menu
閉じる
  1. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  8. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  9. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  2. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  6. エリザベス女王杯 2017 予想
  7. 福島記念 2017 予想
  8. 武蔵野ステークス 2017 予想
  9. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
  10. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

天皇賞秋 2017 予想 重い馬場想定です今週も

 
10月29日(日)東京競馬場で行われる天皇賞秋2017の予想です
 
 
天皇賞秋は芝2000mで行われる3歳以上のG1レース
秋のG1古馬王道路線にあたる天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念の初戦になります

昨年はモーリス、一昨年はラブリーデイと1番人気馬が連勝中
今年の1番人気はG15勝馬のキタサンブラック
前走宝塚記念は9着に敗れましたがここで復権となり今年G13勝目を飾るのか!?

それに待ったをかけたい2番人気はサトノクラウン
前走宝塚記念ではキタサンブラックを破って海外含めてG12勝目

昨年の2着馬リアルスティールが3番人気
2002年シンボリクリスエス以来となる3歳馬による盾制覇目指すソウルスターリングが4番人気
 
以下の人気は
サトノアラジン、グレーターロンドン、ネオリアリズム、ヤマカツエース、マカヒキの順

そんな天皇賞秋2017の発走時刻は15:40になっております
 

競馬Podcast出演情報

 
今回の天皇賞秋ですが「まとまり系競馬サロン Mラジ」という競馬予想Podcast
この番組にゲスト予想家として出演しております

しかもゲスト予想家史上初?となる2週連続での出演でありました
私自身この番組のヘビーリスナーであるんですが毎週更新されてるのでもし宜しければ聴いて下さい

尚、諸事情から名前はエリモダンディーになってますが(笑)

レースの見解はこう考えました

 
週中にはこんな記事もアップしております
興味のある方はここから入ってみて覗いてやって下さい
↓で予想してる馬以外の馬の事もたっぷりと触れてあるので

これは過去10年における天皇賞秋1~3着馬の父と母父が分かるもの

4年続けて馬券になってるのがディープインパクト産駒
当然最も注目すべき種牡馬になるんでしょうが過去5年では【1.4.1.17】と数字はそれほどでも
まさに数の論理で走ってるとも言えなくはないのかもしれませんが
一つ取捨選択出来るかもしれないデータはズバリ生産者
社台ファーム【1.0.0.1】ノーザンファーム【0.4.1.3】それ以外【0.0.0.13】
このあたりをポイントにしてみるというも手かも

率だけでみればキングマンボ系種牡馬がなかなかで過去5年【2.0.2.7】

母方は米国配合=スピード特化配合の馬が近年では良く走ってる印象
リアルスティール(Storm Cat×Mr. Prospector)
ステファノス(クロフネ×Seeking the Gold)
イスラボニータ(Cozzene×Crafty Prospector)
母父にダンチヒや米国血統を持ってた
スピルバーグ、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、フェノーメノも走っており

母方に関してはスピード血統が前面に出てる馬のほうが狙いやすいかも?

欧州配合だったモーリス、ダンス×トニービンだったラブリーデイは1番人気でしたし
欧州配合のエイシンフラッシュも勝ってるので欧州も別に否定はしませんが
どちらかと言うなら・・という感じですかね

さあ今週こそは良馬場でガチンコ勝負!!と思ってたんですが・・またもや馬場悪化は避けられずか
という事でこんなデータを

これは過去10年東京競馬場芝重賞における重・不良馬場での種牡馬成績

天皇賞秋でも注目なディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒
この2産駒のコントラストがくっきりと・・・

このあたりも考慮しつつ予想を組み立ててみようかと思います
 

天皇賞秋2017の予想

 
◎はヤマカツエースにしました
父はキングカメハメハなんでキングマンボ系種牡馬
芝重賞だと間隔が開いてるほうが成績が良いキングカメハメハだけに
前走札幌記念から10週開けた間隔は非常に好感が持てますしこれはG1でも例外ではありません
この馬自身そしてキングカメハメハは道悪苦にしない馬が多いですし
勝ち切れないものの↑のデータで示したように東京重賞での道悪成績はなかなかですから
母父グラスワンダーは父として2頭馬券になり父の父グラスワンダーだったのがモーリス
そのグラスワンダーはダンチヒ内包でTejabo~Bold Ruckusという母方はスピード特化配合
昨年の金鯱賞でプラス20㎏と馬体を大きくして以降1.4.1.3.3着と安定
適性外と思えた有馬記念でも見せ場作りましたし充実してる馬が今回人気落ち
33秒台の決め脚を身に付けたとはいえ
本当の斬れ勝負になった時はディープ軍団に敵わなかったかもしれない中での馬場悪化は追い風

○はソウルスターリング
父Frankelはサドラーズウェルズ系でノーザンダンサー系種牡馬
ノーザンダンサー系種牡馬で馬券になったのは07年1着メイショウサムソンが最後
それ含め過去10年では【1.0.0.29】とかなり苦戦しております
どうしてもサンデー系やキングマンボ系の斬れや総合力に馬力=スタミナが及ばない感じ
ただこれは馬場悪化により多少なりとも相殺出来る可能性が
母方もMonsun×Dashing Bladeという本格的な欧州配合でありますし
前走毎日王冠は32秒台の究極上がり勝負でディープ独占という結果
過去のレースぶりやFrankelの母父であるデインヒル~ダンチヒの血から
血統配合の割に軽さを持ってる馬とはいえここまでいけばさすがに辛かったはず
キタサンブラックがレースを支配するのと斬れ勝負にはならないなら
巻き返しの可能性もありそうな感じはします
メンバー的に鮮度を持つ馬が少ないと思える中で古馬初G1という鮮度があるのも魅力

