menu
閉じる
  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  6. 有馬記念2015 予想
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. 高松宮記念2017 予想
  2. マーチステークス2017 予想
  3. 日経賞2017 予想
  4. 毎日杯2017 予想
  5. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  6. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  7. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  8. フラワーカップ2017 予想
  9. スプリングステークス2017 予想
  10. 阪神大賞典2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

チューリップ賞2016 出走予定馬と先行予想

 
今週土曜阪神メインはチューリップ賞2016
 
 
ジュエラー、レッドアヴァンセ、シンハライト、ウインファビラス他計20頭が出走予定
 
 
【チューリップ賞2016出走予定馬と血統表】
チューリップ賞2016出走予定馬
 
以下の馬が抽選対象になっております(9/11)
アリアカンタービレ、ヴィブロス、カイザーバル、クィーンズベスト、グランドサッチャー
クリノラホール、サクレディーヴァ、フォールインラブ、ブライスガウ、ラベンダーヴァレイ
リルティングインク
 
 
メジャーエンブレムへの挑戦権を賭けた戦いになるであろう今年のチューリップ賞
 
基本的には父サンデー系(特にディープインパクトとステイゴールド)が強いレースで
馬場が湿った時はキングカメハメハ産駒が馬券に絡んできてます
 
あとはパワー型血統や欧州血統も走っており傾向は掴みづらいですが・・・
本命馬と似通った血統の馬を上位にチョイスして馬券を組み立てるというのも手ではないかと
というのも昨年や3年前はパワー型血統を持つ馬が上位に
一昨年は母父欧州ノーザンダンサー系が上位独占してるのでね
 
 
ジュエラーは新種牡馬ヴィクトワールピサ産駒
産駒データ的からは
京都(複勝率45.5%)から阪神(複勝率25.0%)のコース替わりが気になる感じ
あと母方は重厚な欧州血統であります
 
レッドアヴァンセはディープインパクト産駒
ディープにとって相性抜群の桜花賞と同条件となるチューリップ賞での成績は【1.1.3.12】
ただこれを前走1着馬に限定すると【0.0.1.7】と意外にも奮わないんです
母父ダンシングブレーヴは欧州ノーザンダンサー系
 
シンハライトもディープインパクト産駒
一昨年3着のリラヴァティの半妹になるので血統的適性はありでしょう(母方は欧州配合)
ただディープインパクト産駒の当レース延長臨戦馬は【0.0.0.6】
個人的にはここを軽く凡走して本番巻き返しのパターンを期待してるんですが・・
 
 
アドマイヤリード
ウインファビラス
クロコスミア
ジュエラー
ブランボヌール
ラベンダーヴァレイ
レッドアヴァンセ
ヴィブロス
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの8頭
 
 
この中で最も注目してるのがブランボヌールで次点がステイゴールド産駒3頭 
 
今回陰に隠れてますがブランボヌールもディープインパクト産駒
母父サクラバクシンオーそして母ルシュクルも休み明けのファルコンSで3着実績ありと
仕上がりは早そうな母方は良さそうですし阪神JFからのローテも好感
 
ステイゴールド産駒 血統データ(阪神ジュべナイルフィリーズ2015編)
以前に書いたこの記事からもステイゴールド産駒はこの条件で積極的に買いたい種牡馬
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. クイーンカップ2016 予想

  2. 凱旋門賞2016 予想

  3. フェアリーステークス2016 予想

  4. 紫苑ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. マーメイドステークス2016 予想

  6. シンザン記念2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る