menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. 府中牝馬ステークス2016 予想
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典2017 予想
  3. フェブラリーステークス2017 予想
  4. 京都牝馬ステークス2017 予想
  5. ダイヤモンドステークス2017 予想
  6. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  8. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京都記念2017 予想
  10. 共同通信杯2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ターコイズステークス2016 出走予定馬と展望

 
今週土曜中山メインレースはターコイズステークス2016
 
 
ターコイズステークスは昨年から新設された重賞
以前はOPで行われていたターコイズステークスでしたのでまだ格付けは「重賞」のまま
 
そして昨年のターコイズステークスの結果でありますが
11番人気→16番人気→15番人気というとんでもない大波乱の決着でした
 
今年がどんな結果になるか分かりませんが
以前牝馬限定重賞として同時期に行われていた愛知杯も荒れる傾向でしたし
荒れるほうに賭けてみるという手もありかもしれません
 
ちなみにこのレースはハンデ戦になりますが
今年のトップハンデ馬はレッツゴードンキで56.5㎏を背負います
 

ターコイズステークス2016の出走予定馬と血統表

 

 
ターコイズステークス2016出走予定馬は21頭
 
ゴールデンナンバー、フレイムコード、オツウ、ヤサカオディール、オーヴィレール
マラムデール、ブライトチェリー、レッドオリヴィア、ウエスタンメルシー
この9頭が除外対象になっております
 

ターコイズステークスの血統傾向

 
昨年はロベルトノーザンテーストの血を持つ馬が複数馬券に
特にロベルトの血に関しては路盤改修後の中山1600m重賞で非常に強い血の一つでもあり注目
 
その改修後の中山1600m重賞は短縮臨戦の数字が優秀
中でも前走2000mからの臨戦が率が高し(昨年勝ち馬シングウィズジョイもこの臨戦でした)
 
あとは近2走内で条件戦を勝利してた馬が昨年は4頭居て2着と4着に
ある程度勢いのある鮮度のある馬にも注意してみたいと思います
 

ターコイズステークス2016有力馬の考察

 
マジックタイムの父ハーツクライはサンデー系種牡馬で昨年3着のオツウも同じ父
マジックタイム自身も同条件となるダービー卿CTの勝ち馬でもありますね
今回はマイルCSからのダウン臨戦ですが
前走G1からダウン戦となる成績はこれまで2.2.3着と全て反応
母父ブライアンズタイムはロベルト系でもありますしここは普通に買うべきか!?
 
アットザシーサイドは父キングカメハメハがキングマンボ系種牡馬
実はキングマンボ系種牡馬も改修後の中山1600m重賞でなかなかの好数字
前走1400mオーロカップは短縮臨戦に反応し位置取りショックもあって好走
よって今回延長臨戦になるのがポイントになりそうな感じ
 
レッツゴードンキも父はキングカメハメハなんでキングマンボ系種牡馬
前走初ダートに見事に反応しての2着でこれは母方のダートにも対応可能な配合からでしょう
4代~5代母方にはロベルトとノーザンテーストが入ってはいるんですが
やはりポイントは久々のマイル戦とトップハンデになりそう
 

ターコイズステークス2016出走予定馬で気になる馬

 
アットザシーサイド
アルマディヴァン
エテルナミノル
カフェブリリアント
クロコスミア
サンソヴール
ダイワドレッサー
マイネグレヴィル
マジックタイム
 
この9頭の中で最も注目してるのがダイワドレッサーで次点がマジックタイム
 
ダイワドレッサーの父はネオユニヴァース
自身もフェアリーSで2着してますが同じ父を持つフラアンジェリコも京成杯AHを勝っておりますね
今回は2000m戦である福島記念からの短縮臨戦はいいですし
フェアリーSとラジオNIKKEI杯の好走はいずれも短縮臨戦だったので臨戦的には買い要素あり
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 大阪城ステークス2016 予想

  2. 中山記念2016 血統分析~ポイントは路盤改修

  3. 武蔵野ステークス2016 出走予定馬と展望

  4. 福島牝馬ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. ラジオNIKKEI賞2016 予想

  6. 福島記念2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る