menu
閉じる
  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  3. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  6. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. 京都大賞典2016 予想
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

日本ダービー 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編

 
今週のG1レースは東京競馬場芝2400mで行われる日本ダービー(東京優駿)2018
3歳牡馬クラシック第2戦となるレースそして5週連続東京G1の第4戦となります
ここではそんな日本ダービー出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)
これを馬番順にしていこうかと思います

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 
 
※ちょっとしたアンケートを取りたいのでご協力の程お願い致します
(夏場に向けての参考にしたいので)

 

まずは過去の日本ダービーから見えてきたポイント

 

これは過去10年における日本ダービー1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
人気より着順が上だった馬の種牡馬の顔触れは(過去5年)
キングカメハメハ、ハーツクライ、ディープインパクト
ブラックタイド、シンボリクリスエス、Big Brown

いわゆる王道種牡馬たちとパワー寄りの種牡馬という2つに分類
ただここ3年は堅めに収まってるとはいえ人気より走ってるのはいずれも王道種牡馬
現状でより走りやすいのはって考えるとこの種牡馬になってきそう

次は人気より着順が上だった馬の母方ですがこれはかなり偏った傾向になっておりまして
17年2番人気1着 レイデオロ(ロベルト×ミスプロ)
17年3番人気2着 スワーヴリチャード(ミスプロ×ボールドルーラー)
16年3番人気1着 マカヒキ(母父ヴァイスリージェント)
15年5番人気2着 サトノラーゼン(母父ロベルト)
14年3番人気1着 ワンアンドオンリー(ヘイロー×ダンチヒ)
14年12番人気3着 マイネルフロスト(ロベルト×ダンチヒ)
13年8番人気3着 アポロソニック(ストームキャット×ロベルト)

パワー型の母父パワー&スピードに長けた配合の馬がなかなか優秀
13年3番人気2着だったエピファネイアも父がロベルト系でしたからね

つまりここで欧州=スタミナ血統は邪魔になってくるというニュアンス
ロベルト=欧州という捉え方も出来るんでしょうが
この辺りは都合良く解釈してしまえという事で(笑)
 

【定期】ディープインパクト産駒って東京2000m超えでどうよ!?

 
先週のオークスでは6頭(1頭は除外)出走したディープインパクト産駒でしたが全て着外
その前のNHKマイルカップではワンツーフィニッシュし
ヴィクトリアマイルでも人気薄が1.3着

ちょっと前からしつこい位に記事として扱ってるのでウンザリかもしれませんが(笑)

長い直線で斬れを活かすというのは今や昔!?
実は重賞成績は近年だと東京での複勝率はまずまずも勝率・連対率は中山よりかなり悪し

京都の数字も悪くなってますし
中山の数字が以前より良くなってるのと阪神の成績が変わらないという所からして

ディープインパクト産駒にパワータイプが増えてきた証明とも言える

これを唱えてきたのでオークスの結果から少しホッとしたのであります(笑)

で、結局のところ

NHKマイルカップ&ヴィクトリアマイル→1600m
オークス→2400m

距離の違いというものが明暗を分けた可能性があるのではないかと
 
 

まずこれはディープ産駒の東京芝重賞における距離別成績(デビュー~15年まで)


そしてこれがディープ産駒の東京芝重賞における距離別成績(16年以降)

よく見てみると目の錯覚かもしれませんが
1800m以下はさほど変わらないのに対し2000m以上が勝率&連対率が近年悪くなってませんか!?

