menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. 秋華賞2016 予想
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  8. 有馬記念2015 予想
  9. エプソムカップ2016 予想
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典2017 予想
  3. フェブラリーステークス2017 予想
  4. 京都牝馬ステークス2017 予想
  5. ダイヤモンドステークス2017 予想
  6. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  8. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京都記念2017 予想
  10. 共同通信杯2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

東海ステークス2017 予想

 
1月22日(日)中京競馬場ダート1800mで行われる東海ステークス2017の予想です
 
 
東海ステークスは1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権が与えられてるレース
よって東海ステークスはフェブラリーステークスのステップレースといったところで
2013年から中京競馬場に舞台を移しておりますが
ただ時期的にどうしても東京大賞典と川崎記念に挟まれてしまってますし
なかなか一線級の参戦は見られないというのが実情
 
今年もG1勝ち馬はジャパンダートダービー勝ち馬のカゼノコのみ
G1で2度3着経験のあるアスカノロマンもいますがこれからの馬達のメンバー構成
 
そんな中堂々1番人気に推されそうなのがグレンツェント
明け4歳馬でここまでダートで着外がなく非常に安定してる馬
同じく人気のピオネロもダート転向後の3戦全てで連対という馬
この2頭が実績馬アスカノロマンに対してどこまで戦えるのか?というのがレース構図
 
あとは芝から転戦してきたラストインパクトにも注目
 
そんな東海ステークス2017の発走時刻は15:25になっております
 

東海ステークス2017の見解

 
まず目がいくのは4年連続で馬券になってるキングカメハメハ産駒でしょうか
ただこれに関しては1番人気3着という馬が2頭含まれており期待値という意味ではさほどでも・・
 
過去の勝ち馬の種牡馬は
アグネスデジタル、ゴールドアリュール、ホワイトマズル、マンハッタンカフェ
これだけ見るとゴリゴリのパワー種牡馬というよりは芝もこなせる種牡馬が1着候補
キングカメハメハもまさしくそんな感じですからね
 
アスカノロマン、インカンテーション、マイネルバイカ、ナムラタイタン
それでも過去の好走馬ではパワーの血をふんだんに持ってる馬が馬券になったりしております
 
臨戦では前走G1組(チャンピオンズカップ・東京大賞典)が優秀も反動には注意しておきたい
あとはダート重賞なんでリズム重視でいこうかとも思います
 

東海ステークス2017の予想

 
◎はグレンツェントにしました
父はネオユニヴァースでサンデー系種牡馬
芝とダートなら実はダートのほうが成績がいいのがネオユニヴァースでむろん芝もOK
母父キングマンボはキングカメハメハと同系でもあるミスプロ系で
過去4年で母父ミスプロ系は【1.1.2.10】と好走率は高め
2走前1番人気2着で前走1番人気1着なら疲労ストレスもさほど気にはなりませんしリズムも良し
 
○はピオネロ
この馬も父はネオユニヴァース
母方はCandy Stripes×Ahmadというナスルーラ配合
ダート替わり後1.1.(2番人気)2着で休み明けなら疲労ストレスもなくリズムも良し
 
この2頭で堅いような気がするのであとは紐扱いで
 
△モズライジンは3走前までのリズムを評価し前走G1からの臨戦で父が芝でもいけるクロフネ
 
△ロンドンタウンはHonour and Glory×Storm Catというパワー配合な母方と
父カネヒキリがDeputy Ministerを内包しておりパワーの血をふんだんに持ってる馬
 
△ロワジャルダンは父がキングカメハメハで前走G1組でそこそこまとまってる馬だけに
 

東海ステークス2017の予想印と買い目

 
グレンツェント
○ピオネロ
△モズライジン
△ロンドンタウン
△ロワジャルダン
 
買い目は
◎ー○の馬連
◎○ー△△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京新聞杯2017 予想

  2. 東京新聞杯2017 出走予定馬と展望

  3. 共同通信杯2017 予想

  4. ポルックスステークス2017 予想

  5. 中山金杯2017 出走予定馬と展望

  6. フェブラリーステークス2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る