menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  10. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 京阪杯2017 出走予定馬と展望
  3. 京都2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  6. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  10. エリザベス女王杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ターコイズステークス2015 出走予定馬と先行予想

 
今週土曜中山メインはターコイズステークス2015
 
 
カフェブリリアント、コンテッサトゥーレ、キャットコイン、ノボリディアーナ他25頭が出走予定
 
 
【ターコイズステークス2015出走予定馬と血統表】
ターコイズステークス2015出走予定馬
 
オツウ、レッドセシリアの2頭が残り1頭の出走枠を巡って抽選対象に
 
ダンスアミーガ、フィロパトール、アミカブルナンバー、オーミアリス
クールホタルビ、リーサルウェポン、コンテッサトゥーレ、ペイシャフェリスが除外対象になっております
 
 
今年から新設重賞=格上げになったターコイズステークス
もちろんサンプルにすべき過去のデータというのもありませんので
とりあえず昨年夏の路盤改造後における中山1600mOP・重賞レースの傾向から推理してみることに
 
キングカメハメハ 【2.1.1.4】
ディープインパクト 【1.4.2.4】
 
このG1血統でもある2産駒が非常に好調!
逆に不振なのがダイワメジャー産駒で【0.1.0.10】
 
路盤改造後は差し・追い込みが改造前より決まるようになってきており
レースで上位の上がりを使った馬がそのまま上位に来るケースが増えてるんですが
 
ダイワメジャーは総体的に斬れというよりはパワーや先行力を活かす競馬が得意
路盤改造前はもっと成績が良かっただけに路盤改造後はちょっと狙い難くなったイメージ
 
 
人気に推されそうなカフェブリリアントはブライアンズタイム産駒
以前の馬場であれば中山替わりで狙ってみたくなったんでしょうが
キンカメ・ディープ優勢な条件でどこまでやれるか?
ただこの馬はブライアンズタイムの割には速い上がりが使える馬でもあるのでそこが悩ましいところ
 
 
アルマディヴァン
ケイアイエレガント
コンテッサトゥーレ
ディープジュエリー
リーサルウェポン
レッドセシリア
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの6頭
 
 
この中で最も注目してるのがディープジュエリーで次点がレッドセシリア 
 
ディープジュエリーはディープインパクト産駒
ローズS・秋華賞では歯が立たなかったですがそれまでは3連勝
ここは相手弱化に52kgなら何となく反応しそうな気がするんですが・・・
 
 
宜しければ応援クリックお願いします!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ローズステークス2015 予想

  2. 札幌記念2015 父サンデー系は前走G1組狙いがベターの血統デー…

  3. ホープフルステークス2015 出走予定馬と先行予想

  4. 清水ステークス2015 予想

  5. 菊花賞2015 出走予定馬と先行予想

  6. スプリンターズステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る