▲はグレーターロンドン
父はディープインパクトですが下河辺牧場生産なので非ノーザン非社台という事に
これに関してなら傾向からいってマイナス材料にはなるんでしょうが
それを補って余りあるのが母方の勢いと血統構成
母父ドクターデヴィアスは欧州血統ですが母母父がダンチヒというのはいいでしょう
そして近親には先週菊花賞を勝ったキセキやオークス馬ダイワエルシエーロがいる血筋
この2頭含め近親馬は芝重賞での延長臨戦の成績が抜群!
この馬自身前走毎日王冠は1600m→1800mの延長臨戦で3着ときっちり対応
ここも1800m→2000mの延長臨戦ですしまだG1も2度目と出走馬では鮮度がある方ではあり
キセキは先週不良馬場の菊花賞勝ち、ダイワエルシエーロは稍重であったオークス勝ち
ディープインパクト産駒ではありますが近親から重い馬場も何とかなりそうではあり

ネオリアリズムの父ネオユニヴァースはサンデー系種牡馬
芝よりもダートのほうが成績が上回ってる種牡馬でサンデーでも若干パワー寄り
東京芝重賞でネオユニヴァース産駒は良馬場だと【0.5.5.52】と勝利実績なし
これが湿った馬場になると【3.0.0.8】になるので馬場悪化は確実に追い風かと
今回は香港以来なんで26週=半年とかなり間隔の開いての臨戦
ネオユニヴァースは芝重賞で間隔が開いてる臨戦は割と良いんですがさすがに半年以上だと【0.0.0.7】
(ただ堀厩舎の半年以上の臨戦は意外と走ってるんです)
母方はMeadowlake×In Reality共に米国で活躍した馬同士の配合
昨年の札幌記念初めて逃げて1着した後につまり楽を感じた後に
次の短縮となるマイルCSでそこそこのペースでも2番手につけ3着したという内容が高評価もの
地味に強くなってきてる気がするんですがどうでしょうかねえ

とりあえずこの4頭を上位評価にしてあと気になる馬は押さえに

レインボーラインは当初母父フレンチデピュティが大いに気になるのでバッサリでした
牡馬だと母父フレンチは早熟傾向があるのか?古馬になってから芝重賞で散々な成績ですから
この馬自身も古馬になってから4.12.5着と奮いませんし
ただ↑で取り上げたステイゴールドの東京重賞での道悪成績の良さに加えて
母母父レインボーアンバーが不良馬場で圧勝してたりという事があるので
まあ全く人気がないですから買っておこうかと

シャケトラの父はマンハッタンカフェでサンデー系種牡馬
間隔を開けた臨戦且つ外枠というのはマンハッタンカフェが芝重賞で得意な条件ではあり
ただこの18番の大外枠はコース形態からもあまりにも外すぎる印象はあります
それでも道悪でバラけるならその不利な部分も多少なり補えるかと
母父がサドラーズウェルズ系のSingspielでこれが表に出てる分だけ重いイメージ
良馬場のスピード勝負よりは湿った馬場になったほうがいいようなタイプですし

人気2頭のジャッジはこんな感じ
最後の最後で結局押さえるという可能性もあるのでご勘弁を(笑)
 
サトノクラウンは父Marjuがノーザンダンサー系種牡馬で欧州型
当然力の要る馬場は得意でありますから十分走れそうではあります
ただ過去2度の天皇賞秋は今回と馬場こそ違えど多頭数内枠で走らず
道悪でバラけるなら問題ないんでしょうが今回も多頭数内枠で揉まれちゃう懸念も

キタサンブラックの父ブラックタイドはディープインパクトの全兄
それでも産駒は全く逆ベクトルに出ててどちらかと言えばサンデーでもパワー寄り
今回は宝塚記念から間隔をたっぷり開けての臨戦なんでリフレッシュはされているでしょう
あとはしばらく完敗がなかった馬が完敗した後だけに闘争心が戻ってるかどうか?
サクラバクシンオー×ジヤツジアンジエルーチの母方はナスルーラ配合でスピード特化
年齢を重ねてこの血統の本質が出て来てると仮定するなら
休み明けの2000mG1大阪杯とレコード決着だった天皇賞春の勝利に稍重だった宝塚記念の凡走
これらがイコールで繋がってはくるんですが・・・
 

予想印と買い目

 
ヤマカツエース
○ソウルスターリング
▲グレーターロンドン
△ネオリアリズム
×レインボーライン
×シャケトラ

買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲ー▲△××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編

  2. 凱旋門賞2017 日本馬含め確定した出走馬と展望

  3. 日経新春杯2017 予想

  4. ベルモントステークス2017 予想

  5. 京都大賞典 2017 予想

  6. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本…

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る