menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. 秋華賞2016 予想
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  10. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

東京スプリント2017 予想

 
4月19日(水)大井競馬場ダート1200mで行われる東京スプリント2017の予想です
 
 
東京スプリントは古馬混合戦で行われる地方交流重賞
2009年にダートグレード競争に格上げされて今年で10回目と節目を迎えます
 
今から4年前の2013年に笠松所属のラブミーチャンが地方馬として勝ってますが
それ以外の年の近年はJRA所属馬が勝ちまくってるレース
今年もその流れが続くのか?地方所属馬がストップをかけるのか?
 
ブライトライン、ドリームバレンチノ、ダノングッド、レーザーバレット、キタサンサジン
今年はこの5頭がJRA所属馬としてこのレースに参戦
 
そんな東京スプリント2017の発走時刻は20:10になっております
 

レースの見解はこう考えました

 
サウスヴィグラス、Macho Uno、パイロ
これら米国型種牡馬を持つ馬が馬券に(過去3年)
そしてこれらの父を持つ馬は母方も米国色が強かったので米国血統が強調された配合馬は注目
 
マンハッタンカフェ、アグネスタキオン、エイシンサンディ
さらにこれらサンデー系種牡馬を持つ馬も好相性(過去3年)
そしてこれらの血を持つ馬も母方は米国色が強かったですね
 
やはり短距離レースという事もあって米国=スピードの血が強いのでしょう
 
臨戦では短縮臨戦が好相性のようで3着内9頭中7頭が該当(過去3年)
 

東京スプリントの予想

 
◎はキタサンサジンにしました
父はサウスヴィグラスなんでフォーティナイナー系で米国型種牡馬になります
短縮臨戦で外枠に入ると好走率が高くなるサウスヴィグラスですが
キタサンサジンがまさに今回短縮臨戦の外枠に該当
母父カコイーシーズがアリダー~ネイティヴダンサー系で米国血統になるので
配合は米国血統が強調されてると言っても良いでしょうし
 
○はブライトライン
父フジキセキがサンデー系種牡馬
母母父アリダーがネイティヴダンサー系で米国血統
前走1400mからなんで短縮臨戦でもあり
 
この2頭がとにかく大本線
 
△レーザーバレットは出走馬唯一の前走G1からのダウン戦且つ短縮で
 
△ドリームバレンチノはロージズインメイ×マイネルラヴが米国配合で短縮実績もあり
 

予想印と買い目

 
キタサンサジン
○ブライトライン
△レーザーバレット
△ドリームバレンチノ
 
買い目は
◎ー○の馬連(450円的中)
◎→○の馬単(810円的中)
◎○ー△△の3連複(860円的中)
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都金杯2017 出走予定馬と展望

  2. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重…

  3. オークス2017 予想

  4. アンタレスステークス2017 出走予定馬と展望

  5. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編…

  6. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る