menu
閉じる
  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. ホープフルステークス2016 予想
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  7. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. 秋華賞2016 予想
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. お知らせです
  2. エルムステークス 2018 予想 本命はリッカルド
  3. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン
  4. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ
  5. 小倉記念 2018 予想 本命はサトノクロニクル
  6. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル
  7. アイビスサマーダッシュ 2018 予想 本命はラインスピリット
  8. アイビスサマーダッシュ2018 出走予定馬と展望
  9. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018
  10. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ターコイズステークス2016 予想

 
12月17日(土)中山競馬場芝1600mで行われるターコイズステークス2016の予想です
 
 
ターコイズステークスは昨年から新設された重賞
以前はOPで行われていたターコイズステークスでしたのでまだ格付けは「重賞」のまま
 
そして昨年のターコイズステークスの結果でありますが
11番人気→16番人気→15番人気というとんでもない大波乱の決着でした
 
今年がどんな結果になるか分かりませんが
以前牝馬限定重賞として同時期に行われていた愛知杯も荒れる傾向でしたし
荒れるほうに賭けてみるという手もありかもしれません
 
前売りオッズですが1番人気はマジックタイムになりそうな感じ
ターコイズステークスと同距離重賞である今年のダービー卿チャレンジトロフィーの勝ち馬
その時下した相手がロゴタイプにサトノアラジンですから価値あり
前走マイルチャンピオンシップでは跳ね返されましたが
鞍上に再びルメールを迎えてここは勝ちに来たといってもよさそう
 
3歳馬アットザシーサイドにクロコスミアもなかなか売れてるようです
 
そんなターコイズステークス2016の発走時刻は15:25になっております
 

ターコイズステークス2016の見解

 
昨年はロベルトノーザンテーストの血を持つ馬が複数馬券に
特にロベルトの血に関しては路盤改修後の中山1600m重賞で非常に強い血の一つでもあり注目
 
そしてノーザンテーストはスピード持続力に長けた血
同じスピード持続力に長けた血と言えばボールドルーラーになると思うんですが
実はターコイズステークスと同条件となる中山1600m重賞でこの血が非常に好調
京成杯AH1着のロードクエストにNZT3着エクラミレネールの父がマツリダゴッホ
このマツリダゴッホはボールドルーラー内包種牡馬
京成杯AH3着ダノンプラチナとダービー卿CT2着ロゴタイプの母母父もボールドルーラー系
よってボールドルーラーの血にも注目してみたいですね
 
データ的には路盤改修後の中山1600m重賞は短縮臨戦の数字が優秀
中でも前走2000mからの臨戦が率が高し(昨年勝ち馬シングウィズジョイもこの臨戦でした)
 
あとは近2走内で条件戦を勝利してた馬が昨年は4頭居て2着と4着に
ある程度勢いのある鮮度のある馬にも注意してみたいと思います
 

ターコイズステークス2016の予想

 
◎はビービーバーレルにしました
父パイロがエーピーインディ系種牡馬ですのでボールドルーラーの血をひいてます
ビービーバーレル自身今年の中山1600m重賞であるフェアリーステークスの勝ち馬
京成杯AHとNZTでブライアンズタイム産駒が馬券に絡み
そのNZTではフォーティナイナー系種牡馬であるアドマイヤムーンが穴を開けているので
ややパワーの血を持つ種牡馬というのも中山1600m重賞では悪くない傾向
パイロはダートでも走る種牡馬ですからそれも後押しになります
さらに母父Silver Hawkがロベルト系です
近走ダートを走ってますが向かない条件だった桜花賞とクイーンSでも大負けしておらず
久々の中山1600m芝替わりで激走を期待したいと思います
 
○はクロコスミア
父ステイゴールドはサンデー系種牡馬でノーザンテースト抱えてます
そして母父ボストンハーバーがボールドルーラー系
前走秋華賞はローズS激走後だったのでどうか?と思いましたが
先行馬が総崩れの中で逃げて0.6差の6着と踏ん張った内容は高く評価したいです
今回はその秋華賞2000mからの短縮臨戦
 
▲はマジックタイム
父ハーツクライは昨年3着だったオツウと同じ父で母父ブライアンズタイムがロベルト系
今回はマイルCSからのダウン臨戦ですが
前走G1からダウン戦となる成績はこれまで2.2.3着と全て反応
 
△ダイワドレッサーの父はネオユニヴァース
自身もフェアリーSで2着してますが同じ父を持つフラアンジェリコも京成杯AHを勝っておりますね
今回は2000m戦である福島記念からの短縮臨戦はいいですし
フェアリーSとラジオNIKKEI杯の好走はいずれも短縮臨戦だったので臨戦的には買い要素あり
 
△エテルナミノルの父エンパイアメーカーはミスプロ系でパワー型種牡馬
母母父リアルシャダイがロベルト系で前走条件戦勝ち
 

ターコイズステークス2016の予想印と買い目

 
ビービーバーレル
○クロコスミア
▲マジックタイム
△ダイワドレッサー
△エテルナミノル
×カフェブリリアント
×アルマディヴァン
×レッツゴードンキ
×マイネグレヴィル
 
買い目は
◎の単複
◎ー○▲△△の馬連
◎ー○▲ー▲△△の3連複
◎○ー××××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アメリカジョッキークラブカップ2016 予想

  2. 金鯱賞2016 出走予定馬と展望

  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統

  4. カペラステークス2016 予想

  5. 菊花賞2016 血統評価その3~ミッキーロケット・レッドエルディ…

  6. フェブラリーステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る