menu
閉じる
  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典2016 予想
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. 秋華賞2016 予想
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 大阪スポーツ杯にセプテンバーSなど2018年9月22日土曜の競馬予想
  2. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  3. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  4. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  5. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  6. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  7. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  8. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  9. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  10. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜東京メインレースは東京スポーツ杯2歳ステークス2017
 
 
東京スポーツ杯2歳ステークスは芝1800mで行われる2歳馬の重賞レース
レース名が長いので東スポ杯2歳Sと略される事もしばしば

2歳重賞としてはここで初めて1800mを超えるレースに
ですからマイルG1である朝日杯フューチュリティステークスというよりは
来年のクラシックに繋がりやすいのがこのレースではないかと

サトノクラウン(ダービー3着)
イスラボニータ(皐月賞1着、ダービー2着)
コディーノ(皐月賞3着)
ディープブリランテ(皐月賞3着、ダービー1着)
サダムパテック(皐月賞2着)
ローズキングダム(ダービー2着)

近2年の勝ち馬こそ活躍出来てはいませんが
過去の勝ち馬の顔触れを見ると軒並み来年のクラシックで馬券になっております
(昨年も2着だったスワーヴリチャードがその後ダービー2着と頑張りました)

今年はルーカスVSワグネリアンという2強対決の図式になりそうですか如何に?

主な登録馬はルーカス、ワグネリアン以外に
シャルルマーニュ、コスモイグナーツ、ゴールドギア、カフジバンガードらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017出走予定馬は9頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における東京スポーツ杯2歳ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

ディープインパクト産駒は11年にディープブリランテが勝ってますが
過去5年に限定すれば【0.2.2.6】で勝ち切れてはいません
それでも昨年まで3年続けて馬券になってるので今年も注目せざるを得ない感じ

昨年はバトルプラン産駒のブレスジャーニーが勝利し12年は1~3着上位独占と
このレースで好調なのはミスプロ系種牡馬
過去5年だと【2.1.2.7】ですから好走率が非常に高くなっております
スピードの完成度の高さでここは勝負になるといった所か!?

まあミスプロ系種牡馬もそうですが
前走で速い上がり(2位以内)を使ってる馬がよく好走=つまり現時点での完成度の高さ
これが問われやすいレースなのかもしれません

母方の血は欧州血統でも走ってる馬はいるんですが
どちらかというとスピード持続力に長けた血だったり配合だったりを母方に持つ馬が優勢
 

有力馬の考察

ワグネリアン

父はディープインパクトで前走野路菊Sは上がり2位で0.4差で圧勝
祖母がブロードアピールで母方の血は米国志向が強くスピード持続力に長けた配合
ディープインパクト×キングカメハメハという配合で
字面だけなら間隔を開けての臨戦が良さそうだなと思い調べてみましたがイメージ通りではあり
今回前走から9週と間隔を開けての臨戦は好感が持てますし
この配合は前走と同距離臨戦が圧倒的に走ってるのでそれも良いかと(前走1800m)
 

ルーカス

父はロベルト系種牡馬であるスクリーンヒーローであのモーリスの全弟にあたります
どうしてもそのイメージがあるんで強そうに見られがちですが
モーリスというのはスクリーンヒーローの域を余裕で超越した馬だったのでねえ・・
ここはスクリーンヒーロー産駒という観点から見て行くと
今回前走から間隔を開けての臨戦になるんですが重賞だとこのパターンは○
ただ2歳戦に限れば間隔を開けるよりも適度な間隔で使ってる馬のほうが成績は良い傾向
ですので今回はどっちに出るのか!?母方は欧州ノーザンダンサー配合
 

シャルルマーニュ

父はヴィクトワールピサなんでサンデー系種牡馬
母父はノーザンテースト内包のサクラバクシンオーという事でスピード持続力
過去4戦オール3着内とまとまった成績になってますが
近親を見ると2歳から走ってる馬が多いのでそれも納得させられます
(代表的なのはファンタジーS3着があるハロースピード)
ヴィクトワールピサ産駒は間隔を開けての臨戦よりも詰めた時のほうが良い傾向
前走アイビーSが10週という間隔で今回は4週なら今回のほうが期待出来そうな気も
 

出走予定馬で気になる馬

 
ゴールドギア
シャルルマーニュ
スーサンドン
ノーブルアース
ルーカス
ワグネリアン

この6頭の中で最も注目してるのがワグネリアンで次点がゴールドギア&スーサンドン

ゴールドギアとスーサンドンは共に父がミスプロ系種牡馬
ゴールドギアは前走上がり2位で母がギンザボナンザに3代母がアドラーブルなら割と隠れ良血
スーサンドンは母父ダンスインザダークがこのレースで実績あり
その奥がジェイドロバリー~ニホンピロウイナーなんでスピード持続力あり
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望

  2. アルゼンチン共和国杯 2017 予想

  3. 函館2歳ステークス 2017 予想

  4. 弥生賞2017 出走予定馬と展望

  5. スワンステークス 2017 予想

  6. アルテミスステークス 2017 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る