オークスではそれでも○と▲にディープインパクト産駒を評価してしまい攻めきれず
ダービーでは有力視される3頭が出走予定になってますが・・・
 

ダノンプレミアムが走ったレースの血統傾向

 
今年のダービーで1番人気に推されそうなのが2歳王者であるダノンプレミアム
この馬は先行脚質であるのでより一層レースの圧が前に掛かりそうである
だからこそこれまでのこの馬の走ったレースで血統的偏りが結果として出てないか!?
ちょっと調べておこうかと思います
 
 
18弥生賞

17朝日杯FS

17サウジアラビアロイヤルC

これがダノンプレミアムが走った全重賞3レースにおける1~3着馬の血統

ジャンダルム(父)
ステルヴィオ(母父)
馬券になったこの2頭は欧州ノーザンダンサー系の血が前面に出た馬

ジャンダルムの父Kitten’s Joyはサドラーズウェルズ系
ステルヴィオの母父ファルブラヴの父フェアリーキングはサドラーズウェルズの全弟
そしてタワーオブロンドンも母母父がサドラーズウェルズ
つまりサドラーズウェルズを中心とした欧州ノーザンダンサー系の血が走りやすそう

このあたりはレース傾向とはズレてくるのでどうなる事やら!?

でも仮説という意味では
ダノンプレミアムが支配するレースではこんな血統馬が結果を出しやすくなる
こんな視点で考えてみるというのも面白いと思うんですがね
 

今年の出走馬の血統分析

ダノンプレミアム

ディープインパクト産駒なんでまさに王道種牡馬
ここまでダービーでは7頭の馬券対象馬を出してるディープインパクト産駒ですが
「皐月賞1~3着馬」「京都新聞杯1着馬」「青葉賞1着馬」前走の臨戦はこのいずれかのみ
この馬は皐月賞を回避したのでそのいずれにも該当しないので
もし使ってれば皐月賞実質3着以内だったとすれば強引に該当にしてもいいかも?
母父Intikhab(ロベルト系)×ディープなら当レース2着馬であるサトノラーゼンと同配合
そして母母父デインヒルがダンチヒ系で母方の配合は非常にここに向きそう
新馬戦1800m38.2-50.3-61.9の流れから短縮だったサウジアラビアRCで34.3-46.1-58.3の流れ
かなり忙しく感じたであろう所でも同じような番手からの競馬だったのでスピードに勝った印象
前走弥生賞でも後半こそ落ち着きましたがスタート直後は行きたがる素振りはありました
このあたりは母母父のデインヒル~ダンチヒから来てるのかもしれない
それだけに久々と延長臨戦には一抹の不安もあるのかなと
当然上で挙げたようにディープ産駒であるので東京2400mという舞台も気にはなりますが・・
 

タイムフライヤー

父はハーツクライでサンデー系種牡馬で王道種牡馬
ウインバリアシオン、ワンアンドオンリー、スワーヴリチャードと
当レースで3頭の馬券対象馬を出してるのがハーツクライ産駒
スワーヴリチャードとワンアンドオンリーが皐月賞からの臨戦でしたが
この2頭はその皐月賞で差し損ねた馬(4角より着順は押し上げてました)
ハーツクライ産駒自体の重賞成績は圧倒的に東京>中山の傾向があるので
このあたりはやはり内包してるトニービンの血が活きやすいのかもしれない
そういった意味でこの馬は皐月賞で4角より着を落としてました
ハーツクライ牡馬中山2000m多頭数内枠の成績が悪いというのもあったんでしょうが
母父ブライアンズタイムはロベルトでも母母父が欧州ノーザンダンサー系Alzao
このAlzaoがより濃く出たのか走りっぷりからも欧州色強め
 

テーオーエナジー

父カネヒキリはサンデー系種牡馬で産駒の芝成績は【0.2.0.111】という事で未だ0勝
ここまで極端な成績も珍しくシンプルに芝では厳しそう
近親にはアルゼンチン共和国杯勝ち馬のトウショウナイトは居るには居ますが
来たら事故という事で諦めます
 

アドマイヤアルバ

父はハーツクライでサンデー系種牡馬で王道種牡馬
ウインバリアシオン、ワンアンドオンリー、スワーヴリチャードと
当レースで3頭の馬券対象馬を出してるのがハーツクライ産駒
京都新聞杯からの臨戦というのは産駒初めてのパターンに
母方はストームキャット×ヴァイスリージェントならパワー&スピードに長けた配合
京都新聞杯2着からなら13年ペプチドアマゾンが4着が最も頑張った例
母方の血統はいいので延長臨戦で前に位置を取れればやれない事はないかも
 

