menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. 秋華賞2016 予想
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  7. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  10. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  2. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  3. 種牡馬メモについて
  4. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  5. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  6. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  7. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  8. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ南部杯など2018年10月8日月曜の競馬予想
  10. 京都大賞典 2018 予想 本命はレッドジェノヴァ
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

東京大賞典2016 予想

 
12月29日(木)大井競馬場ダート2000mで行われる東京大賞典2016の予想です
 
 
東京大賞典は地方競馬はもとより日本競馬の1年を締め括る競走として定着しているレース
先日全日程を終えた中央競馬=特に有馬記念でやられた人はこの東京大賞典で何とか!
と考えておられる方も私含めてきっとたくさんおられる事だと思います(笑)
 
地方交流重賞というのはJRA馬が圧倒的に強くてこの東京大賞典もその一つ
地方馬では2004年~2005年にアジュディミツオーが連覇しておりますが
それ以降はずっとJRA馬が勝利中でなかなか地方馬が歯が立たないのが東京大賞典
 
今年は14頭の出走馬の内7頭がJRA馬
その中で圧倒的1番人気になりそうなのがアウォーディー
前走チャンピオンズカップではダート転向後初めて敗戦を味わいましたが
それでもファンからの期待はまだまだある馬という事なんでしょう
 
地方馬で一番手と目されるのはハッピースプリントか?
ただ近走を見るといい時に比べれば徐々に下降線を辿ってるかのような成績
ここはJRA馬が相当強力になるとは思うんですがどこまで戦えるのかにも注目
 
そんな東京大賞典2016の発走時刻は16:30になっております
 

東京大賞典2016の見解

 
同じ系統の血を3代内に2つ持つ馬=いわゆる●●●のクロスを持つ馬がよく馬券になってます
これは特段この血でなくてはならないというものではなくて
 
サウンドトゥルー(ノーザンダンサー)
ホッコータルマエ(ミスプロ)
ワンダーアキュート(セントサイモン)
サミットストーン(ヘイロー)
二ホンピロアワーズ(ノーザンダンサー)
 
過去3年3着内馬ではこれだけの馬が該当
ダートなんでやや馬力に寄ったクロスがもちろんいいんでしょうが・・
 
あとは母方に欧州血統を持つ馬もよく馬券になっております
 
データからだと過去3年3着内馬は14年3着地方馬サミットストーンを除くと
全て前走チャンピオンズカップ組(13年はJCダート)
そこで人気より激走したとか?人気より凡走したとか?
というよりも重要になりそうなのはそれ以前も含めたレースで走れてるかという事
ここを迎えるにあたってリズムというのは大切にしても良さそう
 

東京大賞典2016の予想

 
◎はノンコノユメにしました
父トワイニングはフォーティナイナー系で辿ればネイティヴダンサーの系統に
そして母母父クリミナルタイプがそのネイティヴダンサー系
母方に欧州血統こそ持ってませんがトワイニングが内包してるネヴァーベンド
これが欧州ナスルーラで大井2000mG1との相性はまずまず
トワイニング産駒は実は延長臨戦での成績が短縮や同距離に比べると良くて
ノンコノユメ自身の延長臨戦成績が【2.3.0.1】
唯一着を外したのが前々走のJBCクラシックでこれはセン馬になって初で且つマイナス15㎏
前走チャンピオンズカップは短縮臨戦でしたが馬体も少し戻して上がり3位で4番人気6着
疲労ストレスはほぼ無さそうですし着は共に外してるもののそこまでリズムも悪くはなさそう
有力馬より秋1走少ないというのも好感
 
○はアウォーディー
父ジャングルポケットはグレイソヴリン系でノーザンダンサー系であるヌレイエフ内包
母母父サドラーズウェルズが欧州ノーザンダンサー系
リズムという意味では前走敗れたものの当然ずっと好走してきてるので◎
 
▲はサウンドトゥルー
父フレンチデピュティがヴァイスリージェント系でノーザンダンサー系
母母父プラウドデボネアが欧州ノーザンダンサー系
前走チャンピオンズカップは6番人気1着で反動の懸念もありますが
そこはかしわ記念以外崩れてないリズムを評価
 
△カゼノコはリズムは悪いですが叩いて良くなる馬でここが叩き3走目
父母父がダンチヒ系で母父ラグビーボールなんでノーザンダンサーの血2本持ち
母母父リードワンダーがグレイソヴリン系で欧州血統
 
△アポロケンタッキーは2走前みやこS勝ちでそれが4番人気1着
前走チャンピオンズカップはその激走後でどうかな?と思いましたが一線級に交じって5着と健闘
このリズムが悪かろう筈はないですし父Langfuhrに母母父Salt Lakeがノーザンダンサー系
 

東京大賞典2016の予想印と買い目

 
ノンコノユメ
○アウォーディー
▲サウンドトゥルー
△カゼノコ
△アポロケンタッキー
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
◎○▲の3連複
◎○ー△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 皐月賞2016 予想

  2. 東京スポーツ杯2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  3. 朝日杯フューチュリティステークス2016 出走予定馬と展望

  4. チューリップ賞2016 予想

  5. 札幌記念2016 予想

  6. アメリカジョッキークラブカップ2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る