menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  6. 愛知杯 2018 予想
  7. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  8. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  9. 有馬記念2015 予想
  10. 京都大賞典2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2018 出走予定馬と展望
  2. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  3. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  4. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  5. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  6. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  7. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  8. オークス2018 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
  10. 京王杯スプリングカップ 2018 予想 結果的に本命は超穴馬に!
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

天皇賞春2016 予想

 
5月1日(日)京都競馬場芝3200mで行われる天皇賞春2016の予想です
 
 
穴馬がよく台頭してるイメージのある近年の天皇賞春ですが
06年のディープインパクト以来1番人気馬は実は9連敗中でして
馬券に絡んだのもディープインパクト以降も08年3着アサクサキングスのみ
 
今年の1番人気はどうやらゴールドアクターになりそうですが鬼門のデータを覆せるか?
 
それでは血統派が年に2回熱くなるG1レース天皇賞春の予想いってましょう
 

天皇賞春2016の見解

 
今回は週中に出走各馬の血統評価をやりました
参考になるかは分かりませんが気になる方はどうぞ宜しくお願いします
 
天皇賞春2016の血統評価(前編)
 
天皇賞春2016の血統評価(後編)
 
 
さて大まかなレースの血統傾向ですが3200mの長距離戦らしく
スタミナ血統=ディクタス(ハンプトン)やトニービンの血が非常によく馬券になってます
 
そしてこの血を内包してる種牡馬
 
ステイゴールド(ディクタス)
ハーツクライ(トニービン)
 
この2種牡馬が好調!このレースも含めて長距離重賞では今圧倒的に強い血でもあり
 
さらに母方にノーザンダンサーの血を持つ馬も好相性
 
同じ長距離G1である菊花賞はここ2年スタミナ血統というよりは
母方にスピード持続力に長けた血を持つ馬が上位に来た印象があります
よってそんな菊花賞で上位に入った馬はこの舞台では軽視してみようかなと思いますね
 

天皇賞春2016の予想

 
◎はシュヴァルグランにしました
父はハーツクライで天皇賞春成績は【0.2.2.6】でトニービン内包種牡馬
実はハーツクライ産駒は京都外回り重賞の成績があまり良くないんですが
このレースだけは別物と考えていいという感じ
3000m超重賞の産駒成績は複勝率4割を超えており
短縮臨戦が奮わず、同距離臨戦と延長臨戦の数字が良くてほぼ変わらないのがハーツクライ
とにかくサンデー系の中では長い距離やスタミナ勝負に長けた馬といえます
母父Machiavellianはミスプロ系ですが
同じ母父を持ってたメイショウドンタクが10年16人気3着に激走してますし
母母父Nureyevは欧州ノーザンダンサー系で
その奥に天皇賞春と相性良いBlushing Groomを持ってるのも魅力
 
○はフェイムゲーム
この馬もシュヴァルグランと同じ父がハーツクライ
それとハーツクライは休み明けの重賞成績が抜群
休み明けの定義を10週以上とすれば複勝率は4割を超えており今回同馬は休み明け(中10週)
母方はアレミロード×ディクタスで近親にはステイゴールドにサッカーボーイ
いずれも天皇賞春で複数実績ある血が流れてます
 
▲はファントムライト
父オペラハウスは欧州ノーザンダンサー系で一昔前天皇賞春で実績ある血
欧州型種牡馬は近年はサンデー系種牡馬に押されており苦戦傾向ではあります
それでもここまで評価を押し上げたのは昨日の芝レースの結果
ハービンジャー、ドリームジャーニー、ハーツクライ、ハービンジャー、メイショウサムソン
これは1200m戦以外における昨日の芝レース勝ち馬の父を並べましたが
ノーザンダンサー系種牡馬が3勝しておりドリームジャーニーも父ステイゴールド
やや重めの種牡馬が走れる馬場ならこの馬にもチャンスがあるのでは!?
母方はサンデー×ノーザンテーストでオペラハウスのスピード不足をうまく補ってる感じもします
 
△ゴールドアクターは一昨年の菊花賞3着馬
ただこの時は2着馬から0.6差も離されており菊花賞で適性は見せすぎてないのが逆に良いかと
父スクリーンヒーローはロベルト系で
過去10年天皇賞春の父ロベルト系は【0.0.0.13】なんで全滅
よってこの評価に収まりました
 
△アルバートの父アドマイヤドンはミスプロ系ですが過去10年では【0.1.0.4】(キングマンボ系は除く)
さほどサンプルとしては少ないのであまりダメと決め付けるのも早計かと
それよりもトニービン内包種牡馬というのを評価したいですね
母父ダンスインザダークからスタミナを受け継ぎ母母父がノーザンテースト
トーセンジョーダンにジャガーメイルと母方にノーザンテーストの血を持つ馬の好走はあるレース
 

天皇賞春2016の予想印と買い目

 
シュヴァルグラン
○フェイムゲーム
▲ファントムライト
△ゴールドアクター
△アルバート
×トゥインクル
×カレンミロティック
×アドマイヤデウス
×サトノノブレス
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△△の3連複
◎ー○▲ー××××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. JBCクラシック2016 予想

  2. 小倉記念2016 出走予定馬と展望

  3. ニュージーランドトロフィー2016 出走予定馬と先行予想

  4. 愛知杯2016 予想

  5. 京都記念2016 出走予定馬と先行予想

  6. アルゼンチン共和国杯2016 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る