キタノコマンドール

ディープインパクト産駒なんでまさに王道種牡馬
ここまでダービーでは7頭の馬券対象馬を出してるディープインパクト産駒ですが
「皐月賞1~3着馬」「京都新聞杯1着馬」「青葉賞1着馬」前走の臨戦はこのいずれかのみ
同馬は皐月賞5着でそのレースは湿った馬場
特殊な展開で最後にドドっと差してきた4~7着馬の内の1頭
1.2着馬を交わせんのはまだ仕方ないとして3着ジェネラーレウーノを交わせなかったというのは
いくらそこまでキャリア2戦で外を通る競馬しか経験なかったとはいえ物足らないか?
それでも死のステップすみれSからでこの競馬ならそこそこ力を示せたと取るか?
母方キングカメハメハ×Nureyevは若干欧州色が出た配合
全姉デニムアンドルビーはオークス3着・JC2着と東京2400mG1で走りましたが
祖母がフェアリードールでトゥザ一族と考えれば中山向きの感も否めない
上で挙げたようにディープ産駒でもあり果たして東京2400mという舞台で上積みあるのか?
 

ゴーフォザサミット

父はハーツクライでサンデー系種牡馬で王道種牡馬
ウインバリアシオン、ワンアンドオンリー、スワーヴリチャードと
当レースで3頭の馬券対象馬を出してるのがハーツクライ産駒
ウインバリアシオンが青葉賞1着からの臨戦でしたが
この臨戦とゴーフォザサミットの臨戦が非常に似通ってます

ゴーフォザサミット近3走

ウインバリアシオンのダービー前の近3走

3走前2ターン1800mで差し損ね→2走前中山重賞で差し届かず
そして青葉賞6番人気1着(3走前と2走目の着順まで全く一緒)
青葉賞の位置取りこそ違いますが・・
ゴーフォザサミットは母父ストームキャットでウインバリアシオンは母父ストームバード
ストームキャットの父がストームバードなんで配合自体も非常に近しい
母父がパワー型なんで父含め好走条件は近い所で満たしてると言えるでしょうし
母母父Allegedが大一番で強いリボー系
実際半兄だったショウナンマイティもG13度の好走はいずれもが人気より着順が上でのもの
延長臨戦で前へ行く位置取りを使って勝った後だけに不安はありますが・・
ウインバリアシオンと被る部分もあるので楽しみな面もある馬
 

コズミックフォース

父はキングカメハメハでキングマンボ系且つ王道種牡馬でしょう
キングカメハメハを父に持ちプリンシパルS1着からの臨戦は
ダイワキャグニー(14着)とルーラーシップ(5着)と同パターン
芝重賞では間隔を開けての臨戦がベターの傾向だけに
やはり詰まった臨戦になるのは良くないか
ネオユニヴァースにMarquetryという母方はややパワー&スピード寄り
 

ブラストワンピース

父はハービンジャーでダンチヒ系でも代を経ての欧州ノーザンダンサー種牡馬
G1馬も複数誕生して徐々に王道種牡馬になりつつある感じ
キングカメハメハ×フジキセキの母方はバランス型という認識で
ハービンジャー×キングカメハメハはエリ女勝ち馬モズカッチャンと同配合
近親にはアルナスラインが居るんですがこの馬3歳時は格上げ戦で軒並み好走
父ハービンジャーが欧州ノーザンダンサー系なので
ダノンプレミアムが支配するレースで合いそうな血統持ちは追い風

新馬戦は超スロー上がり勝負を先行し最後外に出して0.2差完勝
その次前走ゆりかもめ賞は一気の距離延長でどうかな!?と思いましたが
馬込みを苦にせず最後内から馬群を縫って0.7差の圧勝でした

