menu
閉じる
  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. クイーンカップ 2018 予想
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  9. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2018 出走予定馬と展望
  2. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  3. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  4. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  5. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  6. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  7. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  8. オークス2018 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
  10. 京王杯スプリングカップ 2018 予想 結果的に本命は超穴馬に!
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

天皇賞春2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都メインレースは天皇賞春2017
 
 
天皇賞春はJRAの数あるG1レースの中で最長距離となる3200mで行われまして
春の長距離王決定戦という位置付けの古馬による重賞
血統派にとっては菊花賞に匹敵するくらい力の入るレースになりますね
 
過去10年の天皇賞春勝ち馬の顔触れは
メイショウサムソン、アドマイヤジュピタ、マイネルキッツ、ジャガーメイル、ヒルノダムール
ビートブラック、フェノーメノ、フェノーメノ、ゴールドシップ、キタサンブラック
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【0.0.0.5】と散々でありまして
オルフェーヴル、ゴールドシップ、キズナ、キズナ、ゴールドアクター
これらが1番人気で沈んだ馬ですがまあ何と錚々たる馬ばかりで・・・
1番人気に応えて勝ったのは06年のディープインパクトを最後にそれ以降は出てきてません
今年は果たして1番人気がどの馬になるのか?に注目が集まりますが
 
「サトノダイヤモンドVSキタサンブラック」
もう今年はこの2強対決に尽きると言ってもいいでしょう!
初対決となった昨年の有馬記念はサトノダイヤモンドが勝利
リベンジを期すキタサンブラックは昨年のこのレースの勝ち馬で前走G1大阪杯を快勝
どっちが1番人気になるんでしょうか!?
 
他にはシュヴァルグラン、ゴールドアクター、ディーマジェスティ、シャケトラ等が登録してます
 

出走予定馬と血統表

 

 
天皇賞春2017出走予定馬は19頭
 
トウシンモンステラが除外対象でカレンミロティックが出走回避という事で17頭が出走予定
 

レースの血統傾向

 
注目種牡馬はステイゴールドハーツクライ
ステイゴールド産駒は過去5年で3勝し09年にもドリームジャーニーが3着しております
ステイゴールドを近親に持ってたフェイムゲームも一昨年2着だったのでより相性の良さが出てます
ハーツクライ産駒は勝ち馬こそ出てませんが過去5年で【0.3.3.7】と好走率が高し
 
逆にディープインパクト産駒は過去5年で【0.1.0.9】と苦戦しており
13年トーセンラーの2着あるのみ
 
昨年の勝ち馬キタサンブラックがサクラバクシンオー×ボールドルーラー系
昨年・一昨年と穴を演出したカレンミロティックが母父エーピーインディでボールドルーラー系
母方で注目したいのはスピード持続力に長けた血を持つ馬
 
データ的には前走着順が良い馬(3着以内)=つまりリズムの良い馬が意外とそのまま好走する傾向
着順が悪い馬が巻き返すなら前走で先行競馬の経験は欲しいところ
 
あとはこのクラスになると近走重賞を使ってる馬ばかりにはなるんですが
そんな中でもシュヴァルグランやホッコーブレーヴなんかは近3~4走で条件戦を使って好走
こういった馬は少ないと思うんでもし居れば注意したいとは思います
 

有力馬の考察

 
キタサンブラックの父はブラックタイドで昨年の勝ち馬
母方は先程挙げたようにサクラバクシンオー×ボールドルーラー系でスピード持続力に長けた配合
前走大阪杯はG1に格上げされたとはいえ過去最高馬体重で勝利とまだここへの余裕は残してそう
【ここからはあくまで妄想ですが・・】
G1好走後にガッツリ延長臨戦になるのはダービー以来2回目(昨年の有馬も延長やけど100mだけ)
ダービーが14着で有馬が1番人気2着でしっかりG1を走った後の延長を苦に感じるなら??
まあこれ位じゃないですかね?突ける材料としては
 
サトノダイヤモンドはディープインパクト産駒
ディープインパクト産駒がこれまで勝てなかった菊花賞を初めて制したのがこの馬
従ってディープと天皇賞春の相性の悪さはこの馬にとってはナンセンスな話かも(笑)
Orpen×Southern Haloの母方はややパワー寄りとも取れますが
母父からはスピードを結構供給されてるとは思いますね
 
シャケトラの父はマンハッタンカフェで自身は天皇賞春の勝ち馬
産駒も11年ヒルノダムールが勝ち、10年にはメイショウドンタクが16番人気で3着と大穴に
母母父Woodmanはミスプロ系でスピードをイメージはさせてくれますが
母父Singspielが欧州ノーザンダンサーのサドラーズウェルズ系で母方はやや重めの印象
3走前に条件戦(1000万)を使ってる馬
 
シュヴァルグランの父はハーツクライで昨年の3着馬
母父Machiavellianはミスプロ系ですが自身は欧州で走った馬
母母父ヌレイエフは欧州ノーザンダンサー系で母方はやや欧州色が強い印象
昨年より近走の鮮度には欠けますがそれを父がどこまで相殺出来るか!?
 

出走予定馬で気になる馬

 
キタサンブラック
ゴールドアクター
サトノダイヤモンド
シュヴァルグラン
トーセンバジル
 
この5頭の中で最も注目してるのがトーセンバジル
 
トーセンバジルの父はハービンジャーでダンチヒ系ながら代を経ての欧州ノーザンダンサー系
ハッキリ言ってノーザンダンサー系種牡馬は近年苦戦しておりますが
かつてはダンチヒ系種牡馬を父に持ってたマイネルキッツが2年連続で好走
そして何と言っても魅力なのが母方の血統でありまして
ますは母母父がスピード持続力に長けたノーザンテースト
3代母がクラフテイワイフでこの一族はカンパニーとトーセンジョーダンが京都でG1勝ち実績
ダークメッセージ、トーセンスターダム、レニングラード、トーセンホマレボシ
他の一族も京都重賞で走りまくってるのでよっぽどこの一族は淀に適性があるはず
3走前に条件戦(1600万)を使ってる馬でもあり
頭まではどうかな?とは思いますが2.3着なら十分期待出来るかと・・
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要で…

  2. 朝日杯フューチュリティステークス2017 出走予定馬と展望

  3. セントライト記念2017 出走予定馬と展望

  4. 京都大賞典 2017 予想

  5. キーンランドカップ2017 出走予定馬と展望

  6. きさらぎ賞2017 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る