menu
閉じる
  1. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  7. 愛知杯 2018 予想
  8. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  2. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  3. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  4. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  5. 種牡馬メモについて
  6. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  7. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  8. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  9. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

チューリップ賞2018 出走予定馬と展望

 
今週土曜阪神競馬メインレースはチューリップ賞2018

チューリップ賞は芝1600mで行われる3歳牝馬限定の重賞でありまして
桜花賞と全く同じ舞台で行われるのが特徴的
ここで3着までに入ると桜花賞への優先出走権が与えられるトライアルレース
そして今年からG2へと昇格となりました

昨年は阪神ジュベナイルフィリーズ1.2着馬が揃って参戦し
ソウルスターリングが1着、リスグラシューが3着
この2頭はその後の桜花賞でも3着以内に好走してるのでこの臨戦は注目なんですが

今年も昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ1.2着馬が揃って出走予定
ラッキーライラックは3戦3勝無傷でG1制覇を果たしましたがここも勝って4連勝なるか?
リリーノーブルは当時の0.1秒差をひっくり返す事が出来るのか?
おそらくオッズも2強対決という形になるでしょうが
桜花賞へ向けてお互いにどんな競馬をするか大注目したいと思います
 
その他主な出走予定馬はマウレア、シグナライズ、サラキア、スカーレットカラー
 

出走予定馬と血統表

 

これがチューリップ賞2018出走予定馬12頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるチューリップ賞1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
17年2着 ミスパンテール(母父ロベルト系、母母父ニジンスキー系)
16年3着 ラベンダーヴァレイ(母父ヴァイスリージェント系、母母父ニジンスキー系)

過去2年人気以上に走って馬券になったこの2頭
パワー型の母父に欧州ノーザンダンサー系の母母父というバランスの取れた母方の配合

単体としてもロベルトヴァイスリージェントは馬券によく絡んでますし
欧州ノーザンダンサー系を母方に持つ馬も走ってますね

そして大きな括りで言うならば
父→サンデー系種牡馬
母方→ノーザンダンサーの血
ほぼこの血統で馬券は占められているという事は頭に入れておきたいです
 

現時点で注目してる馬

 
その馬の名前は→マウレア

父はこのレースで実績ありで母方は米国配合ではあるものの母父がノーザンダンサー系

新馬戦は多頭数内枠、3走前は少頭数外枠
共にスローでしたが異なる条件でいずれも馬込みを苦にしなかったですし
2走前は内枠から3着、3走前も2走前も格上げ=アップ戦で走れてる事からも
割とMの法則で言う所のC質=集中力を持ってる馬なのかなと

前走は逆にダウン戦で1番人気
ペースも2走前35.3-47.7-59.9を8番手の競馬に比べて
前走は34.6-46.0-57.8で3番手の競馬ときつかったであろう事からも反応しなかった

こういう捉え方をしてみました

従って今回ペースが緩くなれば前走より楽に感じれますし
今年からG2戦つまり形的にはアップ戦になり
強い馬も2頭居るという事はある程度集中して走れるかな??
 

(小ネタデータ)オルフェーヴル産駒は何故か1番人気の成績がいまいち

 
今回1番人気が予想されるのはオルフェーヴル産駒のラッキーライラック
ここまで無傷の3連勝で来てますが全て2番人気だったので1番人気の経験はありません

実はオルフェーヴル産駒の成績を見て行くと1番人気の成績がもう一つでして


これがオルフェーヴル産駒の人気別成績

どちらかと言えば2番人気のほうが率も良くて期待値も上なんですよね
普通は1番人気が最も良くてそこから下がっていくというのが当たり前なんですがやや異質
 
 

(ちなみにロードカナロア産駒の人気別成績がこれ、連対率&複勝率は人気通りの順ですよね)
 
 

そしてこれがオルフェーヴル産駒の芝レースにおける1.2番人気別成績

芝だけ切り抜いてもやっぱり2番人気のほうが勝率・連対率が良く期待値も上

ひょっとしたらオルフェーヴル産駒は受けて立つ立場だと弱い!?のかもしれませんよ
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 鳴尾記念 2018 予想 武豊マルターズアポジーの逃げに期待

  2. 【2歳種牡馬データ】ここまでの2歳種牡馬成績を種牡馬別に考察

  3. 中山牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望

  4. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望

  5. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望

  6. 天皇賞春 2018 血統評価 出走馬17頭全馬編

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る