↓ブラストワンピースの新馬戦とゆりかもめ賞

割と淡白な馬が多いハービンジャーなのに
この内から間を割って抜けてくるというゆりかもめ賞の内容は
同配合であるモズカッチャンや同産駒ペルシアンナイトといった上級馬と同じ匂いを感じました
そしてその後の前走毎日杯はハービンジャー産駒が非常に苦手とする短縮臨戦という形
さらにスローの最内枠と条件的にはどうかと思ったものの
新馬戦での超スロー経験とゆりかもめ賞で馬込みを苦にせず最後内から馬群を縫ったという経験
これが活かされた形で完勝
今回はそこから間隔を開けての臨戦プラスハービンジャーが得意とする延長臨戦
この馬自体評価はかなりしてますがそこまでダービーの血統傾向にマッチはしてませんし
2番人気でそれに賭けられるか!?というのは悩みどころ
 

オウケンムーン

 

父オウケンブルースリはトニービンの血が入ったグレイソヴリン系種牡馬
なかなか頭数が少なくて掴み辛い産駒ではあるんですが
トニービンの系統なんで単純に前走共同通信杯と同舞台である東京替わりはプラスか
母父エリシオの父Fairy Kingはサドラーズウェルズの全弟で欧州ノーザンダンサー系
配合的には欧州配合でダノンプレミアムの支配するレースで期待出来そうな血持ち
血統的に派手さはないものの近親は重賞で結構走ってはおります
ですが・・G1となるとトキオエクセレントとタガノマイバッハが届かずじまい
前走皐月賞12着も案外でしたしG1の壁というのが気になる血統構成
 

ステイフーリッシュ

父はステイゴールドでサンデー系種牡馬且つ王道種牡馬
ステイゴールド産駒はオルフェーヴルとフェノーメノが馬券になってますが共に前走1着
しかもそれぞれ0.5秒に0.4秒と圧勝後の臨戦でありました
ステイフーリッシュは前走京都新聞杯を0.3秒勝ちで2頭に比べると流石に落ちるか?
母方はミスプロ(キングカメハメハ)×ロベルトと考えれば良く見えます
少頭数新馬1着→多頭数G1ホープフルS3着というのが非常に優秀
そこから頭数減ってダウン戦だった共同通信杯は頑張った後でもあり凡走も仕方なし
前走京都新聞杯は間隔開けてましたし形的にはアップ戦でしかも多頭数混戦
タイミング的には合うと思って◎打ちましたが1着でした
そこで先行したのは今回延長になるのであまり気に入らないんですが
新馬→ホープフルSで同距離とはいえペースが速くなって先行から差しの位置取りを経験
その経験があるので今回延長臨戦でも先行→差しの位置取りならやれる可能性も
 

ジャンダルム

父Kitten’s Joyはサドラーズウェルズ~欧州ノーザンダンサー系種牡馬
ダノンプレミアムが支配するレースで合いそうな種牡馬ではあり
産駒は2000m以上の成績が全然でしたがこの馬は重賞で2度好走
母ビリーヴはスプリントG1勝ち馬でサンデー×ダンチヒの母方はスピード特化配合
デイリー杯2歳Sで少頭数ながら内を通り間を割っての激走後に
延長臨戦の2000mのアップ戦で厳しいペースになったのにホープフルS2着
この内容がとにかく秀逸に感じるんですよね
その後の弥生賞が馬体を減らして4番人気3着と好走
蓄積の疲労が心配だった前走皐月賞はそれが出たのか大きく崩れました
ただそこでリセットされてればここはタイミング的には良い方にはなりそうな気も
しかし血統がさほど過去傾向に合ってないとは思うので・・
 

