menu
閉じる
  1. 有馬記念2015 予想
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  6. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望
  2. 高松宮記念2017 予想
  3. マーチステークス2017 予想
  4. 日経賞2017 予想
  5. 毎日杯2017 予想
  6. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  7. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  8. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  9. フラワーカップ2017 予想
  10. スプリングステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

天皇賞春2016の血統評価(後編)

 
いよいよ枠順も決まって血統派として気持ちが高ぶってきた今年の天皇賞春
ここでは1頭1頭の血統評価をしていきます
 
後編となる今回は出走馬の馬名順でトーセンレーヴから始まる9頭
菊花賞馬トーホウジャッカル、昨年の2着馬フェイムゲームに穴っぽいところも
 
それではいってみよ~
 
まずは参照になると思うんで過去10年の天皇賞春の血統傾向を
 

天皇賞春過去10年1~3着馬の血統

天皇賞春過去10年1~3着馬の血統
 
これを参考にしながら各馬の血統評価をしていきます
 
ステイゴールド、ハーツクライ、ハンプトン、トニービン、母方にノーザンダンサーの血を持つ馬
 
とりあえずこの5つの血いずれかを持つ馬は評価したいですね
 

天皇賞春2016出走馬の血統評価

 
血統評価(前編)はこちら
 
 
トーセンレーヴ
 
ディープインパクト産駒のこの馬ですが産駒の天皇賞春成績は【0.1.0.6】
唯一馬券になったのは13年2着のトーセンラーのみ
このトーセンラーは前走京都記念から11週と間隔を開けての臨戦
キズナは大阪杯からでしたが他の馬は日経賞と阪神大賞典という前走ローテーション
基本的にディープインパクト産駒は疲労に強くないので
主要なステップよりは裏ローテや間隔を開けての臨戦の馬がここでは狙えるのかも?
トーセンレーヴはトーセンラーと同じ京都記念からの臨戦
ただ前走が負け過ぎです・・母父Caerleonが欧州ノーザンダンサー系ですがね
 
トーホウジャッカル
 
父はスペシャルウィークで産駒の天皇賞春成績は【0.0.0.1】
自身は菊花賞馬でありますが産駒の3000m超重賞成績は【1.2.1.11】でまずまず
重賞での臨戦が同距離・延長・短縮だと延長が最も悪いのがスペシャルウィーク
母父Unbridled’s Songもダノンプラチナやエーシントップといったスピード型が目立ちますし
現状この距離では厳しい感じはしますね
ちなみに母母父Nureyevはノーザンダンサー系
 
トゥインクル
 
父はステイゴールドで産駒の天皇賞春成績は【3.0.1.9】
どうせ人気もないでしょうしステイゴールドというだけで買うつもりではありますが
厚い印までいくか?と言われるとどうか・・
近親には道悪のエリザベス女王杯を勝ったレインボーダリアが居る血筋
前走(ダイヤモンドS)も道悪でしたし馬場が悪くなれば評価を上げる必要性も
母方はノーザンテースト×Rivermanという配合
トーセンジョーダンにジャガーメイルと母方にノーザンテーストの血を持つ馬の好走はあり
 
ファタモルガーナ
 
この馬もトーセンレーヴと同じディープインパクト産駒(説明はトーセンレーヴを参照に)
前走がダイヤモンドSだったので10週と間隔を開けての臨戦
母方はエリシオ(ノーザンダンサー系)×リヴリアで欧州配合
やや力の衰えは感じられますが・・珍しいステイヤー型のディープ産駒
 
ファントムライト
 
一昔前の天皇賞春でオペラハウス産駒なら買いの一手だったでしょう
オペラハウスは欧州ノーザンダンサー系ですが近年はサンデー系に押されており苦戦傾向
ただ母方はサンデー×ノーザンテーストでオペラハウスのスピード不足をうまく補ってる感じ
母方はダイナカール一族なんでドゥラメンテ・エアグルーヴが近親にいる血筋
初距離ですが未知の期待という意味では十分かと
 
フェイムゲーム
 
昨年の2着馬なんでここへの適性はまあ十分でしょうか
父ハーツクライの天皇賞春成績は【0.2.2.6】でトニービン内包種牡馬
京都外回り重賞の成績があまり良くないハーツクライでもこのレースは別といった感じ
それとハーツクライは休み明けの重賞成績が抜群
休み明けの定義を10週以上とすれば複勝率は4割を超えており今回同馬は休み明け
母方はアレミロード×ディクタスで近親にはステイゴールドにサッカーボーイ
いずれも天皇賞春で複数実績ある血筋の馬
 
マイネルメダリスト
 
天皇賞春と相性抜群のステイゴールドを父に持ってはいますが
さすがに6走連続で1秒以上負けてるので無理でしょう
 
ヤマニンボワラクテ
 
キングカメハメハ産駒ですが天皇賞春では【0.0.0.7】(過去10年)
この距離だと厳しいイメージしかないキングカメハメハ産駒ですが・・
この馬自身は2600mで勝利経験があるので距離への融通は意外とありそう
母父エリシオは欧州ノーザンダンサー系
 
レーヴミストラル
 
ヤマニンボワラクテと同じキングカメハメハ産駒
天皇賞春を含めた3000m超の産駒重賞成績が【1.1.0.21】
臨戦が同距離・延長・短縮だと重賞そしてG1でも延長が最も悪いのがキングカメハメハ
距離延びて良いイメージはあまりなさそうではあるんですが・・
母方はHighest Honor×Baillamontという欧州ナスルーラ配合
過去天皇賞春に出走したキングカメハメハ産駒の中で
母方は最もスタミナ血統を持ってる馬と言ってもよさそうなのでそこに賭ける手も
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ラジオNIKKEI賞2016 出走予定馬と展望

  2. NHKマイルカップ2016 予想

  3. スパーキングレディーカップ2016 予想

  4. 愛知杯2016 予想

  5. 高松宮記念2016 予想

  6. 阪神牝馬ステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月 29日
  2. 2016年 4月 30日
  3. 2016年 5月 01日

カテゴリー

ページ上部へ戻る