMonsun×Dashing Bladeという本格的な欧州配合でありましたし
今回はキタサンブラックがレースを支配する分だけそこまで究極の斬れ勝負にはならないかと
ならば巻き返しの可能性もありそうな感じはします
メンバー的に鮮度を持つ馬が少ないと思える中で古馬初G1という鮮度があるのも魅力
 

ミッキーロケット

父はキングカメハメハなんでキングマンボ系種牡馬
芝重賞だと間隔が開いてるほうが成績が良いキングカメハメハだけに
前走京都大賞典から3週と間隔が詰まり気味なのは
同じ父であるヤマカツエースと比べても分が悪く感じられます
このローテでキングカメハメハ産駒のラブリーデイが勝ってはいるんですがね
Pivotal×Caerleonの母方は重めの欧州ノーザンダンサー配合
ちょっと全体の血統構成は重い印象はあり
 

ロードヴァンドール

ダイワメジャーにストームキャットなんでスピード型の血統
ただ同じ父ダイワメジャーで母母父がストームキャットだったカレンブラックヒルも5着まで
2走前大阪杯は2.5差のしんがり負けでしたし厳しいか
 

ステファノス

父はディープインパクトでディープに好相性なノーザンファーム生産馬で昨年3着.一昨年2着
昨年も一昨年も毎日王冠からの臨戦でしたが今年はオールカマーからの臨戦
一昨年の毎日王冠は内伸び馬場を外から差す競馬で7着
昨年の毎日王冠は外伸び馬場を内から差す競馬で5着
共に本番で巻き返す余地を十分感じさせられるレースぶりではあったことは事実
今回は前走先行からの短縮臨戦なんで差しの位置取りという期待は出来そう
クロフネ×Seeking the Goldの母方はスピード特化された配合
この馬の印の落としどころはかなり悩みそうではあり
 

グレーターロンドン

父はディープインパクトですが下河辺牧場生産なので非ノーザン非社台という事に
これに関してなら傾向からいってマイナス材料にはなるんでしょうが
それを補って余りあるのが母方の勢いと血統構成
母父ドクターデヴィアスは欧州血統ですが母母父がダンチヒというのはいいでしょう
そして近親には先週菊花賞を勝ったキセキやオークス馬ダイワエルシエーロがいる血筋
この近親馬は芝重賞での延長臨戦の成績が抜群!
前走毎日王冠は1600m→1800mの延長臨戦で3着ときっちり対応
ここも1800m→2000mの延長臨戦ですしまだG1も2度目と出走馬では鮮度がある方ではあり

サトノアラジン

父はディープインパクトでディープに好相性なノーザンファーム生産馬
加えて母父Storm Catはリアルスティールと同配合
しかも母母父Fappianoがミスプロ系なのでかなりリアルスティールと似通った配合になります
この馬も前走が毎日王冠なんで間隔を詰めての延長臨戦という形
基本的にディープインパクト×Storm Catの配合馬は
古馬になるにつれ1400m~1800mに良績が集中し2000m以上は苦戦する傾向
そして間隔を詰めた臨戦の際の延長臨戦の成績が芳しくないというデータがあり
2度のマイルCSと昨年の安田記念は前走好走→凡走という形
今年の安田記念は前走京王杯SCが凡走→好走という形
前走毎日王冠は2着と好走してしまいましたが・・
まあ母方はリアルスティールと似た配合なんで米国配合つまりスピード特化されてます

マカヒキ

父はディープインパクトでディープに好相性なノーザンファーム生産馬
母父フレンチデピュティからはスピード、母母父Rainbow Cornerからは欧州
母方はバランス取れた配合になりますね
ただ大いに引っ掛かるのは母父フレンチデピュティという事
特に牡馬の母父フレンチは早熟傾向があるのか?古馬になってからの芝重賞は【1.1.3.55】で散々
近走は6.4.3着とそんなには負けてはいないんで早熟と決め付けるのは早計だとは思います
ですからマイルチャンピオンシップあたりに出てくれば買いたくなるのかも!?
 

カデナ

父はディープインパクトですがグランド牧場生産なので非ノーザン非社台という事に
母父フレンチデピュティ×Seattle Slewはスピード特化された配合
牡馬の母父フレンチは早熟傾向があるのか?古馬になってからの芝重賞は散々ですが
この馬は3歳馬なんでまだギリギリか!?
そうなるとここは古馬初G1という鮮度の持ち主でもあるので
非ノーザン非社台をどこまで相殺出来るか?
 

ワンアンドオンリー

父ハーツクライはサンデー系種牡馬
前走毎日王冠がおっと思わせる競馬でここがハーツクライ得意の延長臨戦に
母方もタイキシャトルにダンチヒとスピード特化された配合で悪くないんですが・・
いかんせん近走のリズムの悪さと大外枠は厳しい印象
内枠なら紐で買っていたかもしれませんが・・
 

シャケトラ

父はマンハッタンカフェでサンデー系種牡馬
間隔を開けた臨戦且つ外枠というのはマンハッタンカフェが芝重賞で得意な条件ではあり
ただこの18番の大外枠はあまりにも外すぎる印象
母父がサドラーズウェルズ系のSingspielでこれが表に出てる分だけ重いイメージ
良馬場のスピード勝負よりは湿った馬場になったほうがいいようなタイプか
 

最後に一言

 
秋華賞や菊花賞は書く事が結構あったんですが古馬はそれに比べると書く事があんまり・・
まあざっとになった部分もありますがその辺はご容赦下さいませ

それにしても今週も週末の天気予報が芳しくないので
馬場状態の見極めというのがギリギリまで必要になってきそうですね

現時点では今年の毎日王冠1.2着馬はそこが絶好の走れるタイミングだったと思う中で
今回の天皇賞秋はそれよりもかなり落ちる印象はあります

キタサンブラックは間隔を開けた臨戦でリフレッシュされてるのはいいんでしょうが
やはり前走完敗を喫した後だけに重い印は打ち辛く感じてますが・・
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 札幌記念2017 出走予定馬と展望

  2. 京都大賞典2017 出走予定馬と展望

  3. 安田記念2017 血統データ ディープ産駒より非サンデー系種牡馬…

  4. きさらぎ賞2017 予想

  5. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望

  6. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬を…

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る