エポカドーロ

父オルフェーヴルはステイゴールドの血をひくサンデー系種牡馬
産駒成績はここまで芝よりダートのほうが実はよくてパワーも感じられる
自身も含めて既にG12勝を挙げてるので王道種牡馬と言ってもいい位
そのもう1勝を挙げてるのがラッキーライラック
実はラッキーライラックも母父がエポカドーロと同じフォーティナイナー系
そのラッキーライラックは桜花賞2着→オークス3着
この馬の母母父シエイデイハイツはネヴァーベンド系で欧州の血
しかし母父がスピード寄りで母も1200m重賞勝ち馬なんで延長はやはり気にはなりますね
逃げ→逃げの競馬からのスプリングSは2番手からの競馬も実質離れた2番手だったので逃げみたいなもの
そして前走皐月賞も4番手でしたがこれも前3頭と離れたものでこれも実質逃げ競馬
どうでしょう!?この時は明らかにジェネラーレウーノのほうがキツイ競馬だったはず
今回逃げという選択肢はまず考えにくく
これまでのような実質逃げみたいな特殊な展開にはならない可能性が高そう
それならばこれまでよりこの馬が結構キツく感じちゃうタイミングになるのかなって。。
 

グレイル

父はハーツクライでサンデー系種牡馬で王道種牡馬
ウインバリアシオン、ワンアンドオンリー、スワーヴリチャードと
当レースで3頭の馬券対象馬を出してるのがハーツクライ産駒
スワーヴリチャードとワンアンドオンリーが皐月賞からの臨戦でしたが
この2頭はその皐月賞で差し損ねた馬(4角より着順は押し上げてました)
ハーツクライ産駒自体の重賞成績は圧倒的に東京>中山の傾向があるので
このあたりはやはり内包してるトニービンの血が活きやすいのかもしれない
この馬は皐月賞6着で完全に差し損ねた馬なので可能性はあるのでは!?
母方のRock of Gibraltar×Rainbow Questという配合は
母父がダンチヒ系の分スピードの供給はあるもののやはり欧州色が強めか
走りっぷりからしても脚が遅い印象もありますしね
ただダノンプレミアムが支配するレースで合いそうな感じはあり
脚の遅い馬が短縮だった共同通信杯は忙しさを感じた筈だったんで
そこから延長だった皐月賞もタイミングとしては良かったと思いますが
今回もさらに延長になるので皐月賞よりは流石に位置取りは押し上げたいところでしょう
 

エタリオウ

父はステイゴールドでサンデー系種牡馬且つ王道種牡馬
ステイゴールド産駒はオルフェーヴルとフェノーメノが馬券になってますが共に前走1着
同馬は青葉賞2着なんで流石に落ちる印象
Cactus Ridge×Broad Brushの母方はパワー&スピードに長けた配合
母父Cactus Ridgeはストームキャット系で
同じ母父の系統を持ってたアポロソニックが青葉賞2着だったので同じ臨戦
血統配合(特に母方)は悪くないとは思うんですがね
 

ステルヴィオ

父ロードカナロアは新種牡馬でキングカメハメハ~キングマンボ系種牡馬
まだまだ王道種牡馬まではいかないまでも早速アーモンドアイが牝馬2冠を獲りました
但しここまでロードカナロア産駒で重賞で馬券になったのはアーモンドアイとこの馬のみ
母父ファルブラヴの父フェアリーキングがサドラーズウェルズの全弟で欧州型
これはダノンプレミアムが支配するレースで合う血
というか実際サウジアラビアRCと朝日杯FSで一緒に走って2着に好走してますね
その奥がサンデー×トウショウボーイならスピード特化なんで
ファルブラヴを含めると母方はバランス型なんでそこまで過去の傾向には沿わない感じ
ロードカナロア産駒はここまでマイルに特化した成績になっており
産駒の2000m成績も悪く兄弟や近親の成績を見ても1800mと2000mに大きな壁がありました
そんな皐月賞は4着でしたが最後にドドっと差してきた4~7着馬の内の1頭
1.2着馬を交わせんのはまだ仕方ないとして3着ジェネラーレウーノを交わせなかったは不満
ただ個人的には「意外とやるやんか」と思わされたのは事実
ここは皐月賞の主役扱いから脇役扱いになりますし
気楽な立場で差し追い込みに賭けるなら勝てないまでも2.3着の目は十分ありそう
 

ジェネラーレウーノ

父スクリーンヒーローはロベルト系で芝よりダートのほうが産駒成績は上
ですから王道種牡馬というよりはりパワー寄りの種牡馬
ロックオブジブラルタルにStorm Catの母方はスピード型の配合ではありますが
ロックオブジブラルタルはダンチヒなんでダンチヒ×ストームキャットならここではピタリか
母父自身は欧州型であるのでダノンプレミアムの支配するレースで合いそうでもあり
4走前と3走前が逃げの競馬から2走前京成杯は前に馬を見る競馬で勝利
これが少頭数→多頭数でしたし道中のペースも2走前より相当厳しくなった中でのもの
つまり楽から苦をかなり感じる所でのものでの勝利だっただけに皐月賞3着も頷ける
皐月賞上位3頭の中では前に逃げ馬がいて横にも馬がいてと最もしんどかったであろう馬
今回その2頭は不在でダノンプレミアムにどれだけ放ってもらえるか?になるでしょうが
鞍上もG1で人気薄の先行馬でこそ恐いですし逃げたらあり得んことはなさそう
まあ皐月賞でしんどかったのでそれを打ち消す為には逃げるしかないかと
 

ワグネリアン

ディープインパクト産駒なんでまさに王道種牡馬
ここまでダービーでは7頭の馬券対象馬を出してるディープインパクト産駒ですが
「皐月賞1~3着馬」「京都新聞杯1着馬」「青葉賞1着馬」前走の臨戦はこのいずれかのみ
同馬は皐月賞7着でそのレースは湿った馬場
特殊な展開で最後にドドっと差してきた4~7着馬の内の1頭
1.2着馬を交わせんのはまだ仕方ないとして3着ジェネラーレウーノを交わせなかったというのは
いくらそこまで4戦全て10頭以下の少頭数競馬でほぼ外を回す無難な競馬しか経験ない馬で
16頭の多頭数内枠でディープ産駒が奮わない中山2000m内枠という条件にしろ物足りないか
しかもこの馬の一族は湿った馬場の成績が良好という中でのものでしたから
母方はキングカメハメハ×Broad Brushでミスプロ×Broad Brushならスピードとパワー色あり
ディープインパクト×キングカメハメハでキタノコマンドールと同配合になる訳ですが
単純に2頭の比較ならキタノコマンドールのほうがまだここへ対しての期待度は上
当然上で挙げたようにディープ産駒であるので中山→東京替わりで上積みがあるかも疑問
 

サンリヴァル

父ルーラーシップはキングマンボ系種牡馬で王道種牡馬の仲間入りまであと一歩位か
そのルーラーシップの重賞好走例はアップ戦が圧倒的に多いだけに
G2→G1の臨戦だった皐月賞で2着の激走も別にそこまで驚きはなかった
母父アグネスタキオンは間隔を開けての臨戦がベストのイメージで母母父がサクラユタカオー
祖母ウメノファイバーがオークスを勝ってますが母方はスピード色強めの印象
昨年末のホープフルSがなかなか評価出来る一戦でして(これもアップ戦)
その前の芙蓉S少頭数超スローから多頭数で一気に道中のペースが厳しくなった中で番手から4角先頭で4着
楽→苦と思える条件の中でこの内容でしたからね
前走皐月賞は前3頭と後ろが離れるというG1にしてはかなり特殊な展開
この馬はその離れた2番手を追走し2着
この内容だけならしんどかった筈のジェネラーレウーノの方を評価したくはなるんですがね
 

最後に注目馬と一言

 
皐月賞1~3着馬
皐月賞4~7着馬
青葉賞1.2着馬
京都新聞杯1.2着馬
この4グループをどう考えるか!?というのが自分の中のポイントでして
これにダノンプレミアムとブラストワンピースが加わってくるイメージ

血統的にはディープインパクトよりはハーツクライやステイゴールドを評価したい
あと当然母方の血はかなり重視するつもりです
 
 
そしてこの血統評価記事から注目したい馬は→ゴーフォザサミット
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に…

  2. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル

  3. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルデ…

  4. 安田記念 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編

  5. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサー…

  6. 京都新聞杯 2018 予想 ステイフーリッシュの一発に賭けてみる…

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る